2006年09月03日

鶏むね肉で冷しゃぶ

午前中にパソコンの前に座ると、なぜか急に掃除を始めました。

ここ何ヶ月か机のはまったく表面が見えない状態で、色んなモンが山積みになってました。

おまけにパソコン部屋の床もほとんどフローリングは見えず、とうぜん椅子を動かせるのも前後左右に数センチというありさま。

普段はあんまり几帳面ではなく、多少はグチャグチャでも気にならんのですが、さすがにこの状況には切れかかってました。

ずっと苛つきながらなぜか掃除する気にならんかったのに、今朝はいきなり片づけスタート。

捨てるモンは捨て、直すモンは直すって簡単なことやけどかなり時間が掛かってしまいました。


おかげで、ちょいと疲れてしまいました。

ほんまは嫁さんの誕生日で出かけた旅ネタをアップしようと思ってましたが、そっちはもうちょっとお待ち下さい。




先週の家ごはんネタを軽く上げておきます。



火曜日に外食で酒を入れたので、水曜日を休肝日に変更したときの晩メシです。



簡単な鶏飯と鶏しゃぶなどで晩ご飯・鶏むね肉の冷しゃぶ
・シシトウとジャコの炒め煮
・モロヘイヤ、オクラ、なめ茸で三色ヌルヌル
・メカブ
・ほうれん草
・冷や奴
・簡単な鶏飯



デブデブ継続中ですので、メインはカロリーを抑える冷しゃぶで。

ムネ肉の皮や脂身にはサヨナラをして、薄くそぎ切りに。

片栗を打ってから、葱、生姜、ニンニク、酒の入った熱湯でサッと茹でてやりました。

パサ付きがちなムネ肉やけど、薄め、斜め、片栗のおかげで柔らかく食べられました。

つけダレは、練り梅ベースの和風と、スイートチリベースのエスニック風の2種類。

片栗を打つと出来上がりがヌルヌルして箸で掴みにくいんですが、私はツルッとした食感が気に入ってます。

それにそのままで茹でるよりパサ付きが少ないような気もしますし。

胸肉で油を使わんこの料理やとメインでボリュームも出るけど、それなりに”へるしぃ〜”なんちゃいますかねぇ。


鶏飯は月曜日の鍋のスープに使った手羽元のダシが残ってました。

だしがら状態の手羽元も細かくほぐして混ぜ込んでやりました。





晩メシとしては文句なかったですが、かなり火を使ってバテそうでした。

オクラ、モロヘイヤ、ほうれん草は、それぞれ茹でました。

シシトウではフライパンを使って炒め物。シャブシャブも湯を使ってしかも付きっきり。
鶏飯も並行していつものように鍋で炊きましたし。



嫁さんには


「昨日、外食したから、頑張ってんでぇ〜」



と、小学生のガキンチョのようにアピールしておきました。(^ ^;)




嫁さんは昨日、昼過ぎに大阪に戻ったら即仕事へ。

現場へ出る予定やったんで私も運転手を務めて付き合いました。

今日も午前中から明日の重要な案件の準備に職場に出ております。

一昨日、昨日と誕生日でええ目した分、月初からトップギアに入ってる感じですわ。
posted by えて吉 at 13:51| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。