2004年04月22日

カクテル「フランシス・アルバート」

朝の6時台から酒のネタを書いてます。飲んだのは昨晩ですよ、もちろん。

バー・ラジオのカクテルブック」についてのネタを上げた時にこのカクテルに凝ってた時期があるって書いてたら、急に飲みたくなって久々にこのカクテルを作ってみました。
これは、”バー・ラジオ”のオリジナルカクテルで上の本に出ているものです。


フランシス・アルバート
<フランシス・アルバートのレシピ>

 ワイルド・ターキー    1/2

 タンカレー・ドライジン  1/2

これをステアして、カクテルグラスに入れます。

バーボンとジンを1:1で混ぜただけのレシピで、作って飲んでみるまであんまり美味そうには思えなかったのに、飲んでみるとビシッとしてガツンと来る味ではまりました。

まだ元気に男ッ前な飲み方が出来た頃のえて吉にはかなり好みでした。今じゃ、ガクっと酒が弱くなって、ちょっとでも長い時間酒を楽しもうと思うと、こんなきッついのは滅多に飲めません。(T_T)

ショートのカクテルって、基本的にはアルコール度数高いヤツが多いですが、その中でもこいつはかなり高い方やと思います。そら、50度のターキーと47度のタンカレーを混ぜただけやから効きますよ。

しかも、出来るだけビシッとしたカクテルにしようと思って作ったら、ぬるくなる前にちゃっちゃと飲まなあかんと思ってしまいます。だからそれをクイクイっと入れてしまうわけです。

カクテルグラス一杯が90mlとするとショットでだいたい3杯位ですか?えて吉がそんなモンほとんど一気に入れたら壊れます。昨日なんか久々に飲むために、晩メシの時の酒をだいぶ控えてビールだけにして、その後にこいつを1杯だけ飲みましたもん。


<04.4.26 変更>
nanameさんのアドバイスで写真を差し替え。

posted by えて吉 at 07:18| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(1) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月19日

カクテル「ジン&トニック」



ジン&トニック
えて吉の大好きな”ジン&トニック”です。

あんまりロング系のカクテルは飲まないんですが、ジントニだけ別扱いって感じです。






<おいしいジントニの作り方>
・ジンを冷凍庫で凍らせる

・シュウェップスのトニック・ウォーターを冷やしておく

・市販の氷を用意

・生ライムを用意

・グラスに生ライムを搾る。

・適量のジンを注ぐ。このとき、心持ち多めがおすすめ。

・氷を入れて、静かにトニック・ウォーターで満たす

ごく軽く2回転ほど混ぜる

ポイント

ジンをキンキンに冷やしておくことがまず重要です。
そして、トニック・ウォーターを入れてから、かき混ぜすぎないこと。
ほんとに軽く、そっと混ぜてやるだけで十分です。


コメント
えて吉は、正直言って飲み物全般の細かい味は分かりません。
ジンの銘柄毎の違いも正直言って、分かりません。

でもジン&トニックは色んなバーで飲むと、美味いと思えないことがあるのに気付きました。

それから注意してバーの作り方を較べると、結局上の作り方が一番えて吉にとって美味いということに落ち着きました。

えて吉にはジンの銘柄はあんまり重要ではないようです。ちなみに予算に余裕がタンカレー、なければそれより安いヤツを買います。

タンカレーを選ぶ理由は、ボトルの色が好きだからという情けない理由。
とはいえ、酒なんて嗜好品、色も十分に理由になるかと、言い訳しときましょう。

ジンはまあ、どうでもええんですが、トニック・ウォーターは、絶対シュウェップスに決めてます。理由は、他の何種類かで試したら、驚くほどマズかったからです。
正しく言うと、驚くほどえて吉の好みと違ってたからです。

ライムは、えて吉の家では、1つ買ったらくし形に8等分して、その1切れずつをラップにくるんで、冷凍してます。そして、使う時は電子レンジで3〜4回転分チンしてやります。こうするといつでも本格的なライムの味が楽しめます。

<04.4.22追加>
飲み食い関係でブログ巡りをしてて、すごいジントニの記事を見つけました

本当に美味しいジントニック」 :元サイトは「呑んでますか?(HP)」というサイトです。

milc1011さんが、2種類のジントニを紹介されてますが、その1番目の方に鳥肌もんでした。

*初めてトラックバックを試します。どうなるか。
posted by えて吉 at 12:16| 大阪 ☁| Comment(11) | TrackBack(1) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。