2006年05月21日

エスニックで”ランチ”っぽく

1本前の記事で最後に作った鶏飯は2合でやりました。

嫁さんがある程度食べたんですが少し余ったので次の日の私の昼メシになりました。

鶏飯だけじゃちょっと足らんかなぁって量やったんで、余ってた鶏の茹で汁も使ってスープ系でもう一品。

余りの野菜なんかも並べるとお店のエスニックなランチみたいになりました。
 ↑
 自画自賛スンマセン。
 


エスニックなランチ風にでもちょっとええでしょ?

外でいわゆる”ランチ”なモンってほとんど食べないんで盛りつけの自信はサッパリですが・・・。


朝に出かけて安い手羽元をぎょうさん買うたんで、そいつを何本か茹で汁の中で煮込みました。

なんぞ料理にしようと思ってですが。そこから1本を拝借してご飯の方のオカズに。

スープもちょっぴり取り分けて、塩とニョクマムなんかで軽めに味付け。

飯の少なさをカバーするために春雨を加えたら、フォーガーっぽい一品に。

ゴーヤーのエスニック風の漬け物も添えてたら気分のええ昼メシになりました。




昨日は土曜やというのに出勤した嫁さん。ある仕事で他の人が担当してる部分が完成せず。

後工程の嫁さんはひたすら出来上がりを待機してたようです。

上手く行けば晩メシが一緒に食べられるかもと聞いてたんで、胃が気持ち悪くなるギリギリまで待ちましたが、結局まったく帰れず。

晩メシの後に電話しても先に寝といてくれと。結局帰ったのは朝の7時過ぎやったかと。

他人を待たした状態で仕事を進めた別の人もツライやろうけど、待機だけってのもねぇ・・・。

おかげで(雨やったけど)昨日のドライブどころか、嫁さんは今も布団の中。

久しぶりの晴天やのに、さすがに遊んでくれとは言えず。複雑な心境でございます。



posted by えて吉 at 11:50| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

めちゃめちゃ贅沢な家メシ

16日の火曜日に家で料理したモンを上げさせて貰いましょう。

この日も献立はさっぱり浮かばず。苦し紛れ&ヤケクソでまたしてもバ〜ラばらな晩メシになりました。

おまけに少なくとも1品は熱いモンを入れようと思うのにこの日はそれもビミョ〜。

その代わり冷める心配がなく写真は個別に撮りました。




マクラはなしでサクッと写真を貼らせてもらいます。



添えた香菜がポイントの蒸し鶏宴会でもないのにキレたせいで、シャンツァイ(香草)を添えてます。

198円で小束のヤツですが、私には正気ではよう買わん贅沢品。
香菜に負けんように鶏もちょいとええヤツ。


白ネギの青いトコ、ニンニク、生姜、酒を入れた鍋に放り込んで3時間ほど放置。
蒸し鶏は時間はかかるけど料理の手間は要りませんね。

メインで手間がかからんかったんで添える野菜はたっぷりと。

シャンサイがおるだけで満足度はあっぷなんですが、他にもちまちまと添えました。

太めのモヤシは酒蒸しでナムル風に。スライスのキュウリ、串切りのトマト。

野菜室に転がってた白ネギで白髪ネギも。おかげでちょっと豪華な蒸し鶏になりました。
ちなみに食べる時は色んな味のソースを使いました。

まずは10代の頃ベトナム料理屋で食べて以来の定番、レモン果汁、コショウ+塩のタレ。

ごましゃぶのタレ。スイートチリとニョクマム(魚醤)を合わせた甘酸っぱいタレ。

余ってたニラダレでも1切れ食べましたね。


ホタルイカはコチュジャンで1折が100円やったんで思わずホタルイカもお買いあげ。

こいつはコチュジャンベースのタレで韓国風に。

コチュジャンを酢、酒、醤油などで延ばしてやりました。


節制してる時は、動物性たんぱく質は基本的にメインの1品に留めてます。

この日はそんな縛りもなしで思いつくままに買いモンしてます。

ニラダレで冷や奴冷や奴はニラダレで。

この豆腐もかなりジョートーなヤツです。
個人商店で買うて来た絹こしです。


ちゃんとした店が作ってると絹コシでも豆の味がしっかりしますねぇ。

スーパーで普段かうキヌはもっと水っぽいんですが豆腐自体がニラダレに負けずしっかり主張しとりました。

太い国産のアスパラはシンプルに塩でこれまた普段輸入野菜ばっかりの私が国産品を。

えらく太くて美味そうなアスパラガスやったんで。
根本の方は厚めに皮を剥いて、サッと茹でたら塩だけで。


こんだけ太さのあるヤツはやっぱり味が濃いですわ。


シャンツァイ入りゴーヤのエスニック風浅漬けシャンツァイ入りでエスニック風にしたゴーヤーの浅漬け。

ダイス状に切ったゴーヤに塩をしてから魚醤とスイートチリのタレへ。

こいつには香草の葉っぱと茎を細かく刻んで入れましたが、それだけでグッと気分の盛り上がる風味になりますねぇ。



これだけ純和風になった生湯葉の一品これだけ純和風に生湯葉とシメジ、オクラの一品。

全く合うてないと言われるのは承知で・・・(^^;



しばらく前の宴会で使った汲み上げ湯葉が旨くて、なんでかこの日急に食べたくなりました。

この湯葉だけで450円やったかと。ちなみに豆腐は普段100円以下しか買わんのに210円。


金額では660円ですが、気分的にはバーで3000円飲むより贅沢したイメージです。
夕方に買いに行くと「固め」しかないと言われたんですが、それでも湯葉の内側はトロッとした部分が残っててコクがありました。

贅沢な食材やから盛りつけにはすごく悩みました。ざっくり切って無造作に盛ろうかとも思ったんですが、どうも自信なし。

そこでこんな風にクルクルと巻いてから切ってみました。
素人としてはこの方が落ち着きが良かったです。


私が食べたのはこれで全てですが、全体があっさりしてたせいか腹のふくらみが足らん気がしました。

そこで晩メシを終えてから嫁さんにはもう一品〆の料理を用意。


自分の飯の後嫁さんに作った鶏飯蒸し鶏の茹で汁で作った鶏飯です。

今回の蒸し鶏はいつもよりダシがよく出てるように思ったんで初めて茹で汁だけ作りました。


今までにやった時は鶏ガラの濃いスープで作ってました。

今回は予定してなかったのでご飯はフツーの日本のヤツです。

サッと研いでしばらくザルに上げておいたヤツを炒めたりはナシで、スープに入れて炊きました。

唯一いつもより美味くなったかもしれんトコは、炊飯器ではなく鍋で炊いた点です。

少しお焦げが出来るように仕上げたんが気に入りました。

嫁さんの帰りまで時間の余裕はあったんでタレは、スープ、醤油、紹興酒、ウーシャンフェン(五香粉)、花椒、鷹の爪の輪切りなどを煮詰めて作りました。

他にもスイートチリ系も用意してなかなかええ締めになったと思います。



なんやかんやで大満足な晩メシにはなりました。

それにして平日、嫁さんと2人きりの飯としては贅沢三昧って感じです。










posted by えて吉 at 13:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

今はよう食べませんが・・・

昨日はそんなに飲みすぎてないはずやのに、朝から胃に来たようで半日えらい苦しんでました。

調子の悪い胃を抱えたまま、ばあちゃんを伊丹の親戚の家まで送ってきました。

帰ってからも気持ち悪くてしばらく布団でゴロゴロしてました。

一昨日に続いて昨日も嫁さんのメシがイランかったんで、外食してしまいました。

普段あんまり胃の調子は悪くならんのに、贅沢したバチですかねぇ。



飲み食いネタは順番が前後しますが、小ネタを上げておきます。





ジャコ入りキムチ炒飯ジャコ入りキムチ炒飯です。

キムチ自体の辛さは全然なんで、たっぷり一味を。


月曜日は体調も悪くなかったのでこのキムチチャーハンを美味しく頂けました。

しかし、今の私には写真だけでも刺激が強いですわ。(^^;

辛さの効いた味を想像するだけで胃のあたりがモゾモゾしそうです。



この時間(4時頃)になってやっと体調が戻ってきたようです。

今日はちゃんと料理しようと思ってるのに、外は本降りの雨。どうにかして欲しいものです。


posted by えて吉 at 16:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

冷蔵庫にあるモンで

火曜日の昼ご飯です。料理するのがめんどくさいし、腹減ってすぐ食べたかったんでご飯をチンして済ますことに。

ほんのちょっぴり茹でたほうれん草が残ってたんでそいつを食べてしまうことに。
それだけやとオカズにもならんので、ご飯に乗っけてみました。

茹でたほうれん草を載せただけじゃあまりにも痛いんで、冷蔵庫にあったモンをさらに追加。




こんな丼チックなもんになりました。




冷蔵庫にあるモンを乗っけただけの丼いつまでも減らないイカナゴの釘煮となめ茸、紅ショウガを添えました。

海苔を散らして、小綺麗な鉢に盛るとなんとなく丼モンに見えません?


冷凍してたパックから直に飯を掻き込みそうになってたのが、少しだけマシになりました。




今日は昼過ぎから天王寺に出かけました。

いくつか寄るとこはあったんですがメインはレンタルの「ツタヤ」。

午前中になんとなく手に取った大槻ケンヂのエッセーを読んでると久々に筋肉少女帯が聞きたくなったんです。

筋肉少女帯は昔カセットにダビングして持ってたんですが、全部捨ててしもうたんで。

ツタヤに行ってみて気付いたんですが半額セール中でした。

あいにく私がテープで持ってたヤツはなかったんですが、とりあえず何枚かゲット。

ここ何ヶ月かCDを借りてなかったんで半額ついでに自分の聞いたことのないヤツも何枚か。

15枚で2400円やと値打ちありますねぇ。



朝イチの記事で、週末はどっかドライブ行くつもりと書いたんですが、記事が出来上がった直後に嫁さんから電話が入りました。

土曜日に急遽仕事が入ったとのこと。土曜日のドライブはボツになりました。(T_T)

嫁さんの気分転換にもちょっと自然の緑を見せようと思ってたのに・・・。







posted by えて吉 at 17:31| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週は飲みを解禁

今週は週始めから「休肝日ナシ」を宣言しておりました。

な〜んか気分的にパッとせんので、酒を抜くことにエネルギーを使うのが億劫になりました。

料理の方も、ご飯を食べようとおもうと私には献立を組み立てるのが大変なんで、そこも楽に行こうと。

月曜日は”家で食べる”のだけを目標になんでもええから思いついたモノを並べることに。

あんまり頑張らんと適当なモンで一杯飲るって感じにしときました。


久々の牛肉のたたきをメインに晩ご飯・牛肉のタタキ
・ゴマ豆腐
・小松菜の白和え(惣菜)
・ほうれん草と焼き海苔の和え物
・厚揚げの網焼き ニラダレ掛け
・モズク
・空豆のグリル焼き
・ピーマンのナムル



タタキ、胡麻豆腐、モズク、白和えと盛るだけの食べ物で品数稼ぎ。

全体はほぼ和風なのに、なぜかフト思いついてニラダレで厚揚げを。

細かく刻んだニラに、醤油、ニンニク、ゴマ、豆板醤、オイスターソースなどを加えて瓶の中でしっかりシェーク。

2時間ほど置いて味が馴染んだヤツをカリッと焼いた厚揚げにたっぷりと。

他の料理とのバランスはやや難ありかもしれませんが、この日はその手の調和だのはとりあえず気にせんことに。(^^;

厚揚げは生姜醤油が多いんですが、たまにはこんな刺激物系もエエもんですわ。

ソラマメはサヤのままグリルで焼きました。これは去年初めて知った食べ方ですが気に入ってます。

ホンマは網で焼きたかったんですが、厚揚げを焼いてたので魚焼きグリルで。

熱々にちょいと塩つけて食べると豆の味が堪能出来ます。

とはいえ去年感動したイメージが先行したのか、それともたまたま今回のモノが良くなかったのか、予想より味が落ちました。

ピーマンはいつもは薄く切ったら熱湯でサッと茹でるんですが、今回はナムル風に蒸し煮にしてみました。

火を止めて少し置いたらピーマンの緑色が飛んでしまいました。

パリパリした歯応えが残る方が好みなんで、次からはいつもの熱湯茹でに戻そうと思います。


牛肉は元々そんなに欲しいと思わんし、節制を初めてからは余計食べないようにしてます。

この日はたまにはええかとタタキを買うてみました。

久々に食べると(当たり前ですが)肉の味がして美味かったです。

70g入りで398円やったんですが、嫁さんに半分残したんでコレステロールなんかはほとんど気にせんでええですよね。





次の日も家で好き勝手に飲み食い。そして昨日は嫁さんが晩メシいらんので薦められて外食。

先週末からイマイチな気分もこの2〜3日でやや持ち直してきました。

今週末は嫁さんが土日休みなんで、一緒に日帰りのドライブに行こうかと思ってます。

土曜日にドライブやったら、日曜休めば嫁さんへの負担も少ないですしね。


嫁さんも今週はなんとか仕事に行けてますし、なんとか週末まで乗り切ってくれたら気分転換に出かけるのもええでしょう。

ただ、土曜日の天気予報は「曇り時々雨」。予報が外れてくれたらええんですけどねぇ。




posted by えて吉 at 11:52| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

次から次へと

今朝は朝イチで気力を振り絞って水泳に行ってきました。

またしてもサボり癖が付いてしまい長らくご無沙汰でしたが、肩こりやら腰のダルさがたまらず泳いできました。

メチャメチャ久々やとやっぱりキツイですわ。

私は平泳ぎ専門なんですが、水を掻く時に指を揃えるのが少し泳いだだけでしんどくなりました。

握力がないっていうか、ゆび力?が落ちてるって感じでした。




さて月曜日の朝メシネタと行きます。


冷凍うどんが切れてたんですが、普段夕方にしか行かない買いモンに朝イチで行ったのでさっそく買い込みました。

午前中に買いモンに行ったのは、うどんのためではなかったんです。

実は、トイレットペーパーが底をつきまして、かなりヤバイ状況になり慌てて出かけたんです。(^^;





2〜3日食べてなかったうどんは冷やで行きました。




朝から買いに行って作ったざるうどん「ざる」は使ってないけど、ざるうどん。

ショウガをすりおろしてる間にうどんをちょいと茹ですぎました。


私はそばにはワサビですが、ざるうどんにはショウガ派ですねぇ。

ショウガにゴマと青ネギ、うどんの上に海苔ってのがほぼいつものパターンです。



ちなみに昨日も朝メシはうどんを食おうと思いました。

この日の気分はカレーうどん。

普通のダシをかけるうどんの時は、私はダシに冷凍麺を放り込みます。

カレーうどんは流石にそうも行かんと大きめの鍋にお湯を沸かしてました。



いつものようにカレーうどんのレトルトを改良しようと思ったら、こいつが品切れ。

自分の中で完全にカレーうどんスイッチが入ってたんで、あっちゃーって感じでした。

うどんに始まり、トイレットペーパー、続いてカレーうどん。

昨日も調味料やらアルコール類がいくつも品切れ、又は最後の一滴まで使い切るってありさまでした。


その他にも色んなモノのストックが切れてる我が家。

今日は水泳の帰りになんじゃかんじゃと買い出ししてきました。

なんでモノが切れたり、故障したりって続くんでしょうね。



なんかまだ必要な調味料やら家の消耗品が切れてるんちゃうかと不安ですわ。

posted by えて吉 at 13:09| 大阪 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

踏んだり蹴ったりの晩メシ

日曜日は朝イチで卵かけご飯を食べて気分も上々でした。

ところが良かったのは昼ご飯の焼きカレーまで。

そこから先はなんだかなぁな展開になってしまいました。

家でゆっくり食事をしたかったのに、嫁さんはまた朝から微熱が出たと一日布団の中。

夕方になって「晩ご飯なに食べる?」と私に気を使って声だけは掛けてきました。

ところが熱を計らせると以前と微熱アリ。調子のって飲み食いしたらまた月曜から寝込みかねないので、安静にしとくように言いつけました。

そうなって困ったのが私の晩メシ。台所がちょいと片付いてなくて料理を始めるにはひと仕事洗いモンをせんとアカンありさま。

冷蔵庫に食材はナシやから買い出しも必要。

嫁さんが寝込んでりゃ食べるのも一人なら、後かたづけも自分一人。

とてもじゃないけど、料理しようという気にはなりませんでした。



バチ当たりやけど、気乗りせんまま外食で済ませることに。


ところがこんな時に限って食いたいモンが浮かばんのです。

腹は減りまくりやのに、どこに行くか決まらんってのはツライです。

朝昼ええかげんな反動で、晩メシは特に一食入魂な私。なんぼなんでも晩メシにインスタントラーメンはイヤやし。



頭を掻きむしってプッツン来そうになりながら、近所の昭和町駅前に出かけました。

最近ちょくちょく使うようになった寿司屋3軒のうちで格安のお店へ。

ところがこんな日に限ってお客さんで一杯。


半泣きで駅周辺で新しい店がないか捜すもピンと来る店はナシ。

お腹が減りすぎて胃が締め付けられたようになり、気持ち悪くなる始末。


仕方なく前にも何回か行ったことのある魚に強くて寿司も置いてる居酒屋へ。

店内はかなり混んでるようでしたが、なんとかカウンターに空きあり。

3席ほど空いてましたが、一応気を使ってドアのすぐ前の一番端っこへ。



本日のオススメをみるとけっこう美味そうな魚が並んでました。

ただちぃと1品の単価が高めやったんで、1600円ほどのお造りの盛り合わせにしました。

あとは前半やったら油モンも行けるやろうと思い穴子の天ぷらをオーダー。


飲み物は最初の一杯を生ビールで。



生ビールとおしぼり、小皿にお箸は割とすぐ出ました。




腹が減りすぎてるんで、一気に飲んで酔うてもイカンとちびちびビールを舐めながら店内を観察。


奥にそれなりの数の座敷があるんですが、子供連れが宴会?やってるのかエライ沸き方でした。


厨房の様子を見ててもなんか妙にバタ付いてました。

出す料理、出す料理で「遅くなってすいませ〜ん」と声を張り上げてました。


う〜んヤバイかなぁとは思い始めてました。

とりあえずのお造り盛り合わせと天ぷら以外の料理は厨房の様子を見ながら注文せんと待たされるかもと。

隣の若いカップルを見ててもかなり時間が掛かって料理が出てるようでした。






そんなこんなで10分以上は経ったでしょうか?





造りも天ぷらもそんなに時間かからんやろうと思って言うたのに全然出てきません。





嫁さんとゆっくり家で食事したかったのに、それにも振られて一人で外食。

そんな気分の時に賑やかな店のカウンターの端っこにポツンと一人。

アテもなくちびちびとビールを舐めてると、気分はズンズン盛り下がり。


一人で飲み食いは普段なら全く平気ですが、この日はかなりミジメな気分でした。



もう「オーダーした分払うから出るわ」と言おうかと思いましたが、落ち着いて考えると行きたい店が浮かばんのです。





泣きたくなりながら、ジッと我慢。





そこから数分後でしょうか、やっと背中から声が



 「遅くなってスイマセ〜ン」


と、フロアのおばちゃん。



はぁ〜、何分待ったんでしょう。やっと1品目の料理が来たようです。





でも、一品目は写真を撮り忘れてしまいました。




バクバクって口に入れたら一瞬でなくなりましたから。





待った割に量が少なかったんか?





いえいえ、量が少ないのはしゃーないですよ。






待って待って出てきたのは「お通し」でしたから。





気分が盛り下がってなかったら、「ヤカラ」やない範囲で正当な抗議はしたと思うんですよ。


でもなんか弱ってしもうてて文句いう元気もなし。



そっから倍は待ったと思います。席についてから3〜40分経ってたんやないでしょうか。



とりあえずお造りは来ました。



メチャメチャ時間かかって出てきたお刺身の盛り合わせ内容はすごく良かったと思いますよ。

これで1600円程度やからコストパフォーマンスはかなりエエです。

マグロ、トロ、カツオ、ハマチ?、鯛の焼き霜、イカとウニ、鱧ちり、貝柱、生ずしなど。

*カメラは持って行かんかったんで携帯で撮ってます。

モノも私の舌には全く文句なく、けっこうちゃんとしてたと思います。

普通の状態なら80点以上つけるだけの値打ちモンでした。


ところがこの日は待たされ、弱らされ、気分害された末。

ハッキリ言うて点数なんか20点って感じでしたわ。

自分でそう感じながら、こんな点数を付けられる罪のない食べモンが可哀想やなぁと思ったほど。



しつこくて残してしまった穴子の天ぷらすでに充分待ったんで、穴子の天ぷらは比較的早く出ましたよ。

穴子以外にも茄子やらカボチャ、大葉にシシトウ。
そんなモンエエから穴子だけすぐ出せよって気分でした。


穴子は頭もついててそれなりのサイズのヤツを一匹丸々。

添えモンの野菜もたっぷりで780円だったかと。

これも値段だけ見るとフツーですが出てきたモノのコストパフォーマンスはかなりヨシ。

それやのに野菜なんかイランから早よ持ってこいと思わせる店は最悪ですわ。



これは気分と別なんですが、天ぷらの衣がかなりしっかり目で私には油っこくて全部は食べられませんでした。


店に入ってすぐにメニューを見てた時の予定では、この後なんかもう一品と上にぎりの盛り合わせでも食べようと思ってました。


ところが厨房の様子にまったく変化ナシ。相変わらずバタバタやってるけど料理は出ん状態。


まさかこっからもう40分はよう待たんので諦めて店を出ました。

料理は悪くないけど、当分この店には行かんときます。



家に帰っても食うモンはなく、この日はそのまま半泣きで寝てしまいました。




次の日に体重を計ったらいきなり1kg弱減ってたのが唯一の救いでしょうか・・・。(T_T)






posted by えて吉 at 09:36| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

思いつきで「焼きカレー」

カクテルネタだけはもったいなくて前半の2杯に続けて、朝から2種類上げてしまいました。

他の食べモンやったらちょいと時間が経つと自然と書く気がなくなるんですが、カクテルは気合を入れんと写真を撮ろうと思わんモンで・・・。

カクテルネタばっかり並べてると興味のない方がほとんどやと思うんで、ちょいと食べモンネタを行っときます。

というわけでタイトルの焼きカレーですが、昨日の昼飯に食べたモンです。

焼きカレーで検索すると九州の門司で始まったローカルフードってな記事がありました。
私はそんなもんがあるとはしらず適当にカレーライスのグラタンみたいなヤツと思って作りました。

門司の皆さんは、「そんなん焼きカレーちゃう!!」って怒らんといて下さいね。

 *参考:門司の焼きカレー知っていますか?/九州を食べる
 



山ほどあるストックしてある冷凍のチキンカレーを電子レンジで温めました。

ところでカレーって電子レンジで加熱すると上手く熱くならないことないですか?

ちょっと前に買い換えた比較的新しいレンジでもどうもカレーのルーは上手く行かんことが多いです。

中心は凍ってるのに「出来たでぇ〜」って感じでピーピー言いますわ。

もう諦めてるんで一部が凍ったままのルーを小鍋へ。

焼きカレーにするのにちょいと味を変えようと思ってたから問題なしですわ。



カレーを弱火であっためながら、ガラムマサラのソースやら神戸の地ソースのドロ系を加えていつもよりコッテリと。

弱火でしばらく煮込むと少しは水分が飛ぶかなぁってのも狙いでした。


グラタン皿にご飯を入れたら、その上にルーを伸ばし、チーズを散らしてやりました。

この日の朝メシが卵かけご飯やったんで迷ったんですが、自分がイメージした焼きカレーには欠かせんってことで生卵も乗せました。

オーブンやと余熱に時間がかかるんで、オーブントースターで焼いてやりました。





出来上がったのはこんなんです。




思いつきで作ってみた焼きカレーはなかなかウマ〜玉子は特に黄身が生みたいですが、表面は膜のようになってました。

見た目は全く生に見えたんで、もうちょっとで加熱しすぎるとこでした。



ちょいと邪魔くさい気はしますが、なかなか美味かったですわ。

自由軒みたいにフライパンの中でルーとご飯を混ぜるパターンもたまにやりますが、それとも違いました。

カレーをかけて焼くだけやとあんまりオモロないですが、チーズと玉子があると嬉しかったですわ。

特に玉子の黄身の半熟がひじょ〜にええ感じでしたよ。




ただ、失敗が一つありました。

グラタン皿にご飯を入れる前に油やバターを塗り忘れたせいか、ご飯がすこしこびり付いてしまいました。

丸一日水に浸けて、ついさっき洗ったんですがこびり付いたヤツを落とすのに難儀しました。


ブロッコリーとか緑のモンを並べてもええかも知れませんね。

けっこう気に入ったんでまたやろうかと思ってます。





posted by えて吉 at 15:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

再スタート一食目の朝メシ

ブログを再開出来るようにはなったんですが、この間全く飲み食いの写真を撮ってないんで、ネタ切れしております。

お休みの前にいくつかネタはあったんですが、あんまり前のことを書くのは自分の中で食べたモノが色褪せてる感じがするんです。

そこで今日の朝メシをネタにすることに。

数日休んだだけですが、気分も新たに再スタートってことで基本に戻ってみました。







さて、皆さんへご質問です。








私が朝メシに何を食べたと思いますか?








選択肢は、か〜なり少ないとは思いますが・・・・








ハイ、ちゃんと予想をしてくれましたか?








うーん、引っ張りようがないですねぇ。









まあ、別にビックリがあるとか、ひねったオチがあるわけでもないですし。








私の基本っていうたら、何回かうちのブログを読んでくれてる人には納得して貰えると思います。









ただし、今回はちょっと意外かもしれませんが「うどん」やないですよ。






うどんやったらすぐ食べられしと思ったんですが、冷凍うどんを食べきったままバタバタしてたら買い忘れてたんです。






我が家で米を切らすことがあってもうどんだけは切らしたらアカンのですが・・・。







乾麺でそこそこヒットやったうどんはあったんですが、どうも気分じゃなくて。









独り言:(ちょっと引っ張れたから、このへんで勘弁しといたろ)









さて、さっき食べた朝ご飯はコチラです。







更新一発目は基本から「炊きたてゴハンの卵かけ」こいつも私の基本ですわね。

炊きたてのご飯で「卵かけごはん」です。

玉子は先週末に珍しく商店街のタマゴ屋さんで買いました。

そんなに高いヤツにせんかったんでモノはまあごく並でしたが。



最近愛用してる塗りの汁碗を小丼に見立てて使ってみました。

陶磁器の器よりご飯が冷めにくいのがええですわ。

写真撮ってるとどんどん冷めていきそうで焦っちゃいますからね。


いやーやっぱり美味かったですわ。炊きたてご飯でやると。





数日間バタ付いてたせいで、外食だのなんだのが多かったんですが、そうするとてきめんですねぇ。

きっちりデブってしまいました。ただ予想では3kgほど増えてるかと思ったんですが、意外とマシでした。

2kg弱の増に留まってました。

ええ加減ついでに今日は気にせんと飲み食いして明日以降で節制しますわ。


2〜3kgなんて増やすのは簡単やけど、飲み食いの調整だけで落とすのはかなりキツイんですよねぇ。


さぁて昼と夜に何を食べましょうかね。

やっぱり落ち着いて食事出来るのはええことですわ。

朝メシ食ってすぐに昼と夜のことを考えてるあたり、ちょっとビョーキですかね。(^^;



posted by えて吉 at 10:38| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

ボツボツ再開します

そろそろ落ち着きましたので今日以降ボツボツと更新を再開させて頂きます。

休止のお知らせではみなさんにご心配をお掛けしてスイマセンでした。

それやのにこんなに短期間で再開することになりヤヤお恥ずかしいです。(^^;

もとから短期間のつもりでしたが、「いつ」ってのが決まってなくてあんな書き方になりました。


「なんやもう再開するんかい!!」


って、ツッコミは甘んじてお受けしますので、これからもよろしくお願いします。






睨み付ける越後屋越後屋も睨んでますんで、気分新たに更新していきますね。




休止の間は飲み食い写真を撮ってないんで、ネタがありません。
越後屋のちょっと怒った?ような写真でお許し下さい。


posted by えて吉 at 17:57| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

お知らせ

申し訳ないですが、少しの間だけ更新をストップします。

実生活でちょっとしたことがあってしばらくパソコンの前に座ってられなくなりました。

落ち着いたらまた更新しますので、少しの間忘れないでいてくださいね。






何か言ってるようなヒメな〜んか、言いたそうな顔ですね。




*写真は本文とは無関係です。

posted by えて吉 at 15:05| 大阪 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

半熟の黄身がたまらん

いよいよゴールデンウィークも今日で終わりですねぇ。ブログをやってはる方で遠出した人はネタが一杯貯まったことでしょう。

私は昨日ものんびり家で過ごして結局このGW一回も車に乗りませんでした。

ええ天気の日にはすごくドライブに行きたくなったんで、明日以降どっかに行ってやろうと狙ってます。



ネタが溜まり過ぎたんでいくつかはボツにしようと思ってますが、2日の昼メシはかなりご機嫌やったんで上げておきます。

かなり日数が経ってるんですが、いっこうに減らん鶏そぼろをドンブリにして食べました。

この日はどうしても半熟が食べたかったのでタマゴを解禁。




こんな丼にしてみました。





半熟ポーチドエッグがウマーな鶏そぼろ丼キムチ入り鶏そぼろ丼、ポーチドエッグ乗せ。

トロリと流れ出た黄身がごっつぅ嬉しかったです。


ご飯に海苔を散らしてからあっためた鶏そぼろと刻んだキムチを乗せてやりました。

胡麻と青ネギも散らして真ん中にポーチドエッグを。

作る手間では目玉焼きの方が楽な気もしますが、”半熟”を楽しむならポーチドエッグがええかいなと思って作りました。

白身はちゃんと火が通ったけど黄身はトロトロ状態、ええ具合でした。

私は卵かけご飯は大好きなんですが、他ではあんまり生卵を使わないかも。

大好きな吉野家の牛丼でもタマゴはかけたことないです。

以前に「カレーに生卵」イベントで盛り上がったこともありますが、普段はめったに乗せませんし。

カレーと食べるなら目玉焼きの方が好みですねぇ。

そうそうメジャーな月見うどんもダシの味が濁るから実は苦手ですし。

温泉タマゴは自分で作ることはないんですが、アレも料理に乗ってると嬉しいです。

この日の丼も美味いっていうより嬉しいってのが先に来ましたもん。




タマゴのことを書いてると、またしても頭がタマゴモードに・・・。

鶏そぼろの消費のためにおんなじのんやってもええし、親子丼もしばらく食べてないし・・・。

あぁ連休の暴飲暴食デブッてるというのに、まだ朝っぱらやというのに、食欲が全開ですぅ〜。(T_T)
posted by えて吉 at 07:21| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

連休の谷間の晩メシ

昨日は朝イチで「祝春一番2006」というライブへ出かけてました。

去年は初めてで勝手が分からんかったんですが、今年は2度目やから感じが分かってました。
11時から6時頃までおって散々飲み食いしながら生歌を堪能してきました。

5月の快晴の空の下で一日おったら顔面も腕もかなり焼けてしまいました。

帰ってからも陽に当たりすぎてホゲェ〜ってしてたんで、更新はサボりました。



さて、連休の合間の1日に食べた晩メシです。

この日は月曜日ってこともあって酒を抜くことに。


連休のあいまの休肝日の晩メシ・ソーセージ入りの洋風八宝菜?
・豆腐とワカメの味噌汁
・キムチとジャガイモのマヨネーズ和え
・糸コンのピリ辛炒め煮
・メカブ
・オニオンスライスとクラゲのサラダ
・梅、キュウリ、ジャコの混ぜご飯


週末に作ったスペインオムレツに入れたソーセージが4本だけ残ってました。

私にとっちゃソーセージは苦手な練り物の一種。いつまで冷蔵庫に居るとプレッシャーが掛かるんで、なんとか早いこと処理することに。

冷蔵庫のおった野菜を適当にぶち込んで洋風な八宝菜みたいにしました。

一応洋風ってことで味付けは塩胡椒にコンソメです。

嫁さんが食べるなり


 「ソーセージが入ってるとグッとB級ちっくになるなぁ」
 
 
なんて言われてしまいました。


確かに高級なヤツでもないんで、なんか家庭的っていうかベタな料理になりました。(^^;

少し前に買うたキムチは安かった割にまずまずの味。

そいつを使ってこれまた残り物処理。

スパニッシュオムレツに入れ忘れたジャガイモと和えてやりました。

キムチとジャガイモを適当に刻んでマヨネーズで味付け。マヨネーズとキムチってよう合うと思うんですが、この組み合わせもなかなかのモンでした。

ただ、こいつはごっつぅビールが欲しくなる一品でした。

もうちょっとで1本だけってことを言いながらビールを開けるトコでした。

この日も爽やかな日やったんで暑い季節のモンが食べたくて、オニオンスライスとクラゲを。
(デブってたからカロリーが抑えられそうなモンにしたってのもありますが・・・。)

ご飯も今季初のさっぱり系混ぜご飯に。
塩もみして絞ったキュウリ、ジャコ、ネリ梅、ゴマを炊きたてのご飯に混ぜて食べました。

このご飯もガッツリと普通の茶わんに2膳分食べて、他のオカズもしっかり食べましたが次の日にはちゃんとデブリが解消されてました。(^_^)v

やっぱり野菜中心が体重の管理には楽ですわ。
posted by えて吉 at 08:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

珍しく具だくさんなぶっかけうどん

今朝はちょいと体が乾燥した感じでした。5月になり空気が乾燥してるからって訳ではなく・・・。

昨日ちょいとばかり飲み過ぎて体内の水分が足らんような気分で目覚めました。

頭痛やら胃の不調なんていう二日酔いの症状は出なかったのはラッキーでした。

飲み食い関係の本を読みながらじっくりと風呂に。

お茶をガブガブ飲みながらしっかり汗をかくとだいぶアルコールが抜けた気になりました。

そして先ほどぶっかけうどんを食べて、今はこうしてパソコンの前で遊んじょります。

さっき食べたぶっかけうどんは、冷やしたうどんにメンツユをぶっかけてネギを散らしただけのシンプルなヤツ。

ぶっかけうどんは熱くても冷たくてもメンツユだけのことが多いですね。




月曜日はなぜか珍しく具沢山なヤツを食べる気になりました。



珍しく具だくさんなぶっかけうどん乗っけた具は、大根おろし、山菜、天かす、花カツオ、青ネギ、ワカメ、なめ茸。

冷蔵庫を引っかき回して具同士がモメん範囲でありったけ。

ドンブリじゃ乗せにくかったんで皿に盛りつけてみました。



たまにはこんな具だくさんなぶっかけうどんもええですねぇ。

私は冷たいぶっかけの時は天ぷらが入ってるのはあんまり好きやないんです。

天ぷらの油が妙に強調される気がするんです。

でも今回ちょっぴり天かすを乗せたら、全体に油のコクがちょっとだけプラスされて具合が良かったですわ。




昨日は私の親父の誕生日で妹一家、うち夫婦が揃って晩メシを。

妹がさがしたベトナム料理屋に行ったんですが、6人+チビ1匹やと色んなモンが食えてご機嫌ですねぇ。

シャンツァイもその他の生ハーブや野菜もたっぷりで本場で食べるような気分でした。

そっちのネタも気が向いたら記事にするかもです。

帰り道に嫁さんと私はミナミで下ろしてもらって久々にバー巡りを。

1軒目はながらくご無沙汰してた行きつけの店、「ポレポレ」へ。

以前、このブログで記事にした時も家族との宴会帰りでした。(^^;

ここんとこホンマにミナミに出る頻度が落ちてますわ。

その後新規開拓をしようとミナミの街をウロウロ。か〜なり入りにくい路地裏にあるバーへ飛び込み。

飛び込みの時は自分の鼻を効かせて、店を選ぶんですが今回もなかなかヒットでした。

今日の大阪は爽やかなええ天気ですが、私はこうして家でのんびりです。

島唄をかけながら(半二日酔いとはいうものの)ええ風を感じながらボーっとするのもええモンですわ。






posted by えて吉 at 14:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

肥後橋のイタリアン「ピアノピアーノ」

ゴールデンウィーク初日の29日のランチネタをご紹介します。

この日は嫁さんの希望で御堂筋の緑を眺めながらのチャリンコとなりました。

ランチはこれまた嫁さんの希望でイタリア料理と決められてました。

なんでかよー分からんのですが、


「アタシが元気なったから今日は私のワガママOK!!」


と宣言されてました。(^^;


当初は御堂筋の東側で淀屋橋と本町の間で堺筋までの範囲を攻めることにしてました。

嫁さんは仕事仲間なんかとこのエリアで何軒かのイタリアンに行ったことがあるそうです。

生意気にも「アタシが案内したるわ」と抜かしやがりました。

ヤツの方は色んな店に行ってるのは悔しい限りです。



ところが嫁さんがこの辺やというトコを走っても何軒かあるはずの店は全く見つからず。
嫁さんが予定してた以外にも何軒かイタリアンと思われる店を見付けたんですが、オフィス街やったせいかどこも休んでました。



「お前の行った店でなくてもええやん、別のエリア行こう」



と提案しても


「もういっぺんアッチの方行こう」


アッチどころか、コッチもソッチも、もういっぺんコッチもとしつこく探索。


結局発見したのは地味ぃなシャッターが閉まってて休みやということのみ。


さすがの嫁さんも諦めたんで、私が御堂筋の反対(西)側のエリアを攻めようと。

適当に本町よりで四つ橋筋との間のエリアを攻めるもピンと来る店は無し。

さらに思いついて靫公園の周辺をチェックしようと。

1軒ええニオイさせてちょっとオモロそうなイタリアンがあったんですが、カジュアルな感じやのに妙に高くてパス。

靫公園の周りにはオシャレなカフェだのメシ屋がかなりあったんですが、これまたピンと来るトコはなし。

お茶するんやったら少々小ジャレたカフェでもええんですが、この日はその手の店でメシを食いたい気分やなかったんです。

まあ私はこの日に限らずカフェメシってあんまり食べたいと思わんのですけどね。


カフェばっかりやなぁとなって、嫁さんが言いだしたのが肥後橋のイタリア料理店「ピアノピアーノ」。

中途半端な店がイヤやったらあっこに行ったらええやんと。


最後に行って何年か経ちますが、私はランチは行ったことなかったんです。

最後に行ったのは夜で実家の親や妹夫婦で行って大宴会をやった記憶が。

ガンガン大皿?で頼んで、みんなで取り分け。ワインも次々に空けて陽気で肩の凝らん楽しいメシでした。

ただ、ピアノピアーノは決して安モンの店ではないんで、払いもかなりの額やったイメージが。
 *最後の時は親父が奢ってくれたかもしれませんが・・・。


そんな印象があったんで、嫁さんには


「おいおい、いきなり弾ける気ぃか?」


と確認してしまいました。(なんせこの日は月末でかなりヤバイ状態でしたからね。)


嫁さんはランチでも行ったことがあるようで、大丈夫やと思うと。

店の前まで行ってボードをチェックして安心しました。

休みの日のランチは1500円と2600円でした。

違う味のパスタが食べたかったので1つずつ頼むことに。


最初の一杯はチャリンコ乗りの後やったのでビールに。

生ビールは置いてなくて小瓶でしたが、2人で1本をサクッと。



ランチを2種類頼むと、ウェイターの人から嬉しい提案が。



「それぞれ取り分けて順に出しましょうか?」と。



どこに行っても皿を交換したりして両方の料理をシェアするうちの夫婦にはメチャありがたかったですわ。

メインも順に出してくれるとのことでした。

大阪って星の数ほどというには大袈裟ですが、イタリアンは多いですよね。

私は電車嫌いもあってそんなにたくさんの店には行ってません。

ただ、私が行った範囲ではこのピアノピアーノはかなり好きな店に入ります。

料理はもちろんやけど、店が開放的でイタリアンらしい上に、お店のスタッフがよう出来てるんがええんやと思いますわ。

この日ものっけから気の効いたこと聞いてくれたんでええスタートでした。


ビールはサクッと空いたのですかさず白ワインを。

予算が厳しいんで私が選んで文句言われちゃカナンと思い、嫁さんに選んで貰いました。


この日飲んだ白ワイン「ファレルノ・デル・マッシコ(Falerno del Massico)」3500円この日飲んだ白ワイン「ファレルノ・デル・マッシコ(Falerno del Massico)」3500円。

手頃な値段で勧めて貰った2種類の内、ややしっかり目の味わいがある方を。







食べたモンをザッと紹介しましょう。



肥後橋のイタリアン「ピアノピアーノ(PianoPiano)」で食べたランチ



・前菜の盛り合わせ

 写真は2600円のセットの分です。
 
・ジェノベーゼのスパゲティ

・トマトとモッツァレラのスパゲティ

・ラムの焼いたヤツ(白ワインベースの塩味)

・鶏の焼いたヤツ バルサミコ風味

・デザート

スパゲティは1人分を2つに取り分けてくれてます。


前菜の盛り合わせは、手前にマヨネ系のサラダ。

ホワイトアスパラガスをチーズと焼いたようなモノ。

ナスビ、ネギ(白ネギ?)、チビ魚のフライ、筍のトマト煮?

残念ながらどれも正確な料理名はわかりません。

ウェイター&ウェイトレスの気配りや動きは最後まで良かったんですが、前菜の説明はなかったんです。

店の周りは休日で静まりかえってるのに、店内はかなりの人。

昼間で3回転近くしてたかもしれません。かなり忙しかったから説明の余裕は無かったのかもしれないですね。

1500円のセットも手前の白いヤツないだけで他は同じでした。

見た目はそんなにないんですが、嫁さんとゆっくりしゃべりながら食べるとしっかりワインが進みました。

アスパラや手前の白いヤツ、タケノコと、ここ最近前菜では食べてないモノばかりやったのも良かったですわ。


飲兵衛夫婦がちんたらと食べてたせいで、パスタはほんのちょっと早めに出来上がったようです。

かなり料理の出し方にも目を配ってはるんですが、数が多いだけにうちらには料理の出来上がりが早かったようです。

それをちゃんとウェイターの人が謝るあたりも好印象でした。

早よ食えよって感じでテーブルに並べられると、気分悪いですからねぇ・・・。


パスタ2種類はごく一般的なモノでしたが、塩加減は印象に残りました。

自分やったらもう一つまみだけ塩を効かせそうな薄く感じないギリギリのトコでした。

和食はそれなりに薄味でもええんですが、洋食は基本的にはハッキリした味が好み。

露骨に塩を効かせるんでもなく薄味にもなりすぎんバランスはさすがやなぁと。

ただ、パスタで言うとそれぞれのセットで料理が固定されてました。

回転やコストのことを考えるとしゃあないのかもしれませんが、出来たら3種類くらいは欲しいかなぁと。

あと、スパゲティ以外のパスタも選べると嬉しかったでしょうね。

とはいえこの店でこの値段と思えば、その辺の切りつめは文句なかったです。



この日一番印象に残ったのはメインの1品目仔羊の料理でした。

これも説明がちゃんと聞けず詳しいことはわかりませんが、塩系のソースが旨かったです。

あっさりしてるけどラムとよう合うてええ感じでした。たしかオーダーの時の説明では白ワインを使こうてるって言うた気がします。

嫁さんが「家でこの味再現してぇ〜や」って言うたんですが、想像が付きませんでした。
カッコだけの創作和食なんかやったらたいがいやろうと思えば家でもやれそうですが、この手のプロの料理は難しいですわ。

ラムチョップの大きさも申し分なく2人で食べてても満足でした。


鶏は1500円のセットのメインです。バルサミコを使ってるせいかこっちが最後に出ました。

素材の値段は抑えてるんですが、私は大の鶏好き。これも美味しかったですわ。

カリッと焼いてるのは炭火焼きなんでしょうか?えらい風味が良うてなかなかでした。

前菜で白ワインがよう進んだんで後半は抑えめに飲みましたが、さすがに足らず赤をグラスで1杯ずつ。

デザートは2600円方だけに付いてました。(食後のお茶は両方に。)



酒をちゃんと飲んだせいで会計は9800円でした。

うちら夫婦やとしょうもないカフェみたいなトコでも酒は少なくとも同じくらい行ったでしょう。料理やサービスがちゃんとしてるからコストパフォーマンスはかなり満足でした。

最近ほんまに都会に出なくなってますが、やっぱりたまにはお出かけせんとあきませんわ。

嫁さんも満足したようで、妥協せずにうろつき回った甲斐がありました。


肥後橋のイタリア料理店「ピアノピアーノ」の店構えイタリア料理「ピアノピアーノ(PIANO PIANO)」:ウェブサイト

住所: 大阪市西区京町堀1−4−22 肥後橋プラザビル1F
電話:06−6448−5774
営業:11:30am〜2:00pm、5:30pm〜9:00pm
定休:日曜日(祝日は営業)






posted by えて吉 at 09:45| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

シマアジのお造りなぞ

ゴールデンウィークの前哨戦を終えて今日明日は平日モードです。

もちろん私は毎日が日曜日ですが、嫁さんが仕事に行くんで一応平日気分に切り替え。

この土日は珍しく2連ちゃんで洋モノご飯を食べました。

そのネタはまた後日アップ予定ですが、その前日の家での晩メシネタを。

土日に洋食が続くとわかってた訳やないんですが、この日は地味ぃに和食を。



ぬる燗でちびちび食べた晩ご飯・シマアジの造り
・メカブ
・薄揚げの網焼き鶏そぼろがけ
・小松菜の炊いたん
・ほうれん草の白和え(惣菜)
・イカナゴの釘煮
・山菜の煮物
・湯豆腐


スーパーに珍しくシマアジの冊が並んでたんでちょいと贅沢を。

冊で800円はちょいとした贅沢ですわ。写真の量を嫁さんと2人で食べました。

歯応えもよくていつもより出費した甲斐があって満足。

熱湯で油抜きした薄揚げは網でパリッと焼いてから適当な大きさにカット。

シンプルにショウガ醤油なんぞでも十分に美味いんですが、ふと思いついて鶏そぼろをかけてみました。

ちょっとボリュームが出て美味かったですわ。

いつものように日本酒は燗で楽しみましたが、ごくごくぬるめに燗を付けてゆっくりと。





4月は料理をサボりまくったおかげで家計は早々に破綻してました。(T_T)

今月も月初に休みが続いて困難な財政運営が予想されますなぁ。

とりえずサイフの中がスッカラカンなんで銀行周りに行ってきますわ。
posted by えて吉 at 09:27| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

GW明けの予定など

27日の木曜日に食べた晩ご飯です。

前日までに使わんかったシシトウと舞茸、余ってた鶏肉をメインにしました。

この日は酒を抜いてご飯を食べるんでそれに合うようにやや濃いめの味付けで辛い料理に。


シシトウの炒めモンなどで晩ご飯シシトウと舞茸と鶏のピリ辛炒め
・小松菜の煮物
・豆モヤシのナムル
・納豆
・ワカメの味噌汁


シシトウは中華風に味付け。シシトウは味が乗りにくいからややしっかりと味付け。

豆板醤をかなり大量に入れたんですが、あんまり辛くなかったですわ。

頭の毛の中で汗かくくらい辛いモンってながらく食べてないですねぇ。

この日は味噌汁も残りもんやから用意はほとんど手間がかからんかったです。

ただ嫁さんが外で食事やったんで何からなにまで自分でせんとアカンからちと邪魔くさかったです。





ゴールデンウィークが始まってますが、皆さんはどう過ごしてはるんでしょうか。

アクセス数がだいぶ落ちてるんで、ぎょうさんの人がパソコンの前から離れてお出かけなんでしょうかね。

私はGWには例年出かけたりしないんで家やその近所でゆっくりってのがパターンです。
去年は春一番ってコンサートに行きましたが、今年はまだどうするか考えてます。

最初は今年も行くつもりやったんですが嫁さんの調子が悪くてギリギリまで様子を見てました。

今週1週間仕事にも行けて少しは元気になったようなんでちょいと安心してます。

野外のコンサートで飲み食いしながら音楽を聴くのは去年すごく良かったから惹かれてます。

GW中にやることというとそんなモンでしょうか。

日帰りのドライブくらい行きたいんですが、混むトコはイヤやから思案中です。



昨日は嫁さんとチャリンコで御堂筋の緑を眺めに行きました。

ミナミから淀屋橋の界隈で新しい店(←飲み食いですよ。)を探しながらウロウロ。

久々に都会のイタリアンでランチをシバいたり、夕方にはバーに寄ったりとなかなかええ一日でした。

今日は家でちょいとばかり贅沢なランチでも作ろうかと思ってます。

皆さんもええGWをお過ごし下さい。






そうそう、GW明けには2つほどトラックバックでイベントに参加しようと思ってます。
まずは5月8日がゴーヤの日なんで、それにちなんだ料理かなんかを。

やむやむ」のnanameさんが企画してはります。

今年もイベントがあるっていう告知の記事をアップしてはります。

[ 応募要項 ]
みなさんのゴーヤーにまつわるエントリを
トラックバックピープル「沖縄の食」へトラックバックくださいませ。
◆トラックバックURL
 ・http://member.blogpeople.net/TB_People/tback.jsp?id=00575

なお、みなさんのゴーヤーエントリを一覧できるよう、
参加エントリから「沖縄の食」へのリンクをお願いします。
◆リンクURL
 ・http://tbp.jp/tbp_575.html



参加予定ではあるんですが、どんな料理にしようか悩んでます。

前回はベトナム風のスープにしたんですが、ゴーヤーの料理はもうネタ切れなんですよねぇ。
当日までまだ時間があるんでなんとか考えましょう。




続いて翌日の5月9日は「ゴクゴクの日」。

去年「きき酒師ちえの料理と酒の相性研究」のちえさんが個人で申請して認められた記念日です。

こちらも先日、今年もイベントがあると告知の記事がアップされてました。

去年は尿酸とのバトルを繰り広げたんでウーロン茶で参加しましたが、今年は休肝日やけどでアルコールで参加しようかと思ってます。

ゴクゴクの日の絵「ゴクゴク」といえばやっぱりビールですかねぇ。

記念日でなくてもいつもゴクゴクしてる気はしますけど・・・。(^^;

*右のGIFアニメはちえさんのブログからお借りしました。



〜5月9日「ゴクゴクの日」に、みんなで「ゴクゴク」しよう!!〜

参加制限:
なし(5月9日にビールやジュースなどを「ゴクゴク、プハーッ!」としたい方ならどなたでも)

参加方法: 
5月9日に何か(この季節、やっぱりビールですかね?でもジュースでも何でもOK!)をゴクゴクと飲み、どんなシチュエーションで「ゴクゴク」したかを、このエントリにコメント、もしくはトラックバックでご報告ください。
(トラックバック用URLは http://www.sakezuki.net/blog/mt-tb.cgi/314)
なお、公序良俗に反するコメント、トラックバックは削除しますのでご了承ください。





連休明けで忙しかったり、ボケッとなってるかもしれませんが、皆さんも参加されませんか?

最近トラックバックを楽しく使うネタ減ってるんで、たまにはこの手のイベントを楽しみましょうよ。



<同日>

*nanameさんが本日「ゴーヤの日」企画の記事を上げておられたのでリンク先を変更。

posted by えて吉 at 09:24| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

カレー作りの顛末

昨日完成したカレーを作った感想なぞをチョイと書いておきます。

私が作るカレーはほとんどチキンカレーで野菜たっぷり。

今回もその路線は維持したんですが、ちょいと新しい工夫に挑戦。

メインの工夫以外にいくつか思いつきもあって、それに必要な材料を買い込みました。


今回買うたヤツのメインはこんな感じ。


今回のカレーに入れた食材達買いモンぶくろから出して並べるとかなり迫力がありました。

いくつかの材料は結局今回は使ってませんが・・・。

今後保存したヤツをベースに加えて行こうかと思ってるのがいくつかあります。





今回のチャレンジで一番大きいのは、出来るだけ煮込みに入れる水の量を減らすと言うこと。

ルーでトロミを付けないときは、ある程度のトロミを付けるのに毎回かなり努力してます。

今回は水をグッと減らしてトロミっていうか、煮崩れた野菜でドロッとさせようと。

そこでいつもはみじん切りで加える野菜の何割かをすりおろしてみました。

新タマネギの大玉5つのうち半分強、大根の太長を半分、リンゴ2個程度をすりおろしたでしょうか。

このすりおろしだけでも思ったより力がいって疲れました。

さらに白菜1/4、新キャベツ1/2を細かく刻み、セロリ、人参、白ネギなんかはみじん切り。

みじん切りにはフードプロセッサーを利用。

こいつらを寸胴にぶち込んで、いつもは最後の味付けまで加えない塩を全体に混ぜてみました。

餃子のタネなんかで塩を先に振って水分を出すんで、刻んだヤツから出る水分を使おうという腹でした。





野菜だけをほぼ刻み終えた時点で、寸胴の中はこんな感じになりました。


水なし野菜オンリーでかなりの量に火を加えればかなり嵩が減るとは分かってるもののスゴイ量でした。

まだ水は一切加えてないですし、鶏なんかもまだ。

この状態で水を出すためしばらく置いといてみました。



この間にニンニク2/3玉、ショウガ大きめ1塊なぞをさらに刻みました。

鶏の手羽元は20本弱入ってたかと思います。そいつらにはカレー粉やら塩、胡椒、チューブのニンニクで下味。

水を加えないまま寸胴に火を付けてしばらくつきっきりで混ぜ混ぜ。

30分ほどやってると全体ヒタヒタに浸かるくらいの水分が出てました。

そこに手羽元をサッと炒めてぶち込み、手抜きで市販の冷凍オニオンソテー500gも鍋の中へ。

つきっきりやったらしばらくは水なしでも行けそうでした。

さすがに何時間もかき混ぜ続けるのはツライので小ぶりの片手鍋に1杯だけ水を加えました。

いつも入れる量の1/4〜1/5以下やと思います。

フタをして煮込みスタートしてしばらくは数分おきに中をチェック。

アクを取りながら焦げないかをコマメにチェック。


ほぼ大丈夫と分かってからとろ火で放ったらかしにして煮込み。

2時頃から7時間ほど煮込んだかと思います。

そこから1時間は寸胴についてかき混ぜたり、リンゴのすりおろしやトマトジュースを加えたり。

だいたい炊きあがったトコロで味を見るとかなり野菜なんかから甘みが出てました。

加えた塩では味と分かるほどの辛さはなく、自然な甘みだけがしてました。



この日のうちにほぼ味付けをやることに。

S&Bの赤い缶入りのカレー粉をメインにして、適当にスパイス混ぜることに。

カレー粉は、カレーライスを食うようなデカイスプーンでドバドバと。

前に買うた巨大な業務用の缶やから平気でしたが、スーパーで売ってるようなチビ缶やといったい何個分入れたんでしょうね。

スパイス類はぜーんぶ混ぜて、適当の油で炒めてやりました。

そいつを加えてから家にある調味料を総動員。

ただいつもは砂糖を加えたんとはちゃう甘みを出すのに苦労するんですが、今回は甘みはすぐに欲しいレベルに。

逆に甘みをそれ以上強くしたくないから適当にぶち込むモンが制限された位でした。

コンソメや鶏ガラスープの素も味付けに多少使いましたが、水分が少ないせいか、野菜の味なのかあんまりイラン気がしました。

使った調味料にもある程度化学系調味料は含まれてるでしょうが、いつもよりかなり量は減ったと思います。

味付けで困ったのは香りやら辛さの方でした。
どうもスパイスの効きがイマイチでした。

結果的には一晩寝かしてから、新たに買うて来た仕上げようの配合スパイスみたいなヤツをぶち込んでヨシとはしました。



今回のカレーは今までと較べるとちょっと違う気がしました。



イチビってレーダーチャートにするとこんな感じですかね。





今までのカレーとの違いトロミは結果的にはやや好みよりキツ過ぎるレベルでした。

甘み自体は良かったんですが、その分味付けがちょっとやりにくく。
深みやらコクは思ったより良かったですわ。


前回まで2〜3回はベースのスープとして、鶏ガラのダシと昆布と鰹の合わせダシを入れてました。

手羽元がかなり多かったからある程度カバーするとはいえ、予想としてはかなりたんぱくになるかと思ってました。

ところがたっぷりの野菜が良かったのか思ったよりコクっちゅうか、旨みがありました。
コクは、あくまでも私の好みのカレーでのコクのことですけどね。

ビーフシチューのようなカレーで出るコクとは全く別モンです。


今回水を減らすために、カツオと昆布のだしは使えないことに。

そこでそれをどう補うか考えて浮かんだのがカツオなんかの削り粉。

粉やからそのままカレーにぶち込んだら水分は増えずにダシは出るんちゃうかと。

ただそいつらのせいで魚臭いカレーにならんかという心配も。

ギリギリまで入れるのを待ってたら、思ったより味がしゃんとしてたので今回はパス。

同じような理由でアサリの剥き身も買うてみたんですがそっちもパス。

アサリの方は、いつかエビやイカと一緒に加えてシーフードカレーにしようかと思ってます。

コンビーフはこってりバージョンに入れようかと思ったんですが、今回は別のバージョンを作ったのでこれまたパス。

こってりバージョンをパスしたんで、それにと思ったヨーグルトも無し。



いくつも使わん食材が出ましたが、新しいやり方で料理する時はやっぱりその時の流れが優先ですわね。

せっかくソコソコまで出来てても、イランもん加えてワヤにしたら最悪ですから。



今回も初日に味付けまでやってからが大変でした。

春やという割りには涼しい日が続いてるけど、寸胴をそのまま朝まで外に置くのは心配でした。

きっと大丈夫やと思ったんですが、冷凍とはいえここから何ヶ月か保存するからリスクは減らそうと。

そこで流し台にせんをしてそこに水をたっぷり張り、寸胴をその中へ。

寝るまでに冷ますために、途中水を換えながらずっと中身をグルグルかき混ぜました。




次の日に再度加熱して、最終的な味付け。

実家や妹に配ろうと思ってからあんまり辛くせんとそれなりで止めと来ました。



そこからさらに別バージョンの料理をスタート。


当初、手羽元はダシ代わりにしようと思ってました。

実際味付けの前には骨だけになってたから全て取り除きました。

塊で剥がれてた身も冷ます時に混ぜたり、次の日に再加熱してるまにほとんどバラバラになって一体化。


予定ではここに新たに具としてモモ肉を加えるつもりでした。

でも、実際にはモモ肉なしでも十分に味は完成。しかも全体の量からみると1パックのモモ肉じゃ意味ナシ。


そこで作戦変更して、別モンを作ることに。


モモ肉は小さめに切ってカレー粉やたっぷりの韓国唐辛子で味付け。

しっかり揉み込んでしばらく寝かしておきました。




別バージョンには炭火焼きの鶏わざわざ七輪を引っ張り出して、炭焼きに。

やや焦げ目を付けるようにしっかり目に焼きました。

換気扇をフルに回してましたが、スゴイ煙でしたよ。


出来上がった鶏はちょっとタンドリーチキンみたいでそれだけでも充分ビールのアテになりそうでした。
 *一切れ食うたらゴッツ美味かったですわ。

そいつを水にぶち込んで30分ほど煮込み、メインの寸胴からカレーを加えました。
水で煮込んで薄まってる分は、市販のカレールーで味付けして調整。

こっちは”やや激辛”バージョンってことで、豆板醤やら唐辛子やらドッカドカと入れてやりました。


全部の料理が終わったところで、さっそく炭火焼きバージョンを食べてみました。



早速食べた炭火焼きの鶏入り激辛バージョンかなり寸胴のやつより赤っぽいです。

辛さは狙い通り「やや激辛」。

手間をかけて炭火にしたのが大正解。
メッチャ風味良くて大興奮。


炭火焼きの効果がハッキリ出てて良かったですわ。
モモ肉を噛むとしっかりと焼いた香りとスパイスの風味があってご機嫌でした。

こっちの方がインパクトはありましたが、長く食べるんなら寸胴の方がええかと思いますわ。

炭火焼きってのも個性なんで何回も続けて食うのはどうかと思いますし。





今回のカレーにかかった費用はだいたい4000円くらいかと思います。


出来たのが上の写真にあるような小盛りなカレーより少し多めで35皿分。

一杯あたり115円ですか。

そう考えると手間と暇をかけた値打ちがありますねぇ。

私が作ったカレーは万人受けせんと思いますが、自分には250円くらいのレトルトよりはずっと美味いですもん。

出来たカレーは冷凍すればなんぼでも保つけど、実家と妹夫婦に2人前パック×3つずつ配ってきました

自分だけが後生大事に溜め込んでるより他のモンに食うてもらう方がええですもん。

それにいつまでも残ってると、次にカレーが作りたくなった時に困りますしね。

かなり量を押しつけて来たけど、まだまだ20人前はありそうですわ。(ウッシッシ)
 *もうちょっと誰かに配るべきかなぁ・・・・


とりあえずは使わんかった食材なんかを加えて味を変えながらボチボチ楽しみますわ。










posted by えて吉 at 18:26| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタバタの前にゆっくり

昨日はカレー作りの間にも他の用事が入ったりで一日中バタバタしてました。

おかげで一日があっちゅう間に終わってしまいました。

そんなバタバタを予想してた訳ではないんですが、朝メシだけはカレー作りに掛かる前にゆっくり落ち着いて食べました。


バタバタの前にゆっくり朝ご飯・小松菜と薄揚げの煮物
・山菜の煮物
・豆モヤシのナムル
・鶏そぼろ
・豆腐の味噌汁
・ご飯


前日しょうもないレトルトカレーだけやと夜中にえらく腹が減って難儀しました。

なんとか小さな醤油のせんべい3枚ほどを囓っただけで寝ました。

おかげで昨日の朝にはやっと体重が目標に戻ってました。(^_^)v


朝イチから腹ぺこやし体重もクリアしたんでちゃんと食べてもええやろうと。

全部残りもんやから用意は楽で全くなんの手間もかからんかったのがラッキーでした。

オカズが結構あったんで鶏そぼろはなめ味噌みたいにして食べました。

普段やったら海苔を散らして、そぼろをのせて紅ショウガでも添えたドンブリにすることが多いんですけどね。




カレー作りが終わったんでそのネタを書きたいんですが、その前に実家と妹の家に配達してきますわ。

その後皮膚科に行って来ようかと思ってます。

ここ数年ごくごく軽いアトピー性皮膚炎なんですが、どうもここ2ヶ月ほど僅かに悪化してる気が・・・。

おまけにアトピーかは不明ですが、指のあちこちがひび割れたり荒れたりでちょいとひどいことに。

カレー作りで一日中なんべんも水使ってると毎度しみてカナンかったです。

ステロイド系のクスリつけても、メンソレつけてもさっぱり好転せず。

アトピーの方もながらく専門医に診てもろうてなかったんで最近教えてもうたお医者はんに行ってみますわ。

というわけで、カレーネタはもうしばらく後でアップすると思います。




posted by えて吉 at 07:35| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

新しいカレーを味見

昨日、カレー作りの途中で食べた晩ご飯ネタです。

作ってたカレーの味付けはまだ途中で、ある程度までやったら一晩寝かせて完成させる予定でした。

カレー作りを始めたのが昼の1時。

野菜類を切るだけで正味1時間かかり、2時から野菜だけでの煮込みをスタート。

さらにそこに一旦炒めた手羽元を入れたり、生姜、ニンニクを加えたり。

全体が煮立ってしばらくするまでは時々かき混ぜながらつきっきりでした。

その後2時間ちょっとは寸胴のフタをしてとろ火で放ったらかし。





けっこう疲れたんで晩メシはええ加減に済ませることに。





新しいカレーを味見新しいカレーを味見がてら食べました。

付け合わせに残り物の菜っぱの煮物とナムル、キムチを。
カレー自体の味をみるためにトッピング類はなし。



食べてみた感想はまあこんなもんかなぁというトコでした。

特別美味いってことはないけど、毎日のように食べるんやったらこんなんでええかと。

今回はあえてそのまま食べましたが、当然のように辛さはじぇんじぇん足りません。

次からは食べる時に一味かなんかをぶっかけて対応しようと思います。

こいつをベースに適当に具材や香辛料を足せばそれなりに美味しく食べられそうです。


スゴイってトコはないけど、総合的に見たら全く文句はない味でした。




















業務スーパーのPB品で5個368円やったんですから、文句言うたら罰当たりますわ。
ハチ食品、ダイエーのPBなんかの安モン系と較べると今回のが一番好みに合う気がしました。

どれも特徴のないいかにも”業務用”な味なんですが、今回のヤツはちょいと香辛料を加えたりすればすぐ好みの味になりそうなんも良かったですわ。


おそらく何十人分かになるカレーを手作りしながら1こ74円ほどのレトルトカレーを食うってのもアホやなぁと思いながら食べてました。

5個セットで買うてからマトモな味かがすごく気になってたもので、味見に食べてしまったんです。






ちなみ今朝から仕上げにかかってた自家製カレーは先ほど完成しました。

後半大きな寸胴の一部を使って少量の別バージョン?も作りましたが、これがごっつぅええ出来でした。

大量に作った方は毎日でも食べられる味ってことで別の方向を狙ってます。そっちは流石にスポットで食べようと思ったヤツと較べると弱いですね。

寸胴と較べると別バージョンがえらく少なく感じますが、ごく普通の片手鍋に目一杯あるんで軽く5人前以上はあるかと思います。

今はどう保存してこれから消費していこうかを思案中です。

冷凍用のタッパがそんなに数ないんで買いに行かんとアカンかも。(^^;



posted by えて吉 at 14:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。