2006年07月26日

”カフェごはん”は難儀やのぉ

よそ様のブログをウロウロしてると、すげぇ盛りつけがキレイなぁと思うことが多いです。
背景のことも考えてあってグラスだのカトラリーだのがええ具合に入ってたり。

それにひきかえ、私の料理は皿の中だけを見ても、センスないなぁと思います。

多少は小ぎれいに盛り付けようと努力してますが、とても周りのモンにまで気ぃが回りませんわ。



似たような食べモンをホンマは毎日食べててもさすがにそれじゃブログにネタに出来ませんわね。

そこでちぃとはアレンジしょうと思うんですが、なんぼやってもおのれのセンスの無さに凹むわけです。(^ ^;)


カフェってなトコにはめったに入らんので、カフェメシのご飯モノの理解がかなり歪んでるのはご容赦を。


”ただの丼(どん)モノ、皿に盛ったらカフェごはん”


ってのは、かなり間違うたイメージでしょうな。




そんな野郎が無理やりやってみた”サ店めし”はこんなんです。




カフェごはんを狙った鶏みんち丼なんかよう分からんご飯モンです。

先日のタコライス用鶏そぼろ、トマトソース、アボガド、レタス、目玉焼きを乗せてみました。

「ダッサイのぅ〜」ってツッコミは厳禁ですよー。



100均のエスニックな敷物なんぞも取り出してみたり。

奥のコーラにレモンが入ってるあたりにも”無駄な努力”を感じて下さいね。
 *平日の昼メシなんで、ラムは入ってませんよ。

アボカドは週末に嫁さんとDVD観ながらチビ宴会やった時の残りです。

ちょいと茶色くなってたとこを削って、ご飯に混ざるよう細かく刻んでみました。

鶏ミンチは、レンジで温める時にケチャップ、ソース、液体のカレーソース?少々を加えて味を変えました。

私が目玉焼きを作るときは、かならず水を差してフタをして短時間蒸らしてます。

ただそうすると黄身の表面が白くなります。今回は珍しく蒸らしナシにしてみました。

片面だけをじっくり焼くと黄身は生に近いけど底がカリッとなって意外に旨いモンですな。



ここまで書いて、ふと思うたんですが、皿にもるこの手のスタイルの方がやや野菜が入れやすいかもしれませんな。

普通の丼に盛り付けるとあんまり生野菜って合わん気がするけど、こうやると”まあアリかな”程度には思えますわ。

ただし、生野菜と飯をグチャグチャ混ぜると食べてて、”これはホンマに合うてるんか
?”って疑問も浮かぶんですけどね。

タコライスで慣れたからアリやとは思えるんですが、頭の片隅で?マークがチラッと浮かぶのも正直なトコですわ。


この日の昼メシでタコライスに作った鶏そぼろは打ち止め。

思ったより早くなくなったんで、もっと作って冷凍すりゃ良かったかなぁと思いました。


外でカフェごはんを食べようとは思わんのですが、やっぱり盛りつけはもうちぃと上手くなりたいものです。

家宴会好きとしちゃお客さま用のかっちょええ盛りつけは出来るにこしたことないですもん。


posted by えて吉 at 08:06| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

手抜きであっさりしたもん

ここしばらく家で食べた晩メシのネタを上げてませんので、先週の金曜日に食べたモノを。

東京旅行では基本的には飲み食い無制限でした。体重の方は2kgほど増えましたが、家でもちょいと気を抜くと1kgは増えるんでまずまず許容範囲。

体重以上にしばらく野菜を食べてないと、体が欲しがるんでしょうか、野菜が食べたいぞぉ〜と思いながら用意しました。

とはいえ、先週はなにかとバタバタ続きやった上に、嫁さんの晩メシがいらん日が多くてイマイチ料理欲は弱め。



この日はなんとか家で食べましたがかなり手抜きでした。




スーパーの鱧に手を出した晩ご飯・鱧の落とし
・冷や奴
・オクラの柚子胡椒入り味噌ダレがけ
・ゴーヤーのスライス
・ナムルの盛り合わせ(惣菜)
・納豆
・モズク



作業はオクラを茹でて、ゴーヤーのスライスをやっただけです。

申し訳程度に、オクラのタレを味噌ベースで作りました。甘みを足して柚子胡椒をちょいと多めに入れたら味噌に軽さが出てそこそこ行けました。

メインをスーパーの鱧にしましたが、けっこう下味?の塩みを感じました。

安モンの鱧やと塩を効かせると誤魔化されるんでしょうか・・・。なんとなくマシに感じました。

野菜はそんなにないですが、海藻やら納豆もなんとなく優しいし、全体にあっさり、サッパリで割とこの日の気分に合うてました。






旅行から帰ったばかりやのに、妙にソワソワしております。

どうも電車オンリー&大都会ってのが、楽しいながらもストレスだったようです。

長時間のドライブしたい、緑見たい、海入りたいって気分です。


今週末は嫁さんが職場の慰安旅行で2泊3日で出かけてしまいます。
なので嫁さんと一緒のドライブは無理。

ニャンズの世話もあるし、天気もまだイマイチ以下やし、来週末はまたしてもちょいと旅行に出る予定が入ってるし・・・。

家でおとなしくしとくべきやと思うと余計に出かけたくなるのが堪え性の無さですね。(^ ^;)


posted by えて吉 at 11:07| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

アレンジしたオムライス

何日か前に珍しくもテレビを見る機会がありました。

ここ2週間は大相撲が開催されてたんで多少中継を見ましたが、普段はほとんどテレビを見ない我が家。

なんでテレビを見たのかは覚えてませんが、久方ぶりでした。

ちゃんねるも番組も覚えてませんが、その時の特集が「オムライス」。

そんなベタネタをよう流すわと思いながらも、見ててワクワクしたんで”アリ”なんでしょうね。

私にとってのカレーやうどんほど日常的に食べるものではありませんが、時々無性に食べたくなりますね。

オムライス以上に無性に食べたくなるのは親子丼。

好きなカレーもチキンカレーやから、結局”鶏とタマゴ”が私のキーワードなんでしょうか。

前にも書いたかもしれませんが、うちのブログが検索でかかるダントツのトップがオムライス。

今月になって岸和田の「かしみん」がどっかのメディアに登場したのかやや目立ってますが、それでもまだまだ小粒。

ほとんど毎日のトップがオムライスですわ。

アクセス解析を見るたびに飛び込んでくる”オムライス”の文字。

潜在的にはいつでも刺激を受けてる訳ですわね。それをテレビの映像なんぞで刺激された日にゃー。

私が作るオムライスは、前回作ったコレのように、ふんわりオムレツにソースを掛けるタイプが多いんです。

いっつもそればかりじゃおもろないかと今回はちょいと工夫してみました。


家庭的なタマゴは薄めで中がケチャップライス(チキンライス)のオーソドックスなヤツを念頭に置きつつアレンジってパターンで行きました。


タコライスの具でメキシカンピラフ風の中身に前日のタコライスに使った鶏ミンチを流用。

ケチャップを加えてメキシカンピラフ風の中身に。

ミンチ以外にはタマネギ、ちょっと贅沢してマッシュルーム、
彩りに3色のパプリカも加えました。



ちょいとピリ辛やけどしっとりしたケチャップライスってなモンが出来たところで、タマゴで巻き巻き。

今回は家庭風ですからしっかりと焼き目を付けることに。


玉子をややしっかり目に焼いたオムライスが完成ほぼ狙った通りの出来になりました。(^_^)v

フワフワオムレツ系が好みですが、メキシカンっぽい中身には
このくらい表面をしっかり焼いたのが合うてました。

タマゴは2個使ってるんで薄くはなく、ふんわり感もある程度
あったんでなかなか旨かったですわ。



中身のチャーハン?は半分残しといて嫁さんにも夜に作ってやりました。

昼メシに作ったモノってあんまり嫁さんは食べる機会ないんです。

でも今回のヤツはぜったい後になって”アタシも食べたかったぁ〜”って言われると思ったんで残しておきました。

かなり喜んで食べてたので、残してやって良かったですわ。




posted by えて吉 at 09:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

鶏ミンチでタコライス

20日の木曜日に作った料理です。

暑くなってくるに従い、暑い→海→沖縄→タコライスってな連想が起こってしばらく前から”タコライス”モードでした。

某コンビニで沖縄フェアーをやってることを読んだり、近所のスーパーでも沖縄の食べ物を特集したり。

ホンマは梅雨明け後のギンギンに暑い日に食べたかったんですが、我慢しきれずに作ってしまいました。

いつもは合い挽きミンチでやるんですが、今回は鶏のひき肉でやってみました。

胸肉とモモ肉を混ぜてみることに。

タコスに入れる肉を作る”タコシーズニング”は我が家には常備されてるんですよねぇ。
みじん切りのタマネギを1/2個、ニンニクのみじん切りを用意して料理。

鶏ミンチがある程度炒まったところで、シーズニングを1/2袋ほど投入。

私はいつも思うんですが、輸入モンのシーズニングって甘みがいっこもないんですよね。

スパイスの香りはええけど、味は塩気ばっかり。タコスをやるときでも好みやないので、自分好みに改良。

ケチャップやソース類を加えて甘みとコクを足してやりました。


晩ご飯にこの手の丼モンはあんまり好きやないんですが、出来たてのニオイに釣られてしまいました。



鶏ミンチで作ったタコライス鶏ミンチで作ったタコライスです。

乗せた具が分かりやすいように変な盛りつけにしてます。(^ ^;)



ホンマはサルサソースをダッポリと掛けたいところですが、平日の家族メシにはもったいなくてパス。

生トマトだけで我慢しました。代わりにタバスコをチョイチョイと。

鶏でやると予想通りあっさり目でした。チーズも使うんで私にはこれくらいでも文句なかったですわ。

ガッツリと濃い味を楽しみたい人はやっぱり牛か豚でやるほうがええでしょうね。






昨日、嫁さんは昼過ぎの披露宴に出てました。

私は外食許可をもうてましたが、よい子なんで家で料理しました。

すると帰ってきた嫁さんが



 「エライ!! 褒美に飲みに行こう!!」



と、男前発言。


前にも行ったことのあるバー1軒と新規開拓の1軒。間に初めてのラーメン屋をシバいて帰ったところまでは問題なし。

ちょいとパソコンを触ろうとしたのは覚えてますが、次に気が付くとなぜか廊下。

我が家は台所と寝間の間にトイレがありまして、その前が2m弱の廊下になってます。

その廊下にはニャンズトイレが二つ並んでまして、かなり狭くなってます。

昨晩はなぜかそのニャンズトイレの横の狭いスペースで力尽きたようです。

先に寝てしまった嫁さんに起こされることもなく、しばらく廊下に寝てました。

朝方に気付いてベッドに入りましたが、おかげで朝起きると体中がミョーに痛かったですわ。


あと3歩で、自分のベッドやっていうのに・・・・。

posted by えて吉 at 12:59| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ゴーヤー調理3連発

旅ネタが続いているのでこのあたりで、家メシを上げておきます。

とはいえ昨日は料理らしいことをしてないので、旅行前の冷蔵庫整理の料理で。

先週は奈良のばあさまのトコに食事を届けました。その時に我が家用にと渡されたのが大量のゴーヤー。

前日には実家用にとオヤジにしっかり持って帰らせたようで、我が家用だけに大小10本くらいありました。

自分で買うた時は、半分をゴーヤーチャンプルー、残りを2回に分けてスライスで、なんて具合に1本で結構楽しみます。

旅行に出る間際に有無を言わさず持たされた大量のゴーヤー。

そのまま旅行に出たら帰った頃には処分せなアカンかと旅の前々日にヨイショとばかりに踏ん切りをつけて料理にかかりました。

仕事でも料理でもそうですがあまり大量にあるとやる気って萎えませんか?

単純に賽の目に刻むだけでもかなり時間が掛かりました。

とりあえず火を通してしまって、冷凍でもしようかと料理スタート。

まずは中華系にしてみました。

ニンニク、生姜のみじん切りを炒めて香りを出したところへバサッとゴーヤーを投入。

ある程度炒めたらオイスターソース、たっぷりの豆板醤を投入。

そこに紹興酒を適当にドボドボっと注いでやります。

予め少量の水で溶いておいた日本の味噌と甜麺醤のミックスを加えて更に加熱。

焦げる寸前まで水分を飛ばしたら完成。

味噌で味に幅が出来るから肉類は加えてませんが、ミンチやら肉類を加えるのもありでしょう。


つづいてイタリアンに。

トマトソースを作る要領で、料理してゴーヤーをその中でじっくり炒め煮。

ちょいとコクが欲しかったのでアンチョビソースを加えてみました。

そのままスパゲティなんかと絡めてもええし、オープンサンドなんかにもええ感じでした。

最後はカレー味。

ゴーヤーを炒めて、カレーパウダーやカレー作りに使うスパイス類をてけとーにフリフリ。

昼メシに食べたレトルトカレーが少し残ってたのでそいつも加えてさらに炒めて完成。



ゴーヤーを洋中印の3種類にゴーヤーの炒め煮を洋中印3バージョンで。

日持ちを考えてしっかり加熱、水分少なめを心がけました。


それぞれが弁当箱1杯分くらいずつ出来ました。

食べきれる訳無いなと思い、嫁さんに電話。

小分けして職場の人に押しつけてもらうことにしました。

おかげで一気にかなりの量が片付きました。


じっくり系の炒めモンを3種類も連続でやるとかなり疲れてしまいました。

自分の晩メシは飲み中心で軽く済ませることに。


その中で1品だけ新作にチャレンジしました。



さっぱりして美味しかったトマト納豆それがこのトマト納豆。

納豆の日の記事のコメントで教えて貰った料理です。


ばあさんの庭で出来たトマトを使いました。混ぜ合わせるのにちょうどええかんじにやや若めやったんです。

皮を包丁で剥いて適当に刻み、よく混ぜて味付けした納豆と青ネギとざっくり混ぜました。

天に細かく切った大葉をたっぷりと。さっぱりしてなかなか夏向きの納豆になりました。




晩メシ全体は残り物を加えてこんな感じです。




私の晩ご飯全体・ゴーヤー3種類
・納豆トマト
・和風ポテト
・ほうれん草
・ぜんまいの炒め煮


最近はまってるウィスキーソーダなんかと食べました。

旅行では激しく飲み食いするやろうと思ってたので、節制の意味もありました。


嫁さんにはこれだけじゃちょいと可哀想かと思いもう一品用意。





嫁さんにはゴーヤのトマト煮でオムレツを玉子の在庫処分も兼ねてオムレツに。

ゴーヤーのイタリアン風をソースにしました。
なかなかよう合うてたとおもいます。




旅行前に食材をぎょうさん貰うんは考えものですね。






さて、こうして旅行前になんとか処理したゴーヤーくん。

昨日、実家のオカンから電話がありました。



 「あんた、旅行から帰ったんやったらゴーヤー取りにおいで」
 


ほとんど命令って感じの口調で言われてしまいました。

私が旅行に行ってる間も毎日のようにゴーヤーが育ち、ばあさまに持って帰らされたようです。

智恵を絞って使ってるけど、もう限界やとのこと。

ヤツらは一気に育つんが問題ですね。2ヶ月ほど掛けてちょっとずつ熟れてくれりゃええのに・・・。


今日か明日にでも実家に取りにイカンとあきませんわ。

夏になるとこうなることが予想出来たから春頃からスーパーにならんでも出来るだけ買わんようにしとったんですよね。

新たなゴーヤーたちはどうやって食べましょうかね。



posted by えて吉 at 08:59| 大阪 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ご褒美に”だれやめ”

夏バテで食欲が落ちるってことは、あんまりない方です。

でも今週は夕方になって暑さでやられて疲れたなぁと思う日が多いですわ。

火曜日はばあさんへご飯を届けて、一旦家に戻って再度姪っ子のお守りへ。

姪っ子は風邪引きで幼稚園を休んでました。最後の1時間ほど熱が上がったせいかえらくグズられてしまいました。

横で見てて可哀想やけど、なんにもしたられへんし・・・。

7時半頃に妹の家を出た時は、妙に疲れておりました。

そこからまともに料理するきにならんかったので、簡単に済ませることに。

簡単に済ませると決めたと同時に、この日は酒も解禁。

色々と他人のために動いて疲れたんやから”だれやめ”のご褒美くらいええやろうと。(^ ^;)





手抜きをしたら珍しく動物性たんぱく質が多めになりました。




動物性たんぱく質多めの晩ご飯・太刀魚のお造り
・鶏むね肉のタタキ
・豚の冷しゃぶと野菜
・ぜんまいの炒め煮
・タケノコとコンニャクの炊き合わせ
・冷や奴
・和風ポテサラ
・ゴーヤーとシーチキンのマヨネーズ和え


冷しゃぶが3切れほど残ってるのを忘れてました。

太刀魚をまず買って、ちょっと足らんなぁと鶏のタタキまで買うてしまいました。

豚シャブのことを覚えてたら、買わんかったと思うんですけどね。

この日は最初に1缶だけビールを飲んで、泡盛へ。

”だれやめ”やなぁと思ったんで、芋焼酎も考えましたが、サッパリした島酒に。



晩メシで酒を入れたらちょっとばかり復活。

飯のあとで嫁さんの弁当の用意をしました。元気が出たのでやっと火を使う気に。

ゴーヤーとシーチキン、鶏のタタキの余りを炒めてケチャップで味付け。

用意と言うても料理はこれだけで、あとは残りモンを詰めただけですけどね。




昨日、今日と続けて久々に裁縫針を手にしました。

昨日はイージーパンツの裾がほどけてたのをチクチク。

今日もイージーですが別のヤツにボタン付け。

こっちはウェストのトコにヒモがあるんで、1年以上ボタンがないままでした。

週末のお出かけで楽ちんな格好がしたくて何年ぶりかに裁縫箱を開けました。

ボタン付けくらい一瞬で出来ると思ってたのに、1回目は最後の最後で糸を結ぶのに失敗。

結び目がえらく手前に出来て、そこからやり直しに失敗。

ムカーッて来たんで、全部切ってもういっぺんやり直しました。(^ ^;)

久々にの縫い針は我ながらあきれほど”手についてない”状態。

なんかえらくドンクサイ手つきでした。
 *嫁さんの包丁さばきを思い出したのは内緒です。 


裁縫箱は小学校の頃に家庭科で買わされたヤツ。

フタの裏に黄ばんだ針の本数チェック表なんかが貼ってありました。
針をなくしたら危ないから授業の前後に数えてたんでしょうね。(全く記憶なし)

下の段に未だに当時の実習で使ったキレの端っこが入ってるんですよねぇ。

なんでそんなゴミを入れたままにしてるのか不明ですが、たしかエプロンを作ったかと。
夏になると夏休み、小学生ってなキーワードが浮かぶ時があります。

裁縫箱は夏とは無関係やけど、な〜んか懐かしかったですわ。



posted by えて吉 at 12:01| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しつこく”汁掛けご飯”

汁かけご飯なんて、大っぴらに食べてると書くのがはばかれる食べもんやと思ってます。
なんでもそうですが、いっぺんオープンにすると怖いモンはなくなりますなぁ。

以前から味噌汁があまれば、次の日の朝にはよくぶっかけて食べてました。

ブログをやりだしてから、ほとんどクセのように食べたモノを写真に撮ってます。

ネタにすると思えんでもとりあえず撮っとくって感じですね。

でも今まではさすがに汁かけ飯は、”行儀悪い”、”やっちゃいかんこと”ってイメージがあって撮ったことなかったんです。

ある日フト、こんな汁をぶっかけただけのモンでも、盛りつけやらネーミングでどうにかなるんちゃうか?と思ったわけです。

それが先日のアホネタに繋がりました。

コメントはまったく付かなかったので、あきれられてたかもしれませんが・・・・。




しつこいと言われそうですが、暑い時期の冷たい味噌汁掛けご飯をもう一発行ってみました。



今度はなめこ汁で汁かけご飯前日の舞茸なめこ汁でやってみました。

彩りを意識してほうれん草とミョウガ、青ネギなぞをあしらってみました。

なんぼ頑張っても汁かけご飯ですが・・・。


ミョウガがはいるとやっぱりさっぱり度がアップしました。

ミョウガって夏ミョウガと秋ミョウガがあるようですが、私には夏場の爽快なイメージです。

この日は食べるときに柚子胡椒をプラスして、さらに爽やかな味にしました。


うちの実家は決してお上品な家ではなかったが、汁掛けご飯は御法度でしたねぇ。

皆さんはどうなんでしょ。

やっぱりこんな記事を読むと眉をひそめてしまいます?



ところで、”汁かけご飯”と”猫まんま”って別モンですよね?

私にとって「猫まんま」とはご飯に醤油をまぶしたカツオ節ってイメージなんですが。

ときどき汁かけご飯とおぼしきモノを猫まんまと書いてるモノがあったような気もします。

ずっと昔から猫を飼ってるせいか、猫の飯=カツオ節って感じです。

猫はあんまり汁かけご飯を喜びそうにないんで、無理に言えば犬飯ってトコですかね。

ガキの頃にご飯に汁を掛けようのとすると「犬のエサみたいやろ!!」ってなことも言われましたしねぇ。

他人様の常識とたまにズレてることがあると思うんで、ちょっと気になりました。

汁かけご飯と猫まんまについてご意見ありましたら、どうぞコメントしてやってくださいませ。





前回の記事はじつはかなりの時間を掛けたんです。

だってそのままじゃすぐバレると思ったんで、GWに出かけた靫公園の写真なんかを引っ張り出しましたし。

”Neonu(ネオーヌ)”なんちゅう嘘っぱち用語まででっち上げましたし。

ネーミングセンスがないサルにはこの言葉作るだけでもかなり脳みそ使いましたよ。(^ ^;)

記事の本文にはなんにも書きませんでしたが、一応”ヒゲのマスター”系ってことでマスターの紹介記事にリンクを追加しておきました。


万が一検索で来た人があの記事を読むと騙されますかねぇ・・・。

ネット上にある情報なんて、自分で裏を取らんとそのまま鵜呑みに出来ないってのはお約束なんで、騙されるヒトのことはヨシとしてしておきましょう。(^_^)v

posted by えて吉 at 09:49| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

晩メシに海鮮丼など

月曜日の晩メシネタです。次の日に奈良のばあさまに料理を持っていくことを念頭に置きつつ昼過ぎから料理してました。

煮物なんかはどうしても一回冷ました方が旨い気がするんで、クソ暑い中フラフラになりながら料理しました。


メインは前日の残り物を食べることにしてました。

日曜日は家で食べるつもりで買い出しした直後に妹から電話。

焼き肉食べたいから一緒に行こうと誘われました。

焼き肉は嫁さんと2人だけで食べると色んなモンが食べられないのが辛いところ。

一度は食材買うたからと断ったんですが、嫁さんが次の日に食べようと主張。

結局その日に食べずに出かけてしまいました。

実家の両親も参加出来てちょいとした宴会になったんで参加して良かったです。



そのおかげで丸々食材が余ったわけですわ。

刺身の盛り合わせは昼間に食べてしまう予定やったんですが、納豆の日ネタで急に焼きうどんを食べたんで夜に回ってしまいました。

そんなわけで晩メシやのに刺身を使った海鮮丼が私のメインになりました。




海鮮丼などで晩ご飯・海鮮丼
・白和え(前日買うた惣菜)
・冷や奴
・和風ポテトサラダ
・コンニャクと筍の炊き合わせ
・ぜんまいの炒め煮
・ナメコと舞茸の味噌汁



海鮮丼のカツオとマグロはヅケにしてやりました。

ワサビを思いっきり効かせて食べたらなんとか美味しく思えました。

ご飯が炊きたてやったのがデカイでしょうね。

コンニャクと竹の子は最初、一緒くたに煮てしまおうかと思ってました。

冷凍してあったちゃんとしたダシを使うからギリギリで変更。

両方の味を変えて炊き合わせにしました。

コンニャクは切ってねじってからフォークで穴を開けまくって、たっぷりのお湯で下茹で。

タケノコと較べて甘みと辛さを強めにした地でしばらくことこと炊きました。
とはいえ、あんまり重くならんように注意してサッパリ目の味付けですが・・・。

タケノコは水煮のヤツですが、ごくごくあっさり目に仕上げました。

ぜんまいはサッと湯がいて、薄揚げ、人参と炒め煮。

こっちはほんだしを使いましたが、これも他の季節より甘みはグッと控えめ。


最近何回も作ってる和風ポテサラですが、こいつも暑い時期仕様として味付けを変えてみました。

戻しておいた干しエビをそれぞれ2〜3片に刻んで、みじん切りのタマネギと一緒に炊きました。

前は角長のようなコクのある濃口で味付けして、砂糖もわりと入れてました。

でも今回は戻し汁に味醂、酒を加えて味付けのメインは薄口で。甘みも控えて軽くしました。

吹かして荒く潰したジャガイモにエビとタマネギを混ぜるときに、加える煮汁を少なめにしました。

ざっくり混ぜてから思いついて、柚子胡椒を加えました。

あんまり練りすぎるとジャガイモの塊がなくなるんで、柚子胡椒は少しずつ丁寧に塗りつけるように加えていきました。

見えてるところ一面に塗り広げたら、ざっくりと混ぜてまた塗るって感じにして全体がペーストみたいならんようしました。

今までは甘辛醤油味やったのが、さっぱりした塩系ピリ辛味になって夏向きのなりました。



私は刺身の盛り合わせを処理したんで、嫁さんには別の残り物を。

冷しゃぶの用意もあったんで、そっちは嫁さんが帰る直前に料理してやりました。



その一部を次の日にばあちゃんに持っていきました。

ばあちゃんには味噌を薄めてハチミツで甘みを付けたところにユズ胡椒を加えたソースを用意。

ばあさんには冷しゃぶ以外にゴーヤーとツナのマヨネーズ和え、ぜんまい、和風ポテサラ、コンニャクの煮物、キノコの味噌汁を持っていきました。



昨日持っていったんですが、マイペースなばあさまは



 「ヒトがおったらゆっくり食べられへん。冷蔵庫に入れといて」



との相変わらずな台詞。

こっちは横で喋ってたらばあさまの食欲も出るかと思って、そっちをメインに出かけて行ったのに、アッサリと追い払われてしまいました。(^ ^;)

だいぶ元気そうになったからこそこんな邪険な扱いもされるわけですけどね。














posted by えて吉 at 11:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

あっさりした親子丼

記事の順序が前後しますが日曜日の昼ご飯です。

この日は嫁さんが用事で午前中から出かけてたので一人で食べることに。

ご飯を炊いて炊きたてのヤツを使った親子丼を食べることにしました。

親子丼は毎週というほどではないんですが、ちょくちょく食べたくなります。

前日嫁さんとDVDを2本見ながら飲んでたら、体が乾いてるような気分でした。

そんな日はあんまり甘ったるい味やとしんどいのでアッサリと。

醤油もいつもの濃い口ではなく薄口醤油を使いました。味醂と酒は入れましたが、砂糖はごく僅か。

暑くなってくると砂糖や濃口を使う量を意識して減らしてますが、この日はかなりさっぱりした仕上がりでした。



あっさり目に仕上げた「親子丼」半熟具合がばっちりでウマーな「親子丼」。

具は鶏とタマネギを煮込んで、玉子を加えてから青ネギ。

やや”つゆだく”気味で頂きました。



鶏とタマネギはほぼ常備してます。玉子も普通なら常備してる食材やと思いますが、ここんとこは消費ペースを抑えてるのであんまり買い置きしてません。

前回買うたヤツを使い切って3〜4日は冷蔵庫に玉子が不在でした。

親子丼を食べたろうと思って買うておいて良かったですわ。この日は買いだしなしで料理出来ましたので。




ここ何日か大阪は熱帯夜のようですが、寝苦しいですわ。

今朝はそれなりに寝れましたが前日は寝付きも悪いし、途中なんべんも暑さで目が覚めました。

まだ体が夜の暑さに慣れとらんのでしょうねぇ。

今日は6時頃まではなんとか布団におったんで、ヨシとしておきました。

このあと奈良のばあさまに食べモンを運ぼうと思ってます。

夕方には先週に引き続き姪っ子のお守りですわ。

その合間に一件寄って用事をせなアカンし、なんだかバタバタしそうですわ。




posted by えて吉 at 08:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

納豆焼きうどんにしました

せっかく今日が「納豆の日」だったことを思い出したので、当日中にネタを上げることにしました。

1本前の記事を上げてからどうやって食べるかしばらく検討。

我が家で定番のイカ納豆やアジ納豆、納豆オムレツじゃオモロないんでなんかちゃうもんをと。

そこでふと思いついたのが、焼きうどん。

ちょっと前に中華焼きそばをやって、今度は焼きうどんが食べたいなぁと思ってたんです。

そこに納豆をぶち込んでみたらどないやろう?と思いつき、早速スーパーへ。


納豆の日のPRつき「なっとういち」ちゃんとラベルに「納豆の日」と書かれたヤツがありました。

ほんまはもうちょっとええヤツを買おうと思ってたんですが
近所のダイエー系はあんまり品揃えがよくなく、こいつで妥協。


まあ、焼きうどんにぶち込むんですからあんまり上等でなくてもええでしょう。

納豆は一旦器に入れて練り練り。

付いてたタレを加えて味を付けておきました。(カラシはパス)

うどんは冷凍さぬきうどんで行くことに。具は納豆でボリューム出るから肉類はナシに。
中華焼きそばで使ったモヤシが余ってたので、そいつとキャベツを山盛り。

中華鍋の鍋肌が傷んだらイヤやったんで、テフロンのフライパンで。

キャベツとモヤシを炒めて塩コショウ、そこへ茹でておいたうどんを投入。

ちょいと日本酒を加えて水分をプラス。味付けはほんだしと醤油で。

味付けを済ませたところへ納豆を洗ったりなしでそのまま投入。

熱を加えるとスゴイニオイが立ち上るので、納豆が苦手な人は料理中は別室におる方がええでしょうね。

納豆を全体に絡めるようにしてザク切りの青ネギをたっぷりと入れて一混ぜしたら完成。
栄養のためにはあんまり加熱せんほうがええらしいので納豆を加えてからは、ササッと手早く混ぜ合わせる感じにしました。





納豆の日に食べた「納豆焼きうどん」納豆焼きうどんを作るのは初めてやと思います。

全体がネバーっとしてますが、なかなか旨かったです。


久々に醤油系の焼きうどんが食べたかったので、醤油味ですが、ソースでも行けそうですわ。

その時は下味のタレはなしがええかもしれませんが・・・。

いつかチャンスがあったら、納豆焼きうどんにどっかりキムチでも入れて辛〜いバージョンも作ってみたいですわ。



皆さんは納豆の日にどんな納豆を食べはりましたか?

明日以降でも教えて貰えると嬉しいです。トラックバックも歓迎ですよー!!





今日はこのうどんを食べてから、晩メシの用意してました。

明日は奈良に住むばあさんに昼メシを届けようと思ってるので、ちまちまと煮物なぞを。
ダシは前に引いて凍らせてあったんで楽でしたが、31度まで上がった大阪で昼間の煮炊きはエライですねぇ・・・。

2時間ほど料理した後は、フラフラになって本日2度目のシャワーを浴びてしまいました。

冷たい水のシャワーを浴びてやっと一息。もうちょっと脳みそがクルクルパーになりそうでした。





さてぼちぼち晩メシの時間。

まだまだ気温が下がってなくて、火を使うのはブルーですが炊きたてご飯を食べるためにもうヒト頑張りしましょうか。

自分の晩メシの後にもう一品料理する予定なんで、今日はかなりの家事労働量ですわ。

posted by えて吉 at 17:51| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は「納豆の日」ですよー

もうちょっとで忘れるところでした。

週末明けの月曜日って曜日や日付の感覚がボケがちなもので。

本日7月10日は「納豆の日」でした。見事にシンプルな語呂合わせですが・・・。

皆さんも納豆を食べてネタにしませんか?

我が家の冷蔵庫には今納豆が切れてるんで買うてこなあきません。



納豆と言えば当然この方

今日の記事では納豆と豆腐をピーマンに詰めてはりますねぇ。

私はどんな風に食べましょうかねぇ・・・・。


posted by えて吉 at 12:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

具だくさんの中華焼きそば

一昨日のお昼ご飯は珍しくわざわざ買い出ししてまで作りました。

タイトルの通り中華焼きそばを作ったんですが、しばらく前から自分の中で食べたい気分が盛り上がってました。

晩メシに麺類はイヤなんでやるとなるとやっぱり昼メシ。

普段、朝昼は食べる量を抑えてるしそのために買い出しなんかせぇへんのですが、材料がなくやむを得ず。

どうしてもキャベツとモヤシが入れたかったのでそいつらを買うて来ました。

ついでに焼きそば用の麺もね。

そばは冷凍のヤツがないこともなかったんですが、出たついでやからと袋入りのヤツを。
その他には家にあった具を総動員。

結局入れた具はキクラゲ、豚、エビ、キャベツ、モヤシ、人参、ピーマンとかなり豪華。
タマネギと玉子を入れることも考えたんですが、多すぎたので断念。



完成したのはこんなんです。



がっつり食べた五目中華焼きそば今回の五目中華焼きそばには麺を2玉使ってます。

ホンマは1/3ほど残す予定でしたが、残しても食べるチャンスが
ないような気がしました。

悩んだ末一人で完食。
おかげで久々に満腹になりました。



体重を保つ努力をしてて晩メシをちゃんと食べるとなると、朝昼は控えめにならざるをえんのです。

おかげで朝昼はいっつも食べた直後でも腹減ったなぁと思ってます。

この日は久々に満腹になりましたが、満腹になるまで食べるってのも一つの幸せですね。

ソース焼きそばも好きですが、たまにはこういう具だくさんの中華味もええですわ。

ほんでコレステロールやらプリン体のこと考えて控えてるエビがまた嬉しいんです。

ソースの時は入れようと思わんのですが、中華やと欲しくなります。

プリプリしたエビの食感が良くて、入れて正解やったなぁと一人で納得してました。

みなさんは”焼きそば”といえばソース味と醤油味のどちらがお好きでしょうか?

<同日追加>

最後に書いたソース味or醤油味ってのは、私の場合ソース味or中華味って意味やと思って下さい。

焼きうどんは醤油だけで味付けしますが、焼きそばは醤油だけではやらないですねぇ。

醤油だけで焼きそばやってもええようには、思いますが未経験です。

posted by えて吉 at 10:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

エビとニラのエスニック炒飯

前日の韓国風なぶっかけうどんに続いて、昨日の昼飯はエスニックなもんを食べました。
いつか書いたことありますが、”エスニック”って言葉は本義(”民族”?)とは関係なく”なんとなくアジアンな”モンに使わして貰いますんで、言葉狩りはご遠慮下さいませ。

ついついこう書くあたり、自分の中で書き言葉としての”エスニック”に幾分かの座りの悪さを感じてるからなんですが・・・。




今回のネタにするエスニック炒飯は、初めて作ったのはもう10年以上前やないでしょうか。

ある日いきなり閃いて作ったんで、ヨソにあるかもしれませんが一応は自分のオリジナルやと思ってます。(^ ^;)

色んなジャンルの料理に対する自分の中でのブームがやってくるんですが、当時はアジアメシに目が向いてたんやと思います。

エスニックと付けてるネタバラしを先にしておくと、単に魚醤(ニョクマム、ナンプラー)を使こうてるだけです。

辛いもん好きの私にしては珍しくアジア風やのに辛味はなしです。





ごっつぅ久々にやったんですが出来上がりはこんなんになりました。




エビとニラのエスニック炒飯エビとニラのエスニック炒飯。

ご飯が軟らかめやったんでややパラッと感には欠けました。

仕上げにレモン(ライムなら更にヨシ)を掛けて食べました。



作り方はニンニクとエビを炒めたらご飯を加えて、ごく軽めの塩、コショウで下味。

仕上げにニョクマムをたっぷり掛けてニラを加えて一混ぜで完成。

写真のヤツはご飯のほぐれ方が悪くてニラを加えてからも、しばらく炒めてます。
そのせいでニラがクタッとしてますが、私の理想では生っぽいくらい状態です。

今回はチューブのニンニクを加えてとこで、なぜか中の油に火が入って火柱が上がりました。

火柱じたいはどうってことなかったんですが、火が落ち着くまでの間にニンニクが焦げて全体の仕上がりがややブサイクなりました。

魚醤って熱を加えると一瞬生ゴミのような凄まじいニオイが上がりますが、その後は特有のニオイが弱くなるんで、逆に苦手な人にも食べるだけならOKかもしれません。

私はニョクマムのあの香りが好きなんで、皿に盛り付けてからレモンを絞ってさらにニョクマムもぶっかけて食べました。

塩は控えめでニョクマムをたっぷり掛けるんでやや全体にベトっとなります。

中華のパラッとしたヤツが好きな方にはあかんのでしょうが、私はもともとしっとり系が好きなんでこういうのもアリですね。

ただし、ご飯はこの日みたいな柔らかめよりパラッとしたヤツの方がええでしょうけどね。

ご飯の柔らかさに加えて、玉子や他の具がないからチャーハンとしてはかなり炒めにくかったですわ。

具が多い方がご飯と混ぜて米粒をバラバラにしやすく感じるのは、私が素人やからでしょうね。

エビでなくても刻んだ豚なんかでもええと思います。

ただ、私がやるときはいっつもエビとニラの組み合わせばっかりです。


チャーハン自体には辛味を付けてませんが、東南アジアのメシ屋のテーブルに並んでる?ような酢漬けの唐辛子なんかがあるとええなぁと思いながら食べてました。

ラー油を掛けようかと思ったんですが、なんかエビとニラのええ香りを邪魔しそうでやめときました。

久々に作ったんですが、自分としては大満足でした。



そろそろ4時になるんで、晩メシの段取りを考えんとあきません。

一昨日、昨日と一人やったけど家で食べたんで、料理が邪魔くさいんですよねぇ。
嫁さんからは外食許可もうてますが、どうしたもんでしょう。


今から「ゴッドファーザー2」(200分)を見てしまうと、途中で腹減って死ぬかなぁ・・・。

posted by えて吉 at 16:22| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コチュジャン味のぶっかけうどん

5日の水曜日に食べた朝飯です。朝メシって言うても食べたのは昼直前なんですけどね。
朝メシに食べるぶっかけうどんはシンプルにメンツユだけをかけることが多いんです。

でもたまには味の系統をガラッと変えるんもええかいなぁと。

そこでコチュジャンを使ったピリ辛のぶっかけうどんに。

具をなにか乗せようかと思ったんですが、イマイチ合いそうなものがなくてネギオンリーで。

蒸し鶏なんぞをほぐしたヤツやオクラなどの野菜を乗っけたいなぁと思うたんですが、朝メシのためだけに料理するのはねぇ。



コチュジャンとゴマだれを混ぜたぶっかけうどんコチュジャン味のぶっかけうどん(冷)。

見た目は赤くて辛そうですが、大したことないです。

食べ出してから刻み海苔をたっぷり加えました。


コチュジャンをベースにシャブシャブ用のゴマだれで伸ばして少しだけ水を加えたツユ(タレ?)で食べました。

コチュジャンもいくつかある調味料の中で、多用禁止にしてるものの一つ。

正しい使い方かは別にしてコレいっちょで煮炊き、炒め物、和えモンとやろうと思えば、かなりの種類の味付けが出来ると思います。

私が一番気ぃ付けてる、ポン酢とマヨネほどではないですが・・・。

うどんに使うときは、チゲ系で熱々の激辛ってのが多いんですが、たまには冷や系にしました。

コチュジャンだけを伸ばすようにしてもええかもしれませんが、ゴマだれで伸ばしたのは正解でした。

ゴマのコクと風味で、コチュジャンの個性がかなり中和されてました。


こんなうどん今までにネタにしてましたかねぇ?

軽く検索かけた範囲では出てこんかったんですが・・・。

常連のヒトで見たことあるでぇっと思った人はお許し下さい。



うちのブログには”同じ料理を載せない”ってルールなんかないんで、どなたも怒りませんよね?




昨日は家で2本も映画(DVD)を見ました。

1本目は私がガキンチョの頃に観た「プロジェクトA」。ジャッキーチェンが香港を舞台に撮ったヤツです。

親なしで映画を見に行ったりし始めた前後にジャッキーチェンにははまってました。

酔拳なんかの初期の作品はテレビやったと思いますが、こいつは映画館で見たような気がします。

カンフーモノで盛り上がって来て、プロジェクトAは当時かなり気に入ってたように思います。

ただ、その次くらいに見た「香港ポリスストーリー」?だったかでガックリ来て、かなり冷めたような気が。

中学時代ってごく普通に流行ってるヤツを見てましたねぇ。

スタローンのロッキーやランボーなんかも何本か楽しみましたし。新しいハリウッドモノに抵抗も無かったですわ。


まあ、その後4〜5年もすると今のハリウッド系はほとんど見なくなって、ビリーワイルダーなんかの古めのヤツ中心になるんですが・・・。



ガキの頃喜んだ「プロジェクトA」ですが、先週末に「TUTAYA」が半額やったんでふと借りる気になりました。

純粋に映画を楽しむっていうより、大喜びで見た当時を再確認するって感じでした。

懐かしさの助けもあって、それなり楽しく見れました。





そのせいでなぜか映画モードになって続けてもう一本。




おちゃらけ香港ムービーとはうって変わって2本目は名作「ゴッドファーザー」。

こっちは好き嫌いを別にしたら誰でも知ってる作品ですよね。

せやけど実はちゃんと見るのは初めてやったんです。

テレビで放映されても、以前はフーンって感じでなんとなく見る気にならず。

ところがここ数年はいっぺんみたいなぁと思うようになってました。

DVDのボックスを買うのもずっと頭にはあったんですが、なんとか思いとどまりレンタル。

マフィアモノや犯罪モノ?が嫌いな人にはアカンでしょうが、初めてちゃんと見ると

「ようでけた映画やなぁ」

と言うのが正直な感想です。

音楽もええし出てくる役者の面構えもええし贅沢やけどはしゃぎすぎてなくて良かったですわ。

晩メシの時は酒を抜いたのに、劇中で皆がしょっちゅう酒を飲むんで我慢出来ずワイルドターキーをロックで舐めてしまいました。(^ ^;)


ゴッドファーザーの2と3も借りてあるんで、ぼちぼち見ていこうかと思うてます。




とりあえずは、嫁さんが借りたCDを明日には返すんで、そっちの処理をせなあきませんけどね。






posted by えて吉 at 08:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

今年も「鱧」食べてます

最近外食ネタをあんまり上げてはおらんのですが、実はそれなりに食べてます。

寿司屋なんかでカウンターに座ってしまうと写真が撮りにくくネタに出来ないことが多いんです。

チャリンコで行ける範囲にある3軒の寿司屋ばっかり行ってる訳ではないですが・・・。



寿司屋に限らず梅雨以降に和食の店に入るとつい頼んでしまうのが「鱧」。

今年はこの時期までグッと我慢してきましたが、6月末に今年の初物を食べたのを含めて既に3回食べました。

鱧づくしのコースでも頼まん限りは、鍋物なんかには手を出せず、毎回”落とし(ハモの湯引き、ハモチリ)”になりがちです。

さすがにそれでも今季2発目は多少他にも目が向きました。


鱧を焼き霜と湯引きの2通りで鱧の湯引きと焼き霜を盛り合わせで。

焼き霜にすると香ばしさが出るから、これもええもんですね。


焼き霜はわさび醤油、おとしは梅肉でということでしたが、途中落としは梅肉とワサビの両方を付けて食べました。

梅肉に山葵を溶いても良かったんですが、この時はワサビをちょんと鱧に乗せてから下側を梅肉にちょんと付ける食べ方で。

梅肉とワサビを混ぜるって食べ方を知ったのはここ何年かのことですが、なかなか旨いですね。

写真の時とは別の店で、鱧をサッと湯がいて温かいままポン酢で食べるって選択肢もありました。

鱧しゃぶの”鍋なし”って感じでしょうか。ついハモチリにしてしまいましたが、そっちを試したら良かったなぁと今になって思ってます。(^ ^;)

それにしてもフグと同等かそれ以上に味があるんかないんか分からんのが鱧。

梅肉の味だけやんけぇ〜ってヤツも居てますが、あのアッサリしたんが好みなんですよねぇ。

季節の風物詩といえる食べモンでも毎年食べない物が多いのに、鱧は必ず食べてますわ。



ところで今シーズンはスーパーでは春先には何度か鱧が並んでました。

でも、ここんとこは並ぶことは並ぶんですが例年よりずっと少なめ。

いつもは値段の上下で国産と中国産とか、天然と養殖(生と解凍?)とかバリエーション付きで並ぶのに。

なんでなんでしょうね。たまたまなんでしょうか?

色んな魚が減ってますが、ハモまでそんなことにならんといて欲しいものです・・・。



嫁さんは昨日晩メシがいらんかったんですが、今日もいらんようです。

私は昨日イヤイヤもなんとか家で食べましたが、か〜なり痛い内容でした。

一人で全部するんはダルいんですが、どうしましょうかねぇ。今日の晩メシ。




posted by えて吉 at 08:23| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

おやつに”とうもろこし”

本日の宴会の仕込みがほぼ一段落。昨日は夕方にうたた寝したおかげで、夜中の3時過ぎまで眠れず。

嫁さんの助けのない宴会なので先ほどまで1時間ほど昼寝して、エネルギーを充填。

中途半端な時間帯なのでちょいとネタをアップしておきます。

奈良のばあさまが作ったとうもろこし奈良に住むばあちゃんが庭で作ったトウモロコシ。

シンプルに蒸してみました。

蒸し上がりたてにバターを一切れ。
でも一口目はバターの素のトコから。


今年初めて作ったトウモロコシやそうですが、前日に取ってきたばかりだったせいかめちゃ甘くて旨かったですわ。

塩茹でにするか迷ったけど蒸しでも味付けの必要がないほどでした。

バターの滲みたトコは、またべつの旨さでしたけどね。





本日のツレとの宴会は、時間、場所等まったく未定。

先週にとりあえず会う約束だけして、当日の仕事に目処が付いたら電話を貰うことにしました。

ツレには料理するとも言うてないのに、勝手に料理したわけですがホンマにそいつは来てくれるんでしょうか・・・。

普段の東京での仕事は激務だと聞いてますんで、出張先の大阪でも仕事が伸びて伸びて、



「すっまーん、行かれへんようになったわ」




な〜んて電話が掛かってこないことを願っております。(^ ^;)





今日家で飲もうと思ったのには、そいつに私の作ったモノを食べて貰おうと思った以外にも理由があります。

上のトウモロコシを作ってくれたばあさんが夏場になって、弱ってるらしいんです。

一人で住んでて、暑くなってきて庭の作業も控えめ。
   ↓
体を動かさんから、食欲が湧かん
   ↓
食べへんから体力が落ちる


ってな悪循環に入りかけてて、ここしばらく親父はよく泊まりに行ってるそうです。

誰かが一緒やと食欲も多少は湧いてくるようで、泊まった日はそれなりに食事が出来るようなんです。

2年前の夏にも同じような状態になってたので、できるだけ誰かがそばにおる方がええようです。

そこで私もたまには昼メシを持っていくことにしたんです。

明日は昼になんぞオカズを運ぼうと。

そのために今日料理して一部をばあさん用にしようと思ったわけです。

野郎のツレとはいえやっぱり手料理を食べてもらうのは嬉しいですし、ばあちゃん孝行にもなるってんで嫁さん抜きの自宅宴会を決めた次第です。

いっつもヒマにしてる主夫もばあちゃん孝行出来りゃ、多少の価値ありですよね?


posted by えて吉 at 16:16| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

油で揚げないトンカツ?

先週の木曜日の晩ご飯です。直前まで食べたいモノが浮かばずに悩んでたんですが、なんとか用意しました。

しばらく前から食べたいなぁと思ってる油物(特にとんかつ)っぽいものを食べることに。

ホンマはフツーに油で揚げてもええかと思ったんですが、実験してみたい心がうずいたので。(^ ^;)


とんかつもどきをメインに晩ご飯・油で揚げないトンカツ
・メカブ
・卯の花(惣菜)
・ピーマンとシメジの炒め煮
・冷や奴
・焼き茄子
・切り干し大根の酢醤油煮
・タマネギとエノキの味噌汁
・ご飯


普通のトンカツの作り方でパン粉まで付けてオイルスプレー?でごく僅かな油をつけてから、オーブントースターで焼きました。

節制生活を始めて少しした頃やから1年半ほど前にオイルスプレーのことを知りました。
ところがオサレーな台所用品コーナーで手に取ると3000円だかの値札が。

あまりの高さに引いてしまい、結局買えずじまい。

そんなスプレーを10日ほど前にホームセンターに行ったときにたまたま見付けました。
900円ぐらいでまだ高いとは思ったんですが、前にみたヤツと較べて安かったので買うて見ました。

ミスト状で出るんですが、ホンマに出る油の量は少なそうです。

トースターで両面焼いてやるとかなりあっさりしてますが、雰囲気はかなりトンカツっぽかったです。

一口カツ用の肉を一人あたり3つだけやから量的にちぃとモノ足りませんが、飯がよう進みました。

他は残りモンと惣菜、味噌汁はほんだし使用なんでかなり手抜きです。





今日は東京から出張で大阪に戻るツレと飯を食う予定。

週末から外食が続いてるんで、家で呼んで私の料理を食べて貰おうと思ってます。

酒を飲まんヤツなんで私の作る酒の肴系で満足してもらえるかビミョーですが・・・。

献立はまだな〜んにも考えてないんで、急いで考えんとあきませんわ。

夏場はやっぱり何品か冷たい料理を出すやろうから時間がかかります。

そのへんを考えると料理自体は簡単でも早い目に掛かった方が良さそうです。




posted by えて吉 at 08:18| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

穴子のトマトスパゲティ

29日の木曜日の昼メシに食べたのがこのスパゲティです。

昼メシに食べたってことは、残りモン処理&てけとー料理ですわ。

前日の晩メシに食べた焼き穴子が1.5匹残ってたのでちょいと贅沢やと思いましたが昼メシで片づけることに。

この量じゃ晩メシに回しても嫁さんと2人で食うには足らんと思うたからです。

作り方はかなり簡単でした。スパゲティを茹でるのは平日のお約束で電子レンジにおまかせ。

今回はいつもより30秒短めにしました。

ソースは作り置きのトマトソースが冷凍してあったので、そいつを使いました。




あっちゅう間に出来たのはこんなスパゲティです。



穴子のトマトスパゲティ穴子のトマトスパゲティ。

いつもとちがってソースの中でパスタを炒めながら絡めてやりました。

簡単な割にかなりええ出来でしたよ。


出来がええとワインなんぞが欲しくなりますが、休肝日の昼間なんでなんとか我慢。

今回で少しずつ使ってきたトマトソースのストックが終了。

トマトソースは常備しとくと洋モン料理ではメッチャ便利なんでまた近いうちに作らんとあきませんわ。




今日は昼メシ時に嫁さんとちょいとしたイベント事に出かける予定です。

時々行ってる天王寺のバー「ピーコート」が主催する”ウィスキー寺子屋”ってのに参加予定なんです。

以前にもウィスキーと牡蛎を楽しむイベントに行きました。

今回は「ウィスキーと楽しむイタリアン」ってのがテーマ。

前菜から始まってパスタ、メイン、デザートのそれぞれに異なったウィスキーを飲み方も変えて楽しむ予定です。

がっつり飲み食い出来るようにこれからちゃんと朝ご飯を食べて、体勢を整えとこうと思ってます。(^_^)v

posted by えて吉 at 09:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

嫁さんも食べると思ってましたが

今日から7月ですか。一年の半分が終わったって訳ですが、主夫の平穏な毎日はあんまり関係ないですねぇ。


ただ今月は妙に予定が入ってます。予定の半分は嫁さん単独ですが・・・。

2人で行動できる自由な週末がすでにほとんどないって感じです。

私は携帯の予定表を使ってるんですが、普段はほとんどガラガラ。

ところが嫁さんの予定を含めるとすでに半分はなにか書き込みあり。

予定表に空白があると落ちつかんって人もあるようですが、私の場合予定が入ってるだけで気ぜわしいですわ。

主夫になる以前からそうなんですが、マイペースにその日の気分で動くんが好きなんですよね。



今日も午前中に嫁さんと出かける予定があるんで、そろそろ本編に行きましょう。



水曜日の飲み食いネタです。

前日は久々に会うた先輩と飲みましたが、ごく軽め。元々のルールでヒトとの飲みはノーカウント。

休肝日が1日減るけどヨシとして酒を飲むために晩メシを用意しました。


自分しか食べなかった晩メシ・焼きエノキおろしポン酢
・ゴーヤーと蒸しささみ
・ミミガーサラダ(エスニック風)
・焼き茄子
・焼き穴子
・冷や奴
・常備菜3種盛り合わせ


メインはお造りにでもしようと思ってスーパーへ。

ところがこの日は食指の動くモノがなく店内をなんべんも回るハメに。

チビッコい焼き穴子が3匹で398円やったんでそいつで済ませることに。

これは食べるときにアルミホイルに包んでトースターで温めてやりました。

薄めに味がついてたので、なんにもつけずにそのまま頂きました。


エノキは安かったからなんに使うか考えず買うてしまいました。

洗ったらいくつかの塊に分けてフライパンで押しつけながら焼きました。

裏表に軽く焦げ目を付けてポン酢で。


ミミガーは少し前にヨソのブログで見かけて食べたくなりました。

2月の宴会で一応用意したヤツの残りが冷凍庫におったんで朝イチで解凍。

ミミガーの食べ方は和え物風で食べるのが多いんですが、この日はサラダ風に。

スイートチリ、ニョクマム、レモンで簡単なエスニック風なタレを作りました。


もうそろそろヤバイササミの蒸したやつがあったんで、処理の食べに食べました。

ゴーヤーのスライスと一緒に市販のドレッシングで。

この日はちょいと動物系のアテが多めになりました。

焼き茄子は昼間の暑いときにやるのがイヤで、すこし暑さがマシになった4時頃に。

いつもより遅めの晩メシにすればなんとか冷たいの食べられるやろうってギリギリに焼きました。

嫁さんにはよう冷えたヤツを食わしたろうと思ってたのに、料理した後で電話あり。

仕事が貯まってるからメシは外で済ませて、遅くまでやってくるとのこと。

一人やったらここまで用意せんかったのに・・・とは言えませんわね。


冷や奴と常備菜の山菜、切り干し大根、ピーマンとシメジの炒め煮なんかを加えたら品数たっぷりで満足しました。



昨日、一日早いですが7月分の生活費を下ろして来ました。

その帰り道に車でいつもの酒屋へ。レギュラーの酒の補充をしてきました。

それ以外にこの日は4合瓶で泡盛の古酒も1本だけ。

今月は年に1回甕で寝かしてる「琉球王朝」を開けて味見する予定。

仕次ぎ用の2番?甕はないので、代わりに市販のヤツを買うて来ました。

この「琉球王朝」のことはブログを始めたごく初期にネタにしていますが、平成14年に嫁さんがプレゼントしてくれました。

9年に製造のヤツなんで、貰った時点で5年モノでしたが、今年で9年モノに。

自分の中ではちょいと値打ちが出てきてます。(^_^)v


ちなみにこの日に寄った酒屋の大将は、沖縄好きで最近は泡盛ばっかり飲んでると。

喋ってて古酒の話になったんですが、大将の秘蔵品はあの「泡波」で13年置いてるヤツやと。

新酒でも旨かったから13年にもなるとええんでしょうねぇ。

ただし大将も言うてましたが一升瓶なんで開けるタイミングがなかなかないようです。

”なんかの時”と思っても、貴重なモンだけになかなかその”ナンカ”やと踏み切れんのでしょう。


今月に宴会があればその場で琉球王朝を出すところですが、タイミングないかもしれませんわ。





posted by えて吉 at 08:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

見事に忘れてました

今朝っていうてええのか微妙ですが、3時に目が覚めてから眠れまへんでした。

越後屋が足元で広い場所を取ってたせいでしょうか。

今日の大阪の天気予報は雨時々曇り。まだ雨は降ってませんが、そのせいでしょうか空気がベッタベタです。

とりあえずケモノ(毛物)ネタをいつまでトップにしとくのは、マズイので軽く記事をアップします。

マズイのは、うちは飲み食いブログであってペットブログではないから。

決して越後屋の人気を妬んでるわけやないですよ。




では、本題を。

記憶力のなさについてはしょっちゅう書いておりますが、またしても実感するようなことが。

それは水曜日の昼メシ時のことです。

うどんかカレーという選択肢の中で、この日はカレーをチョイス。

体重を1日で1.5kg減らした翌日やったんで、自分へのご褒美にカレーをガッツリ食うことに。

茶わんに軽く1杯分のご飯を冷凍してるんですが、いつも1個のところをこの日は2個食べることにしたんです。

ここ何回かレトルトのカレーを食べてたので、久々に自家製のヤツを行くことに。

1階の和室は今、夏と冬の色んなモンでスゴイことになってまして、その山を掻き分けて冷凍庫へ。

冷凍カレーの山をチェック。

積んであるタッパのいくつかには輪ゴムを巻いてあります。

誰が巻いたかと言えば、なんぼ器用な越後屋でも無理ですから、私しかいてません。

たしかに”区別のため”に巻いたのは覚えてます。

でも肝心の区別の理由が思い出せませんでした。

輪ゴムを巻いてないのがレギュラーとして、なにが違うのか・・・。


食うて死ぬようなモンが入ってるわけないんで、そいつを食べてみることにしました。

ここ最近の自分の流行りはサラサラのルー。

レトルトにも水を加えてかなり粘りを減らしたんが気に入ってます。

まず電子レンジである程度解凍してから小鍋へ。そのままではなくある程度の水を加えました。

薄まった分はカレー粉やコンソメで調整。




出来上がったのはこんなカレーです。



わざわざ区別したのに中身を忘れてたカレールーの色がレギュラーよりかなり赤くて鶏がゴロゴロと。

食べてみるとほていの焼き鳥缶詰(HP)を思い出す風味がしました。


缶詰と自分が手間を掛けて作ったモンをいっしょくたにするのもなんですが・・・。

缶詰でやっと思い出しました。たしか炭火焼きバージョンやったことを。

食べてからこのブログ内で検索をかけてみました。

ちゃんと前回のカレー作りの記事を発見。

すっかり記憶がなくなってたんで新鮮な気分で自分の記事を読んでやっと細かい事情を確認しました。(^ ^;)

メインのヤツを作ってから、余計な手間かけて七輪で焼いたんでした。ほんでこっちには市販のカレールーもちょっと使ってると。

作ってるときはかなり頑張ってたハズやのに、ここまで忘れてる自分が見事やなぁと感心しました。


後半を読んで分かったんですがこいつは「やや激辛」バージョンやったんです。

どうりで食べ終わってからスゴイ汗が出るはずです。

”やや”とは付いてますが、嫁さんなんかには食べられへんかもしれんレベル。

暑い時期に食うと見事なまでに汗をかきました。



それにしても私みたいなヤツにはブログってほんまにええ備忘録ですね。

右上のサイト内検索って、自分が一番使ってる気がします。




posted by えて吉 at 05:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。