2005年11月11日

沖縄の南大東島産ラム酒「コルコル(COR COR)」

家に届いたのはちょいと前になりますが、気になるお酒を手に入れたのでネタにしておきます。

手に入れたのはタイトルの通り沖縄県の南大東島で栽培されたサトウキビを原料にしたラム酒です。

なんでも沖縄電力の社内ベンチャー制度で生まれた会社「グレイスラム」が作ってるそうです。
 *上記リンク先で販売もしてはります。私はそこで購入。

このお酒のことを知ったのは、nanameさんの「やむやむ」で読んだのが最初やったと思います。

 *沖縄生まれのラム酒「COR COR」発売!

7月16日の記事で、その時点では8月から予約販売とのことでした。

その後、「ディープコザ発・沖縄ブログ」のマ〜コさんがオールアバウトで記事にしてはりました。


女性社長の夢が実った! 沖縄県産ラム誕生 南大東島で生まれたラム酒
 
こんだけ読むとどうしても味見したくなりますよねぇ。

どんなモンでもそうでしょうが、初めて作るモノを出荷しだした当初ってあまり期待は出来ません。

ラムなんてもんは中南米あたりが本場ですよねぇ。
なんぼサトウキビがあるからって言うて、いきなり作れるように思いません。

フランス人がいきなり日本酒作りましたって聞いて、美味しそうに思わんのと同じですわ。

日本人の気質を考えると、当初からそれなりのモンを売り出す可能性もありますが・・・。

最近、本場のええラム酒ってやつに興味が出てきますが、今回のはそれとも別。



買った理由のトップは、物珍しさ。

いろんな記事で書いて来ましたが、私はあんまり酒の味が分かりません。

それでも家に100本以上の酒があるのは、根っこに「収集癖」があるから。

隠してもしゃあないんで、その辺はバラしておきます。

どんなもんが出来るにせよ、味見したい、自分の酒棚に加えたいって気持ちが一番でした。



もう一個は、沖縄好きとして、いわゆる”県産品”を応援したいって気持ち。

発売当初の出来は信用せんってな失礼なことを書きましたが、商売をやる側から考えたら立ち上げの頃が一番キビしいもの。

初期に売り上げが立つかどうかで、その会社が続くかは決まると思います。

沖縄は観光を除けば、正直言うて基地絡みで落ちる金でなんとか息してる状態。

そんな中で母体に電力会社があるにせよ、新しいことに挑戦してるんやから声援を送りたいやないですか。





そんなわけでこの「コルコル」を注文したのが9月の26日。

そして手元に届いたのが10月の14日。

バタバタしてえらく時間が経ってしまいましたが、やっとネタに出来ました。



グレイスラムの沖縄県南大東島産ラム酒「コルコル(COR COR)」南大東島産ラム酒「コルコル」。

手前の赤いのが普通のヤツで、緑は「コルコル アグリコール」。

値段は赤いのが3100円、緑が4300円。



ちょっと減ってますが、ある方に100mlほどプレゼントしたためです。

酒を飲むチャンスが減ってるんで、到着してからチョロッとずつ舐めてる程度です。

先ほど記事を書くためにまた少し味見してみました。
 *まだ午前中やから、下を湿らす程度ですよ。
 
ラムと言われれば、そうなんでしょうが、かなりクセがあるように思います。

アメリカや日本でポピュラーな大手のラムとはだいぶちゃうような気がします。

ピンガとかの洗練されてないスピリッツみたいなモンを連想しました。

 *あくまでも、味の分からんヤツの”連想”ですから、誤解無きよう。

メジャーなラムが理想とも思ってませんし、上等なラムはあんまり知らんので「コルコル」がええか悪いかの評価はようしません。

個人的にはメジャー品みたいにスッと入って印象が残らんモンよりクセがある方が嬉しいので、買うて後悔はないです。

ちなみに、赤ラベルはサトウキビから砂糖を取った時に残る「糖蜜」っちゅうもんが原料。
それに対して、緑ラベルの方は、直接サトウキビの絞り汁から作ってるそうです。

こっちは収穫の時期、年に1回しか作られへんってことでした。




上の記事を書く前に、nanameさんとこの記事のURLなんかはメモってありました。

先ほど、確認しててふとトップページに行くと、なんと今日付で関連記事がアップされてました。

すごい偶然で、モニターに向かいながら「ウホッ!!」って叫んでしまいました。

COR COR@le coeur UEHARA
 こちらの記事にトラックバックさせて頂きました。
 

nanameさんの上記の記事を読んで、書き洩れてたことを思い出しました。


私がコルコルを買おうと決めたのは、「無添加・無着色」ってのも理由でした。

添加物にはかなり無頓着で、健康のためで惹かれたんではないです。

本場のラムで色つき(ダーク?)のヤツは、ちゃんとしてるヤツは樽熟成の色やけど、カラメルで着色してるのも多いようです。

どれが着色なんか分からんけど、ホンマの色のヤツが飲みたいなぁと思ってたんで、惹かれました。



日本で、頑張って作ってる洋酒で、めっちゃ気になってるのがもう1つあるんですよねぇ。

一応、嫁さんから決済はもうてるんですが、直接買いに行きたいんでまだ実現してません。

手に入れたら、またいつかジャパニーズ物でネタにさせて貰うつもりです。




<お願い>

うちのブログを読んでくれてる方で、コルコル飲まれた方がいらっしゃったら、ぜひ感想をお聞かせ下さい。

特に、どんな味と表現出来るかとか、本場のラムと違いがあるかないかなど詳しく文字に出来るかたは、ぜひ教えてください。

もちろん、私みたいに「オモロイ」ってな簡単なコメントでも大歓迎です。、







posted by えて吉 at 11:45| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | アルコール全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック、どうもです。
こちらのエントリを拝見しまして、追記しました。
味のことをかけなくて、すみません。(笑)
COR CORファンがたくさんできると良いな、と思います。
Posted by naname at 2005年11月11日 12:36
連続コメント、すみません。
私は、サントリーの「樽出し原酒
」シリーズにも
同じような意味で感激し、
季節のごあいさつに利用したりしてます。
Posted by naname at 2005年11月11日 12:44
nanameさんへ

> 味のことをかけなくて、すみません。(笑)

お飲みにならないんですもんね。
私は、飲んでも分からん&表現できないんで、ヒドイですが・・・。

> COR CORファンがたくさんできると良いな、と思います。

ホンマにファンが増えて欲しいですね。

樽出しってのもイイですね。私はニッカの「余市」の樽だしを人にあげたことがあります。
 *自分用にも買っちゃいましたが・・・。
Posted by えて吉 at 2005年11月11日 13:20
貴重なものをプレゼントしていただき、本当にありがとうございました(私のはしょうもないものですいません。でもレアといえばレアでしょ?)。

遅ればせながらCOR CORいただいてみました。私も味に関してうまく表現できず申し訳ないのですが・・・。確かに日本で良く飲まれるラムとは違った味ですね。一方(多分COR CORのほう)は熟成されてまろやかになる以前の、若々しいというか、野性的というか、そういった感じかもしれませんね。以前キューバの田舎のほうで生産されたという名も無きラムを飲んだ事があるのですが、こういった感触の味だったとおぼろげに記憶しています。

もう一方(おそらくアグリコールの方)は今まで味わった事のない味でした。サトウキビを絞ってそのまま蒸留した、基本的に農家でしか味わえなかったモノなのでしょうね。草のような磯のような独特の香りがするように思うのですが、どうですか?。ホント何と表現したらいいのでしょうね。僕もちょっと記事を書かれているブログなどを探してみたのですが、味に関してはなかなか書かれてないですねえ。これはどう表現されるものなのか興味があります。

結局たいした感想になってないですね。すいません。私もちょびちょび楽しませてもらいます。ありがとうございました。

追伸、というか私信です。「ト」って何でしたっけ?記憶力悪くて申し訳ありません・・・。
Posted by Yoshinori at 2005年11月13日 23:38
Yoshinoriさんへ

> 貴重なものをプレゼントしていただき

それは、まったく逆ですよ〜。
こちらこそめっちゃ貴重な物をいただき、恐縮してるくらいですから。
ほんとありがとうございます。

ちなみにまだ飲んでなくて、今見てるモニターの横に飾ってます。

コルコルの感想ありがとうございます。
書いていただいたのを読むとかなり納得してしまいます。

>「ト」って何でしたっけ?

こちらこそ段取りが悪くてスイマセン。

「ト」は、”糖蜜”のヤツでレギュラーのコルコルです。

申し訳ないですが、他の2つのうちの1つがアグリコールで、
残りの1つが泡盛の「琉球王朝」のはずです。

Posted by えて吉 at 2005年11月13日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9206476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

COR COR@le coeur UEHARA
Excerpt: 以前に南大東島のラム酒「COR COR」について書きましたが、 グレイス・ラムの代表取締役・金城祐子さんの お話をうかがう機会に恵まれました。 COR CORにかける想い、南大東島へ抱く愛情、 ..
Weblog: やむやむ
Tracked: 2005-11-11 12:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。