2005年10月24日

やっと門真のうどん屋「饂飩倉」へ

先週の木曜日は夜から嫁さんの運転手で寝屋川へ。

現場へのルートは、天王寺から内環状に入ってから、ひたすら北へ。

国道163号線に当たったら右折して、東へ。外環状に当たってから北上し寝屋川へ。

今回のルートでは、163号線を通るってのがミソでした。

タイトルのうどん屋さん、門真の「饂飩倉」をチェックするため、この道を通りたかったんです。

この店のことは、「まいにちをおいしくたのしくBlog」で初めて知りました。

初めて読んだのが今年の3月の記事

これでかなりうどん好きとして刺激を受けてました。

その後、5月にも食いモン系ブロガー2名を加えて行ってはりました。

 *なんとなくスカタンのyanyan_akikoさんの記事は、コチラです。
 
 *◆オイシイ・ヲ・オスソワケ◆のkkane-tyan2さんの記事は、コチラです。


どの記事を見ても、うどんにごっついインパクトがありました。

こんだけ旨そうな記事を読んでしまうと、行かんとどうしようもないって気分。

最近は休肝日があるから夜に車の運転も可能。

なんべんも嫁さんに「今から、うどんシバきに行かへん?」って言うてたんですが、ことごとく却下されてました。

この度、やっと嫁さんの仕事でそっち方面に行くことに。

出る前に詳しい情報を調べる予定が、すっかり忘れてて場所はおろか店名も分からん状態。

163号線沿いやって記憶だけあったんで、門真の運転試験場がある交差点を過ぎたあたりから、探索モード全開。

さすがに私は運転に集中せなアカンから、嫁さんに

 「おい、ちゃんと左右ちぇっくせぇよ」


 「ちゃんと見てるか?」


ってなことをワーワーいいながら走ってました。

飲み食いの神さんに願いが通じたんか、ここで見つけさせとかなうるさいと思われたんかは分かりませんが、無事お店を発見。



これで一安心、帰りに寄ろうなぁといいながら嫁さんの仕事へ。

予定外に30分ほど待たされたりで、終わった時には腹減って気分悪い状態でした。

店に着いたのが夜の10時過ぎ。

席はまばらに2〜3席空いてたけど、店の人は客に詰めさせず。

若い客に席を詰めようって配慮はなし。
おまけにヨソのグループは、ほぼ食い終わったままカウンターでウダウダ喋ってるし・・・。

「のっけから、お前らぁ、状況を見んかい!!」

と怒りモード。まあ待った時間はそんなに長くは無かったんですけどね。

人気があって並ぶことの多い店やってのは分かってる筈やのになんで、ちょいと急ぐとかがでけへんのでしょうか。


ムカ〜って来るのは、堪えて、ササッと出て行った客に感謝しつつ席に。

この「饂飩倉」さんで、わかめやきつねってな定番メニューは600円。

その辺はまあ普通の値段かなぁと思えるんですが、一番の人気と言われる「肉天うどん」は、

なんと1杯1850円

行く前から分かってたんで、覚悟はしてましたがうどん一杯にスゴイ値段ですねぇ。

私のお気に入りの店のうどんで3杯、立ち食いやったら6杯、本場香川やったら下手すると10杯食える値段。

嫁さんは、私が止めるのも聞かず「お約束」で肉天うどんをオーダー。

私が迷ってると嫁さんが

 「めったに来られへんねんから、ドーンと行っときぃー」
 
 「ここは、アタシが奢ったるから!」
 
と、またしても男前なプッシュ。そこまで言われたんで素直に従っておきました。



門真の「饂飩倉」肉天うどん嫁さんの頼んだ肉天うどん 1850円。

奥に写ってるグラスに注目して下さいね。

うどんの鉢のデカさが分かって貰えるでしょうか?


待ってる時から他の人のどんぶりを見てましたが、やっぱり目の前に来るとインパクトありますねぇ。

洗面器ちゃうか?って思うほどの大きさ。

そこに入ってる具もかなり大胆で、肉がドカッと入って、ネギもたっぷり。

揚げたての天ぷらは油を滴らせながら、どんぶりに入れられ、そこへグツグツと煮えたぎったダシがたっぷり。

門真の「饂飩倉」の天ぷらおぼろうどん私は、天ぷらおぼろ1600円。

昼に豚丼を食べてたんで、肉はパス。

元々、肉入りのうどんは好きじゃないんで・・・。


厨房にはかなりの人数がいて、どんどんうどんを用意して行ってました。

どんぶりのサイズ、揚げたての天ぷら、豪快なネギの入れ方、全体でかなり印象に残りました。

うどんを食べるだけやなくて、ここの雰囲気を味わうだけでも行く価値ありでした。

値段的にも1000円って言われると高いなぁと思うんですが、1500円を超えてくるとなんか麻痺したようになってました。

別の食べもんっていうか、車を1時間転がしてから楽しむ別のイベント事みたいに感じられたのが我ながら不思議でした。

この特別の感覚がなかったら、なんぼ男ッ前な嫁が勧めてくれてもよう注文せんかったと思いますわ。

うどんの麺自体はけっこうな腰があって、讃岐うどん系。

天ぷらは揚げたての熱々で、中のエビがゴッツィ上にプリップリ。

おぼろもたっぷりで、ネギが多いのがまた嬉しいんです。

嫁さんはこの店をえらく気に入ったようでした。私もかなりええうどん屋と思いました。
ただ、残念なことにダシが私の好みとズレてました。

ダシの甘みがかなり強いんです。普通のうどん屋で肉を入れて甘くなったくらいがデフォルト。

そのため、私にはちょっと合いませんでした。

でもずっと行きたかったとこだけに大満足でした。

気になってたトコで実際に食べられると、それだけで気分はご機嫌ですよ。



私が店を出てから嫁さんがお勘定したんですが、店から出てくるとなんか持ってました。
お店の人がくれたっていう包みを見ると、こんなモンが入ってました。

饂飩倉でお土産にタダでくれたワカメと天かすタダでくれたワカメと天かす。

ワカメは軽く塩漬けになってました。

天かすの油を吸わすためか広告が入ってるあたりがベタですね。


私らの前に出た人はだれも貰ってなかったと思うんですが、なんで貰えたんでしょ?

次の日は早速このワカメでうどんを食べましたが、普段の安モン乾燥ワカメとはエライ違うてました。

表面がツルッとしてすごく口当たりがええんです。

かなりの量があったんで、えらい値打ちのあるお土産でした。

私が心の中で「えらい高い店やなぁ」って思ってたのが聞こえたんでしょうか?


普通の値段のヤツもあるんで、チャンスがあったらいっぺんくらい行ってみはったらどうでしょ。

わざわざ行く価値ありやと思いますよ。


門真の「饂飩倉」店構え<参考>
*「饂飩倉」

住所:大阪府門真市上野口町59−20
電話:072−881−3240
営業:火〜金 17:00〜2:00AM
   土日祝 12:00〜2:00AM
定休:月曜日




帰り道には、わざわざドライブして食ううどんって、楽しいなぁって話で嫁さんと盛り上がりました。

私の一番好きなうどん屋は、大阪の南、高石市にある「友泉」ってトコです。

大好きなんですがここも今は夜しかやってないんで前回行った時から1年以上経ってます。

ドライブつながり、またあっちにも行かんとなぁってな話をしてました。


朝から、うどんのことばっかり考えてたら食べたくなってきました。

記事はここまでにして、うどんを食べることにしますわ。
posted by えて吉 at 10:56| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に大きな饂飩鉢ですね。驚いちゃいます(^^)
しかも美味しそうな肉天うどん。奥様全部食べる事が出来ましたか? 

今日私は敦賀市にお魚を買い出しに行きました。
そう、えて吉さんが以前食べられた「海鮮アトム」の対面にある市場です(笑) 
福井市から片道1650円の高速料金を払った割りに安くなかったです(号泣)

お昼に食べた「そば処 はやし」も天かすは頂けました。
私も明日のお昼に天かすとじ丼を試して見ます(笑)
Posted by look at 2005年10月24日 18:59
キャー!饂飩倉に行かれたのですね!
かなりうらやまい。
だって、大阪を離れる前に絶対に行きたいって思ってたのに、
結局日程の調整ができなくてあかんかったの。。。
私もわかめと天かすもらいましたよ♪
女性の方に差し上げてるそうです。
ほんとにラッキーでしたね!
Posted by apple at 2005年10月24日 22:06
lookさんへ

ほんまここの丼はデカかったです。

> 奥様全部食べる事が出来ましたか? 

 実は多すぎてちょっと残してました。

敦賀の市場は残念、交通費が痛いですね。

> 私も明日のお昼に天かすとじ丼を試して見ます(笑)

 こんな恥ずかしい食べモン、真似しはるんですか・・・(^^;)
Posted by えて吉 at 2005年10月25日 11:21
appleさんへ

めっちゃ気になってたのが、やっと行けました。

> 私もわかめと天かすもらいましたよ♪
女性の方に差し上げてるそうです。

おかげで、疑問が解けました。
嫁さんにおごってもらって正解でしたね。

東京では、関西風のうどんは食べられませんかね?
讃岐うどんの美味しい店はいくつかあるようですが・・・。
Posted by えて吉 at 2005年10月25日 11:31
うわうわ、どーん!と頼みましたねぇ。
私が食べたのは定番でした。。まぁ、飲み会の2次会で1890円食べたらどうかとも思いますが。
ここのおつゆが美味しくて、殆どのんでしまいました〜
Posted by yanyan_akiko at 2005年10月30日 17:39
yanyan_akikoさんへ

> うわうわ、どーん!と頼みましたねぇ。

はい。ここぞとばかりにはじけました。

 あっ、はじけたのはうちの嫁さんですが・・・。

ダシは気に入りはったようですねぇ。
うちの嫁もかなり好きやったようです。
Posted by えて吉 at 2005年10月30日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8528476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。