2004年09月11日

「ザ・ロック食堂」夜の部をチェック

昨日は割烹での食事の後、チョイと一杯入れたい気分でした。

て言うか、外食した時にメシ屋一軒で帰ったためしがないんですが・・・。
ネタにしてなくても、外食したらいっつも+αと思って頂いて結構かと。

昨日はふと思い出して、先日昼にカレーを食べた「ザ・ロック食堂」のバータイムをチェックすることにしました。

行ってみるとカウンターの中は前回とは違って、女の人でした。

座るなり、マスターが所用でピンチヒッターとのことでした。

バーとしての雰囲気をチェックしたかったのでちょっと残念。

無難なところでグレンフィディックのロックを注文。

常連さんが多いようですが、隣に居た二人連れの女性が、気さくにしゃべりかけてくれました。一人で来ても誰とでも仲良くしゃべれてええ店やでーってなことを言うてはりました。

昨日は、ジュリーの古いビデオが流れてました。当時は全く聞きませんでしたが、昨日聞いてみるとなかなか楽しめました。

私の後には、音楽に凝ってるという若いカップルが入ってきました。夜に来るのは初めやそうでしたが、ピンチヒッターで店を仕切ってた女の人と音楽談義を楽しんでるようでした。

残念ながら店に入ってしばらくして、嫁さんから電話が入ったんで出ました。

飲んだのはグレンフィディックのロック(700円)と生ビール(500円)だけでした。

マスターが居なかったので、ちょっと残念でしたが、店の雰囲気は予想通りにええ感じでした。ロックなんかの音楽を楽しみながら気楽に飲みたい気分の時には使えそうです。



posted by えて吉 at 16:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | アルコール全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

コザと大阪を結ぶ奇縁
Excerpt: ひがよしひろさんが、大阪でライブをやるという。本人曰く 「なんてとこだっけな?′晩はたしか、阿倍野のロック食堂…」 うーむ。本人に聞くよりロック食堂のサイト調べたほうが早そうだ。 このお店は、月に1..
Weblog: ディープコザ発・沖縄ブログ
Tracked: 2004-09-11 18:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。