2005年08月05日

あの方のお気に入りに案内される

昨日は、ちょいとドライブに出かけてました。

「行ってきまーす」の記事のコメント欄ですでにネタバレしてるんで、今回はマクラはナシで、本題に。

「日帰りでなんやかんや食おうや」とお誘い頂いたのは、ブログを通じてやり取りさせてもらってる「foodish ”雑”食記」のishさん。



当日へ至るやり取りはとりあえず、割愛しまして。



ishさんの地元は、神戸。それも三宮より西方面。

このあたりって、知ってる人は知ってるけど、知らん人は知らんと思いますが(←当たり前、某所でお約束のフレーズ)、粉モン、ソースモンの一大メッカ。

関西=粉モン、ソースモンやと思われ、大阪も神戸も一緒くたにされることが多いんですが、かなり独自の発展をしてきた模様。

特にishさんの地元に近い「長田」って地区では、冷凍食品で全国?に名を知られるようになった「そばめし」発祥の地。

最近は大阪でも、そばめしを置いてる店がありますが、まあしょせんはパクリ。

本来は神戸でもお上品な山手やなくて、かなりな下町な長田が本場。

粉モンの発達に伴ってか、何種類かの地ソースメーカーまである始末。




私は学生時代に、三宮より東で「そばめし」は食べたことありますが、本場では未体験。




長田ビギナーに、地元育ちのishさんは強い味方。
 










って、ここで普通のブログは、お好み焼きの写真がドバーンと登場。









それが自然な流れですわね。





写真も食欲をそそる、技術に裏打ちされたもんやとそらぁ〜人気ブログになって行きますわねぇ。




ところが、まあうちはそないな表街道を行く、グルメブログから一線を画す一線を画されてるイチビリ日記系。





それじゃー、ちょいとヒネリがないですわねぇ。




1年も越えて、毎回ダラダラと行数だけ多い記事を上げてますから、ちぃ〜とはひねらんと。







「イチビリ」ばっかりやってたら、しまい読んでる方に嫌われそうですが・・・。








そこで、ご覧頂くのは、コチラ。












長田?の地ソース長田が誇る地ソース

・ばらソース 辛口

・ブラザーどろからソース

 *正確にはブラザーは兵庫区で製造



私は大阪人ですが、両方とも見るのは初めて。

朝イチにishさんに出会うなりプレゼントして頂きました。

 *1本に値札が付いたままってトコが、素敵ですね。(^_^)v




手ぶらで行った私は、かなり痛かったんですが、たっぷり感謝だけして車へ。






ソースだけでは、腹が膨らみませんので、お店へ。









まあ、ここではなんぼなんでもお好み焼きの写真ですわね?








ブログなんで、「早よ食わさんかい!!」とは思わんでも、






「早よ食うたもん見せんかい!!」とは、思いますよね。








冷静に、冷静に。







あんまり引っ張ってから見せると、火に油を注ぐことになりそうですが・・・。








感動の初体験ですから、










そないに簡単に見せたら、私の感激が伝わらんでしょ?










ishさんのブログで前に見て、メチャメチャ食べたかったんですよ。








コレは、ぜひ食うて貰わんとってishさんの熱意が伝わってきてましたし。






ただねぇ、あんまり「ウマイウマイ」言われてから、食べると心配やったんですよねぇ。



頭の中で過剰に期待が膨らんで、ありえんような大きな感動を勝手に求めてしまうことってありませんか。





そんなわけで、いよいよ本題の粉モンさんにご登場いただきます。








先に、言うときますけど、







ドバーンと3人前行っときましたから。








ビックリせんように、気ぃ付けてくださいよ。







こんだけ引っ張ったら書いてる方も疲れますわ。(読む方はもっとかな)










出来たて、あつあつの写真はコチラです。








大感激の水餃子




大感激の水餃子。



ラー油を落とした酢醤油をちょいとつけて、噛まんようにしてヒョイと口に入れると、肉じるがジョわっと広がるんです。




あ〜、もう思い出すだけでもたまりません。












オイ!!





なにが、肉汁じゃ!!








なにが、「思い出すとたまらん」じゃ!!










そばめしはどこじゃ〜!!







えろうスンマセン。



今回は長田はパス。あくまでも長田のソースを頂いただけ。




向かった先は、ishさんとうちで競うように通った?アノ場所。


「カキオコ」で有名な日生(「ひなせ」。生保のニッセイちゃいますよ。)。


ishさんの一連の日生ネタを復習したい方は、下のリンクからどうぞ。

 *日生に行ってみたいぞっ!!

 *カキオコ食べました(日生ぶらぶら・前)

 *お楽しみはカキ以外にも(日生ぶらぶら・中)


 *小ネタ集(日生ぶらぶら・後)
 
 
 *「あほやなあ」(日生2回目)
 
うちのブログでは、下のリンクからどうぞ。

 その1その2その3番外編



ishさんがカキオコを食べた後に街を散歩して見つけた掘り出し物が今回の水餃子。



ishさんなんかかなりコイツにヤラレてて、日生行くたびに食うてはります。


記事を読んでそそられてましたが、ホンマに大ウマーでしたわ。




こんな隠れた名店を発掘してくれたishさんに感謝です。



日生の山東水餃大王の店構え



この店構えやと、入るのに躊躇する人も多そうですしね。

メニューは水餃子と、スープ、スペアリブと、焼きおにぎり、キューリのニンニク漬けのみ。

1人前8個(420円)なんかペロリですわ。

今回は3人前でしたが、コレだけを食うんやったら一人で3人前でも軽そう。


日生にコレだけ食いに行くってのもどうかと思いますが。


*お店に興味を持たれた方は、上記のishさんの記事をご覧下さい。
 詳しいデータがあります。






ここで軽いっていいながら2人で3人前しか食べてないのには、理由がありまして・・・。


この前にチョロッとヨソで食べてたんですわ。


ヨソで食べてたんモンのことは、また後ほど記事にさして貰います。








同日追加

朝に起きてすぐから、かなり悩んでネタの流れを決定。

今回は普通の記事やのうて「ネタ」やったんで、ネタバレせんようにと急いで書いてました。

ところが、佳境にさしかかって、ishさんのトコへ日生の記事のURLを探しに行って、ガビーン。

すでに今回のドライブネタの概要がアップされてて、ガックリ。

ネタの摺り合わせを一切せんかったんで、しゃあないんですけど。(苦笑)


というわけで日生のネタへ直接飛ぶのはOKですが、まだウチのブログしか読んでない方は、せめて次の記事が上がるまでishさんトコへ行くのをお待ち頂けるとよりネタがオイシイかと・・・。

それにしてもishさんのアップ、素早かったなぁ〜(T_T)

posted by えて吉 at 09:25| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>1本に値札が付いたままってトコが、素敵ですね。(^_^)v
うわ、恥ずかしっ!!
取ろうと思ってて忘れてました…orz
まあそんなに高いもんやないので、お気を使わずにという風に解釈しておいてください(^^;

ちなみに僕は生れてから結婚後しばらくまで、長田区住民でした。といっても少し山側(下町には変わりない)のほうだったので、JR沿いあたりとは微妙に文化圏?が違います。ばらソースだって高校に入るまで知らなかったですしね。
Posted by ish at 2005年08月05日 10:37
ishさんへ

> うわ、恥ずかしっ!!

すんません、ネタにしちゃいました。

嫁さんも楽しみにしていますんで、近いうちに食べ比べしますね。

> 長田区住民でした。

 てっきり今いらっしゃる兵庫区生まれかと思ってました。
 記事の一文は削除しときました。

同じ長田区でも文化圏が違うってのは面白いですね。
Posted by えて吉 at 2005年08月05日 10:45
わぁ、おいしそう!
餃子星人の私にはたまらない写真です。
ラーメン屋のサイドオーダーの焼き餃子だと、西に行くほど餃子の皮が薄くなる印象がありますが、水餃子はどうなんでしょうか。
お店の名前もすてきですね。
Posted by chelsea at 2005年08月05日 11:26
chelseaさんへ

> 西に行くほど餃子の皮が薄くなる印象がありますが

そうなんですか?あんまり意識したことなかったです。

> 水餃子はどうなんでしょうか。

やや厚めの皮でしたが水餃子ってこともあり
プルンとして食感がよかったです。

私は焼き餃子は皮の薄いのが好みですが、この
水餃子は美味かったです。

> お店の名前もすてきですね。

 かなりインパクトのあるお店でした。
Posted by えて吉 at 2005年08月05日 11:35
餃子おいしそうですね〜 
最近、皮が手作りの餃子にはまってます^^
あ〜食べに行きたい!!

あびこにも美味しい餃子やさんがあるんで行って見てくださいね^^ 店名は餃子王でっす!
ここはおすすめです。 
Posted by おとや at 2005年08月06日 00:13
山東水餃大王、私も以前購入して自宅で食べました。
とっても美味しかったです。
あっという間に2人前半をぺろりと食べました。
もっと食べたかったです。
もう少し安ければもっともっと沢山食べたんだけど(笑)
そして、やはりお店で食べてみたいです。
後、私は大学祭に行って、中国人の留学生が作っている本場の水餃子を持ち帰ったりします。
家庭的で、本当に美味しいですね。
ぷるるんとした皮の美味しさは水餃子ならではですね。
Posted by かおり at 2005年08月06日 01:07
おとやさんへ

> あ〜食べに行きたい!!

日生はそんなに遠くないから行ってみたらどうですか?
店のインパクトもあって面白いですね。

お好み焼きとセットで行けば楽しいですよ。

あびこの餃子王覚えておきます。
Posted by えて吉 at 2005年08月06日 10:19
かおりさんへ

> 山東水餃大王、私も以前購入して自宅で食べました。

結構有名なトコなんですかねぇ。
ishさんとこで記事を読むまで知りませんでした。

> もう少し安ければもっともっと沢山食べたんだけど(笑)

家で食べるにはちょっと高いですかねぇ。

ドライブ行った先で8個420円なら許せました。
確かに満足するなら一人で3人前は欲しいから餃子としたら高めですが・・・。

焼き餃子は薄皮が好みですが、水餃子は厚めの皮の食感がイイですね。
Posted by えて吉 at 2005年08月06日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5631485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ばらソース・ブラザーソース(前編)
Excerpt: 先日、「えて吉の飲み食い」のえて吉さんと「野郎二人で食べまくりツアー」をしました。※この件に関してのエントリーを未読の方は、よろしければ下記をご参照下さい。 それぞれ連続ものですので、まずはえて吉さん..
Weblog: foodish:”雑”食記
Tracked: 2005-08-18 11:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。