2005年08月01日

第9回讃岐うどん巡り その2

讃岐うどん巡りは始まったばかり。1杯入れたら「もっとうどん食いたい〜」と思うのがうどん好きの自然な反応。

1軒目の「池内」は予定外で追加したんですが、続いて当初から予定のお店へ。

ここは、「恐るべき讃岐うどん」の第3巻で選ばれたS級10店のウチの1つ。

1996年に選んでるんで、新しい店は候補に挙がってないんですが、讃岐うどん巡りではやっぱり外せん店ばかりやと。

S級ばっかり攻めると、あまりにもベタですが、ほぼ初めての2人にはやっぱり1軒は体験して貰おうと予定に入れてました。

池内から来た道を戻って、「陶」の交差点へ。そのまま国道32号線を横切って、県道17号をまっすぐ。

少し行った先にこれまたS級の「田村」がありましたが、まだ開いてないこともあって、今回は通過。

県道17号のドンつきで県道33号を左折し、坂出市方面へ。

目指すは店の立地(の怪しさ)、麺のレベル、ダシの旨さの三拍子が揃った「彦江」。

坂出警察署を過ぎて橋を渡ったらすぐにあるファミレス?「ぐり〜んはうす」の前の道を左折。

角に中古車屋があります。細い筋やけど、気にせず突っ込みましょう。

住宅街をしばらく進むと左手に駐車場があります。

着いたのは、8:46AM。

開店が8:40AMやから、ほぼロスなしで来れました。

すでに県外ナンバーの車が2〜3台居てました。


彦江から駐車場の方を見たらこんな感じ駐車場から左へ、村なかの路地のような道を50mほどてくてくと。

私はすでに何回も来てますが、初めての時は、ホンマにこんなトコに店があるんか不安になりました。


*写真は、彦江から駐車場方向に向いて撮ってます。
 行きは、早ようどんが食いとうて写真に頭が回りませんでした。(^ ^;)
 


店構えも引き戸にじゃっかんの張り紙がある程度でちょいと分かりにくいです。



コレが彦江の店の角路地を歩いていったら、こんな角を曲がって下さい。

この建物が彦江の一部です。



ここはダシが旨いから、かけ系で行くことに。

冷たい麺に冷たい(ぬるい)ダシを掛けて貰いました。

朝イチやったから、まだ冷たい方のダシが冷えてなかったんですが、私にはぬるいぐらいでちょうどでした。




麺とダシのバランス絶妙?彦江のうどん「彦江」では香川らしいイリコダシが楽しめます。

出来たてのうどんが1玉130円


朝イチのせいもあり、”オプション(天ぷら等)”も沢山ありましたが、グッと我慢。

N氏がちょっとイチビリながら

 「ここは、麺とダシのバランスが絶妙や」とのセリフ。

讃岐うどん巡り2軒でのセリフなんで、信憑性は???ですが、ここは私も大好きですわ。

ダシの旨さに感動してる間に、麺はあっちゅうまに腹ん中へ。
マジでもう一杯行きとうてしゃあなかったですわ。

店の人らの雰囲気も私の好みです。


初めての2人にもここからエンジンが掛かってきた感じでした。


駐車場に戻ったら、次の店への行き方をチェック。

次の店は私も初めて行くお店でけっこう分かりにくそうなところにあったんで、ちょいと気合いを入れて攻めることに。



9:01AMに駐車場を出発。さて、無事に着けることやら・・・。



その3へ続きます。



<参考>
*「彦江製麺所」

住所:香川県坂出市横津町3−6−27
電話:0877−46−3562
営業:8:40AM〜14:00(麺終了次第)
定休:日曜日








posted by えて吉 at 14:22| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前にも書いたかもしれませんが、僕は讃岐巡りは1回しか行ったことがありません。その最初が彦江だったんです。初めてという要素、あのわかりにくさ、麺・だしのおいしさ、今でもここが一番印象に残っています。
いいなあ、僕もまた彦江に行きたいなあ。
Posted by ish at 2005年08月01日 21:04
ishさんへ

彦江が最初とは、かなりのインパクトだったでしょうね。

私もここはすごく気に入ってるお店です。
なんべん行っても1玉じゃ物足りないです。

Posted by えて吉 at 2005年08月01日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。