2004年08月28日

久々に「バー花本」へ

昨日は、夕方まで色々思案した末にチャリンコでミナミへ出ました。

ミナミに着いたのが5時半頃でしょうか。

一軒目に「バー花本」へ行きました。ブログの記事の中でチョロッとバー花本とという言葉を書いたことがありますが、その単語を検索して来られる方がたまにあるようです。

でも、ちゃんとした紹介になってないんで気になってました。そのためじゃないですが、昨日行ったんでネタにしておきます。

店に入ってまず、ジントニックをオーダー。

ものすごく久々なのに花本さんは、顔を覚えてくれてたようで「ヒゲはやしはったんですねえ」って言うてくれはりました。

ヒゲはやして、2年位になるからそんな長いことご無沙汰してたんでしょうか。
ていうか、そんな長いこと行ってない、しかも元々常連でもない客のこと覚えてるってすごいなあとこっちが感心しました。

このバーはオーナーの花本さんが一人でやってはるんですが、花本さんは吉田バーで10年修業された方です。今のお店を始めはって4〜5年になるとは思います。

私がこのお店を知ったのは、開けて3年くらい経ちはった頃やと思います。

ちなみに私が初めて吉田バーに行った時に、今は亡くなられた2代目マスターの吉田芳二郎さんの脇で花本さんが働いてはりました。

花本さんが吉田バーに居た最後の頃に行ったことになるんでしょう。それにしてもその当時と全く顔つきが変わらない花本さんは私には年齢不詳です。

今の店もその当時の雰囲気で落ち着いた正統派のバーとしてやってはります。

ジントニックを飲みながら、ここで使ってる(吉田バーも同じ)グラスが気に入って自分も家用に同じグラスを買ったなんてことをしゃべりながら飲みました。

グラスがえらく薄いから洗うのに気ぃ使いますなんて言うてると、プロでもやっぱりたまにありますって言うてはりました。

2杯目には、マティーニをオーダー。
ムチャクチャにドライではなく、クラシカルな味に感じました。

私はショートを飲む時のチェイサーの水は、氷抜きが好きなんですが花本さんはその好みまで覚えてはりました。

ちょうどマティーニを飲み始めた頃に他のお客さんが来ました。店に入る前から2杯にしとくつもりだったんで、他のお客さんが入ってきてくれて助かりました。
自分が出て店が空になるってなんとなく落ち着かないんで・・・。

ジントニとマティーニで、勘定は1500円。チャージはなし。

落ち着いた正統派のバーとしてはかなり安いと思います。値段はどうでもええとしても、花本さんの接客はベタベタせず、そうかと言って冷たくもない絶妙の間を持ってはるんで気に入ってます。


Bar花本の看板・バー花本

住所:大阪府大阪市中央区難波1−6−18
電話:06−6211−5811
営業:17:00〜24:00
定休:第3水曜日




posted by えて吉 at 12:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アルコール全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。