2005年04月15日

カクテル「コンカ・ドラ」

昨日の食後に飲んだカクテルです。元々スッキリ、バシッと効く系統が好きなんですが、食後はチョイとちゃう系統をと思って捜しました。

カクテルブックでは「辛口」との分類。どうかなぁとは思いましたが作ってみました。

このカクテルは、1955年の第1回国際カクテルコンペティション(開催地:オランダ)の優勝作品やそうです。

ここ最近の創作カクテルやと、やれデコレーションがどうの、使うのがこないに珍しいリキュールやの、「創作」のためのカクテルって気がします。

でもまあ、これくらい古いと今じゃもしかしたらある意味スタンダードかもしれないですね。



カクテル「コンカ・ドラ(Conca Dora)」<コンカ・ドラ(Conca Dora)のレシピ>
・ドライ・ジン     5/8
・チェリー・ブランデー 1/8
・トリプル・セック   1/8
・マラスキーノ     1/8

ステアして、カクテルグラスへ。
オレンジピールを絞りかける


このレシピでステアってどうなんでしょう?

どっちかと言えば、重いモンが入ってるからシェークの方がええような気もしますが・・・。

敢えてステアするだけの狙いがあるんでしょうか。

この日は作ろうと思って用意してから、オレンジピールが要ることに気づいて、しょうがなくレモンピールで代用しました。

味の方は、予想通り私には、かなり甘濃すぎでした。

レシピから想像は付くから文句は言えませんが、なんでこれが分類では辛口になるかは疑問です。

嫁さんに飲ませてやると、結構旨いって言うてました。

しっかりした味わいで甘みのあるタイプがお好きな人には、オススメかもしれないです。








posted by えて吉 at 22:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2980995
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。