2005年03月20日

四国旅行の目次のようなメモ

2005年3月20日〜26日にかけて行った四国旅行に関係した記事をまとめるための目次としてこの記事を上げておきます。

 *実際にこの記事をアップしたのは、05.3.28 5:30AM頃

私個人の旅行覚え書きの性格を持たせるんでいつにもまして冗長になると思いますがご容赦を。

旅行ネタはかなりあるんで、どこまで飽きずに上げられるか分かりませんが、ここからご覧頂けると幸いです。

 ”ライブ”ネタは、旅の途中に上げたモノです。携帯からの短いネタが中心です。
  *一部、PHSで上げたそこそこの分量のネタも含みます。

走行距離は、一つ前に走行距離を押さえたところからの区間距離です。
これは、完全に走った時の様子を自分が思い出すためのメモです。無視して下さい。





*3月20日(日)

・走り出す前に、浮かれきってるネタあり。

・6:55PM 大阪を出発
 
 天王寺から阪神高速へ。
 
・7:57-8:03PM 第二神明 垂水PA 走行距離52km

 トイレ休憩

・8:54-8:57PM 山陽道 白鳥PA 走行距離58km
 
 宇野港に行くための最寄りのICを地図でチェック。

・山陽道 山陽ICで地道へ 走行距離 不明

・9:37PM 国道2号へ向かう県道37号沿いのコンビニ。 走行距離64km

・10:30PM過ぎ 岡山県の宇野港着 走行距離 不明

 嫁さんの希望でフェリーで四国に渡ることに。
 
 宇野〜高松間は3社もフェリーが運航。
 
 今回は、宇高国道フェリーを利用。
 JAFの会員証を提示するか、サイトでクーポンを印刷していくと10%OFFになります。
 
 4m〜5m未満の通常料金3300円(同乗者無料)。所要時間約1時間。
 
 本土から四国へ”渡る”だけなら、最安値ではないでしょうか。

 フェリーの待ち時間にライブネタあり。

・10:52PM 宇野港発 約1時間で高松到着 走行距離 不明

・12:00PM 高松市内 「黒田屋」到着

 嫁さんとうどんを2杯。

・12:40PM 道の駅「滝宮(HP)」到着 走行距離 54km

 コンビニでツマミを買って、軽く一杯飲ってから2時過ぎに車内泊。

 ライブネタあり。




*3月21日(月)

・7:00AM 道の駅にて起床

 6時頃目が覚めて、この頃に起きた。7時40分に嫁さんを起こした。

・8:15-8:25AM 讃岐うどん屋「赤坂」 走行距離 3km
 
 冷やと熱のかけうどん 各150円。
 
 ライブネタあり。

・8:35-9:00AM 讃岐うどん「山越」 走行距離 5km

 釜玉山かけの大300円とかけ冷やの小100円。

 ライブネタあり。

・9:35-9:55AM 道の駅「たからだの里さいた(HP)」 走行距離 25km

 日帰り温泉あり。
 
 物産販売のコーナーで、嫁さんが380円でイチゴを購入。

 自販機の紙コップコーヒー(150円)で一服。
 
 山越えからここまで国道32号で高知方面へ。

 高松から高知への国道32号線は、途中に大歩危・小歩危やかずら橋があったりして
 なかなか楽しいルートです。

 道幅もさすがに30番台の国道だけあってしっかりあって走りやすいんでお勧めです。

 高速でスパッと行くと道中が単なる移動時間になりますが、国道で行くと道中も
 楽しみの一つになって良かったです。

・11:13-11:23AM 道の駅「大杉(HP)」 走行距離 64km

 トイレ休憩。

・1:00PM 高知のお気に入りの浜に到着 走行距離 58km

 一旦この場所を通り過ぎて、スーパーやホカ弁で昼メシなどを調達。
 
 このまま、この日はここで車内泊。

 到着後のライブネタと昼メシのライブネタあり。

・この日の晩ご飯は、外で料理しました。コチラに記事があります。

・その後、楽しみにしてたあることをやりました。




*3月22日(火)

・早朝4時過ぎか5時頃目が覚める

 横で嫁さんは爆睡。一人で寝床に入ったままゴロゴロ。
 
 明るくなってから嫁さんを起こす。

・車内でうどんを朝メシに食べる。

 ライブネタあり。

・9:30AM 市内へ出発。

・高知の繁華街で昼メシ&お茶の後、土佐山へ。

 昼メシのライブネタあり。

・オーベルジュ土佐山に3時前に到着し、泊まり

 到着後すぐに風呂へ
 
 風呂上がりに宿のバーにて一杯。ライブネタあり


 *オーベルジュ土佐山は、お勧めですよ〜!!


<オーベルジュ土佐山関連の記事>


その1:部屋や建物


その2:晩ご飯


その3:お風呂、バー、朝ご飯など


 *オーベルジュ土佐山:公式ウェブサイト





*3月23日(水)

・11:00AM過ぎ オーベルジュ土佐山を出発

 高知市内へ。

・高知城を初めて観光
 
 ライブネタあり。 

・1:00PM頃 ひろめ市場のフードコートで昼メシ

 ライブネタあり。

 食事後、一人で先に帰る嫁さんと別れる。

・2:43PM 21日に泊まった浜にまたもどる

 21日の浜到着からまたこの浜に戻るまでの走行距離 64km

 朝から戻るまでのやや長めのライブネタあり。

 そのまま、夜まで浜の駐車場にいて車内泊。





*3月24日(木)

・5時前に目が覚める

 しばらく布団にもぐり込んで、ゴロゴロ。
 
 日の出のライブネタあり

・明るくなってから車内でうどんを作って朝メシ

 こだわりのうどんっぽかったが、えらく柔らかかった。
 
 ライブネタあり

・9:25AM 浜から走り出し

 黒潮ラインから国道56号へ。

 朝からいい天気で、たくさんの歩き遍路を見かけた。

・10:24-10:45AM 道の駅「かわうその里すさき」 走行距離43km

 この道の駅がちょうど国道56号と197号の分岐地点。
 
 ここから、197号へ。
 
 四国の3桁国道にしては、197号は広くて走りやすかった。

・11:48-11:55AM 檮原の神在居”千枚田” 走行距離42km

 棚田を見ようとこのルート通るも、まだ水さえ入ってなくてショボショボ。
 おまけに強烈に寒くなってきてたから、すぐ出発。
 
 出発間際には雨が降り出した。

・12:12AM-1:05PM 道の駅「鬼北町 日吉夢産地(HP)」 走行距離18km
 国道197号から国道320号に分岐してすぐ。
 
 ここで、寒かったから鶏雑炊(600円)の昼メシ。
  
 ライブネタあり。
 
 日吉村の富母里(とんもり)地区の「とんもり地鶏」で作った地鶏丼があった。
 でも、カロリーが907kcal、脂質25.2gとの栄養成分表があって、ビビってしまい食べず。

・1:40PM 宇和島の市街地通過 走行距離34km

 国道56号で松山方面へ。
 
 その後、海側の国道378号へ。
 
 この国道は、四国の3桁国道らしくかなり細い道。
 おまけに入り組んだ海岸線沿いにグネグネ行くから、時間の割に距離が進まず。
 
 風が強烈で波が巻き上げられて、国道を通る車にバンバン海水が掛かった。

・2:34-3:40PM 東宇和郡明浜町の日帰り温泉「はま湯」 走行距離28km

 塩味のキツイ温泉。国道に面した高台にあって見晴らしヨシ。
 
 風呂に入ってる間は晴天だったが、後にまた雨。
 
 たった28kmと思えん疲れ方をしたんで、風呂は気持ちよかった。
 地元の人ばっかりで、耳をダンボにして土地の言葉に聞き入った。
 
 ライブネタあり。

・4:48-5:20PM 八幡浜市の市街地のスーパーで買いだし。走行距離37km

・5:50PM 道の駅「瀬戸町農業公園(HP)」到着 走行距離23km

 佐多岬の中ほどにある道の駅。

 佐多岬は、風力発電の風車がたくさんあるんで、元々風が強い様子。
 
 この日は、さらに強風やったから走っててかなり肩に力が入った。
 
 ここまでの道中は、携帯を使ってメールで送って上げた長めのライブネタあり。






*3月25日(金)

・午前1時過ぎ 目が覚める

 風で車がユッサユッサ揺れて、案の定眠れず。
 
 3時頃まで布団の中でどうするか悩んでた。

・3:10AM 走り出し

 すぐ手前に在った別の道の駅「伊方きらら館(HP)」へ。 走行距離7km
 
 実は、寝てた道の駅では、駐車場の端に車を置いてました。
 
 ここの建物は駐車場から階段を上がった一段高いとこにありました。
 
 雨風が強烈で嵐のような中を便所に行くのがイヤで悩んだ末に移動しました。
 
 伊方の方は、駐車場と同じ場所にトイレがあったから、すぐ前に車を止めて濡れずに便所を使えました。(^_^;)
 
・3:30AM 伊方きらら館を走り出し

 佐多岬は風が強烈やから、少しでも弱そうな道の駅まで移動することに。

 ここまでもここからも、佐多岬の道は風がきつくてかなり運転が恐かったです。

・4:20AM 道の駅「ふたみ(HP)」 走行距離44km

 以前、ここで車内泊したことがあって向かいましたが、夜間は入り口を閉鎖してました。
 ここの前後の国道378号は非常に走りやすいルートでした。前日の国道378号とはエライ違い。
 
・4:47-5:00AM 砥部町のコンビニにて朝メシ 走行距離22km
 
 松山の手前で、国道11号に向かう県道23号へ。
 
 熱いミルクティーを買って、前日買ってあったパンを食べました。
 
 ライブネタあり。

・5:40-7:25AM 眠くなって国道11号の脇で仮眠 走行距離37km

 眠くなってきて危なかったんで、仮眠

・9:06-9:11AM 道の駅「とよはま(HP)」 走行距離51km

 愛媛から香川に入ってすぐ。トイレ休憩。

・9:45-10:00AM 豊中町「駅のうどんや」 走行距離17km

 香川では意外と珍しい駅のうどん屋さん。
 かけ小180円。

 ライブネタあり。

 走り出してすぐにさぬき豊中ICから高松自動車道へ。
 
 高松を目指してひたすら走りました。
  *10:33AM 高松中央ICで降りた。

・10:49-11:02AM 高松市内 讃岐うどんの「竹清」 走行距離53km

 かけ小 140円に、名物の半熟玉子の天ぷら90円
 
 ライブネタあり。

・11:15-11:20AM 高松市香西町の「久保」 走行距離5km

 かーなりディープな讃岐うどんスポット。
 
 楽しみしてたのに・・・詳細は、コチラからどうぞ。

・12:00-12:05AM 綾南町の「松岡

 かけ小 200円。

 いわゆる”あつあつ”(=温めた麺に温いダシ)。
 
 松岡ではあつあつとは言いませんが・・・。
 
・0:51-1:05PM 高松市の「中北」 走行距離15km

 ”ひやひや”で小170円と名物のイワシの天ぷら150円
 
 ライブネタあり。

・1:27-1:35PM 香川町の「名もないうどん屋」 走行距離9km

 場所は無事発見。

・1:42-1:57PM 国道193号沿い 川東下交差点の宮脇書店

 2005年度版「さぬきうどん全店制覇攻略本」を購入。

・2:10-5:05 高松市 「天然温泉きらら」 走行距離7km

 風呂に入ってビールを1本飲んでから車内で読書。
 
 歩き遍路をやった人のエッセイ風の本にはまって半分ほど読む。

・6:00PM 道の駅「うたづ臨海公園(HP)」 到着 走行距離26km

 寝場所を求めて西の方へ移動。
 
 周りに郊外型の飲食店多く、夜中に若いモンがたむろしそうで、寝るのは断念。
 仕方なく、またしても走り出し。
 
  *ここで寝なかったのは、正解でした。
  
   次の日に地元の友人に聞くと、ガラの悪い地域とのこと。
   ピーキャン(駐車場での車内泊)は、トラブルを避けるのが鉄則ですから。
 
・7:55PM 道の駅「滝宮」 到着 走行距離31km

 かなり走って、結局いつもの道の駅で寝ることにしました。
 
 宇多津町から移動中には、さぬきうどんの有名一般店「おか泉」の前も
 通りましたがこの時はなんか気が向かずパス。
 
 晩メシはうどん以外にしようと地元のスーパーで買いだし。
 途中、ブックオフを覗いたりして時間つぶしの後、この道の駅へ。
 
 またしても寒かったんで、車内で鍋をやって、そのまま車内泊



*23〜25日の晩メシをまとめて記事にしました。
 
 車内での飲み食い3連発




*3月26日(土)

・6:00AM頃 起床

 さすがに2日ほど寝不足やったんで、この日は途中一度トイレに行っても朝までグッスリ。

 ゆっくりうどん巡りの計画を立ててから、7:40AMに道の駅を出発。
 
 ライブネタあり。

・8:23AM 多度津町の「味でこい」発見 走行距離24km

 開店が9時やったんですぐ近くのコンビニで新聞を買って、しばらく時間つぶし。

 開店の5分前に駐車場へ。

・9:00-9:12AM 「味でこい

 冷やしぶっかけの小 170円
 
 ごっついコシで、表面すべすべの麺。
 
 この日は温っかかったから、朝イチから冷たいのが行けました。
 
 ライブネタあり。

・9:25-9:45AM 善通寺市の「長田 in 香の香」 走行距離6km

 釜上げの小 250円
 
 ライブネタあり。

・10:07-10:20AM 坂出市の「がもう」 走行距離18km

 温いかけ小 100円
 竹天 70円
 
 天気がよく外で田んぼや山を眺めながら食べるのが良かった。
 この日は、”がもう日和”と言えたかも。

・10:56-12:20AM 高松市繁華街 「うどん棒 本店」 走行距離15km

 瓦町の菊池寛通り沿いのコインパークに車を止めてうどん屋へ。
 
 ”さぬき夢の2000”という地粉の麺で、ザルうどん 410円。
 
 細めの麺で、グーンと伸びるタイプのコシ。
 

・香川に住む知り合いとお茶
 

・1:32PM 高松を出発

 嫁さんと晩メシを食うべく、最速ルートにて大阪へ。
 
 高松道から、鳴門→淡路島へ。

・3:02-4:02PM 淡路ハイウェイオアシスにて仮眠 走行距離133km

 この日も天気は良かったが、強風。
 
 実質1時間と少しでこの走行距離。
 かなりのハイペースで走ったが、運転に非常に気を使った。

 この辺で眠くなったんで、明石に入る前に仮眠を取っておいた。

・5:19PM 大阪の自宅に到着 走行距離66km

 無事自宅に帰り着く。帰宅の一報のライブネタあり。



今回の四国旅行の総走行距離1291km。

ドライブ好きとしては、日数の割には少なめか。
今回は、ゆっくりする日は本を読んだり風景を眺めたりが多く、メリハリのついた旅だった。



*全体の感想を若干

<ハイエースでの車内泊など>

畳みを1枚敷いた空きスペースに、上手く以前のJimnyに使ってた簡易ベッドキットが入って、非常に広いスペースが出来た。

そのおかげで、普通の布団がひけてまったく不自由のない睡眠が可能だった。

2泊した嫁さんが私の何倍も熟睡してたんで、今後どこでも車内泊出来そうで安心。

車内で食事を食べることが多かったが、炒めモン以外なら火を使うのも十分可能だった。
テントも積んでいってたが、今回は使わず。

駐車スペースさえあれば、どこでも寝れるのは計画を立てない旅行には安心感が強かった。

予想外に天候が悪くて、雨風&寒い日が多かったが車内でくつろげて助かった。


<iPodについて>

ロングドライブのために買ったiPodが初めて実戦に。

CDが嵩張ることもなく非常に具合が良かった。
なにより一人で長い運転中にCDを交換しなくていいのは楽だった。

ヘッドホン嫌いなんで、外付けの安モンスピーカー(580円)がかなり活躍した。

車内泊で、晩メシから寝るまでの時間にiPodにシャレで入れてた落語が大活躍。

ヘボスピーカーで聞く落語に味があって、かなりご機嫌だった。
落語のストックを増やそうと思ってしまった。


旅行の最終日に注文してたカーステとiPodを繋ぐアダプター入荷の知らせが入った。
次回からは、直接デッキからiPodが操作出来るようになり、音質もかなり良くなるはず。

<ブログの更新>

旅先からの記事アップは、携帯のメール、ノートパソコンにPHS接続、ノートパソコンに携帯接続の3つの方法で挑戦。

マンガ喫茶に行ってそこから上げるのもやってみようと思ってたが、それは結局やらず。
エアーエッジのPHSが思った以上に快適だった。

ただ、ノートパソコンで、画像の取り込み、加工、ネットへアップ(通信)、ブログの文章作成等の一連の作業をすると、思いのほかバッテリーの消耗が早かった。

ハイエースには、コンセントがあるがバッテリー上がりが気になって、停車中は使う気にならず。

もっぱら移動中にノートパソコンへの充電にだけ使った。

ドコモの携帯では、直接メールに添付して送れる画像が小さくてチョイと不満。
文字数も少なく手頃な反面不満があった。

 *携帯での文字入力が下手なんで、どうせ長文はよう打ちませんが・・・。


<さぬきうどん巡り>

さぬきうどんの有名店ほど、営業時間が短かったりするんでスケジュールの組み方が重要になります。

延べで50軒を越えて、行ったことのない有名どころを効率よく回るスケジュールが組みにくくなってきた。

今回は何軒か2度目以上になるうどん屋に行ったが、今後は既に知ってる店と新規の店を組合わさんとスケジュールが立たないと思う。

1年以上ぶり、8回目の讃岐うどん巡りでしたが、やっぱりうどん好きには香川はたまりません。

四国へ渡る交通費さえ、もっと安ければ毎週でも行くのに・・・。




posted by えて吉 at 17:35| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先&遠出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。