2005年03月17日

久々にアイスクラッシャーで

カクテルネタが続いてます。カクテルではクラッシュアイスを詰めたグラスにお酒を入れるようなモンもたまにあります。

夏場にはけっこうええもんやと思います。

しばらく前に「今日のカクテル」で、クラッシュアイスを使った”サザン・アイランド・オキナワ”の記事が出てました。
その記事を読んで、台所に眠ってるアイスクラッシャーのことを思い出しました。

そこで、久々にそいつ引っ張り出してみました。

高校生の頃でしょうか、金属で出来た片手で扱うようなアイスクラッシャーを買ったこともありました。

機械というより、お玉や肉叩きのような道具に近いシンプルなモノ。

そいつはニンニクを潰すような格好で、氷がちょっとしか入らず潰れ方も雑でイマイチでした。

その後何年もアイスクラッシャーには興味があったんですが、買わないままでした。

2年ほど前に別の用事で道具屋筋をぶらついてて、真ん中くらいにある一般向けの雑貨屋のようなお店で見つけたのが今のアイスクラッシャーです。


値段は、1980円くらいやったと思います。(かなりあやふやです。)



ちょいと色が気にいらんかったんですが、手頃な値段でサイズもそこそこやったんで買ってみました。




それが、コイツです。




黄色がイヤな我が家のアイスクラッシャーこの黄色ってのがイヤなんですが・・・。

まあ、比較的コンパクトで場所を取らんのが救いです。



一番上をパカッと開けて、アイスキューブを放り込んでハンドルを力任せにゴリゴリ回すと下の半透明のカップにクラッシュアイスが溜まるっていうシンプルな作りです。


好みより粗めのクラッシュアイスが出来上がりちょっと見にくいですが、こんなが出来ます。

やや希望より粗めなのが残念でした。



今回は、まずは嫁さんの希望でフローズンマルガリータを作ることにしました。


”マルガリータ”って街場のちゃんとしたバーならさほど心配いらないですが、海外とか居酒屋ではちょいとアテが外れることがあります。

海外では、”マルガリータ”とだけ言っても、いきなりブレンダー(ミキサー)でシャーベット状にして、傘やらフルーツが乗ったトロピカル、アホアホドリンクが出ることがあります。

しかも、500mlくらいはいるような金魚鉢みたいなグラスで出てきたり・・・。

2回ほどヤラレタことがあります。


ショートカクテル用のグラスに、シャーベット状ってのもええんですが、クラッシュアイスで作るのも一つのスタイルではないかと思います。


私は色んな意味で影響を受けてる「吉田バー」で、このスタイルに馴染みました。



こんな出来上がりでした。



吉田バースタイルのマルガリータクラッシュアイスを入れただけで、気分は
吉田バーのマルガリータです。

クラッシュアイスを入れると、普段の量で2杯くらいに
なってしまいますね。


マルガリータのレシピは、以前の記事がありますので、コチラをご覧下さい。


アイスクラッシャーは長らく使うことなくしまいっぱなしにしてましたが、久々に使うとけっこうええ感じでした。

今年の夏はちょっとコイツを活用してみようかと思い始めてます。





posted by えて吉 at 19:10| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おーー いいなあこの機械。
思わず奥さん呼んで、「これこれ。これが欲しいねん」と言ってしまいました。:-)
Posted by 藤井直人 at 2005年03月17日 22:39
藤井直人さんへ

藤井さんのおかげですっかり忘れたコイツを
思い出しました。

私的には出来る氷がけっこう不揃いで粗いと
思うんですが、温かくなったらしばらく
使ってみます。

値段が安かったから仕方ないですが。

これ以上、マトモなやつってけっこう値段が
するんで不満でも買い換えの予定はないですが・・・。

Posted by えて吉 at 2005年03月17日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2462480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。