2005年03月07日

嫁さんの友達をご招待して宴会

土曜日に嫁さんの高校時代のツレを招待した宴会のことを上げさせて貰います。

メインはずっと前から、決まってたんですがツマミをどうするかが、なかなか決まらず。
結局その日の昼過ぎになって簡単なモノを数品用意することに決めました。




メインは、前日に届きました。



何からなにまで揃った鍋セット何からなにまで揃った鍋のセットです。

野菜からポン酢、ダシ昆布まで入ってました。



なんの鍋かって言うと”あんこう鍋”です。


うちの家は、あんまり”お取り寄せ”をしないんですが、コレはお歳暮で貰いました。

百貨店からカタログだけ送ってきて、好きなヤツを選ぶって形式でした。

他に肉とかフグとかもあったんですが、一番私らに珍しいモンということで、”鮟鱇”にしました。

高級なモンを二人で食うたらバチ当たりなんで、嫁さんの友達との宴会で食べることにしました。

商品を出してるのは、北九州市の門司区にある「割烹 まんねん亀」というお店。

お店のウェブサイトによると、フグが看板料理のお店でした。

サイトには、”あんこう”の”あ”の字も出てませんが・・・。




家でアンコウ鍋をやるのは、初めてでした。

送られたセットに入ってた説明書に従ってやりました。

それによると、アンコウの身のアクを取るために事前に下処理として茹でろとありました。

旨味が無くならんかちょっと心配でしたが、やってみました。


半信半疑で下茹でした鮟鱇説明によると沸騰した湯で5〜6分茹でろとのこと。

ちょっとビビって4分くらいで上げました。


そいつを水に晒しながらよく洗えとのことで、洗い終わったのが上の写真です。

かなり身が縮んでましたが、言われた通りにやったんで”ヨシ”としておきました。

下茹での時にエライぎょうさんのアクが出たんで、まあ先にいっぺん茹でたんは正解かもしれません。


先ほど検索を掛けたら、あんこうはクセがあるから味噌味でやるってのが多いんですね。
今回のは普通に”ちり”でやって付いてたポン酢で食べました。

アンコウって以前に食べたことはあると思うんですが、まったく味に記憶がありませんでした。

今回は、席が鍋から離れてたうえにアテを作ったりに忙しくあんまり味わわないままに終わってしまいました。

雑炊は旨かったんで、やっぱり旨い魚なんでしょうね。

アン肝は、小鉢で分けてあったんでゆっくり食べられました。こいつはたまに居酒屋なんかで食べますが、日本酒によう合うアテでした。




鍋以外に用意したツマミについても紹介させて貰います。


蒸し鶏とタタキキュウリのヤンニョンジャン和えまずは、すぐに出せる料理です。

蒸し鶏と叩きキュウリのヤンニョンジャン和え


あんまり時間がなかったんで、蒸し鶏は電子レンジで作りました。

白ネギの青いところ、生姜、ニンニクの薬味をたっぷり使い日本酒で蒸してやりました。
薬味の風味がちゃんと付いたんでけっこうええ出来でした。

そいつを、酒や醤油、ニンニクで伸ばしたヤンニョンジャンで和えました。


本マグロのネギトロこいつもすぐに出せる料理として用意。

本マグロのネギトロです。


普段は、どんなマグロかも分からん安いのでやってますが、今回はたまたまスーパーにマグロがぎょうさん並んでて、本マグロのトロのすき身がありました。

かなりええ値段でしたが、お客さまなんで奮発。

ネギをたっぷり和えたら、なかなか旨かったです。




この2品に続いて、火を使う料理にかかりました。


豆腐と鮭缶の揚げモンです。”ひろうす(飛竜頭、がんもどき?)”みたいなモンです。
こいつは写真を取り忘れたんですが、同じようなんが、コチラの記事の下の方にあります。

前回は、ツナでやったんですが、今回は鮭の水煮を使いました。

味付けは、ダシを効かせて和風に仕上げました。

揚げたてを食べるとビールによう合うええアテになりました。



最後は、ちょっとは料理らしいモンをやることにしました。





ウナギとネギのオムレツウナギとネギのオムレツです。

ちょっとだけ裂けましたが、焼き加減や味は満点でした。


久々にオムレツを焼くときは、流石に緊張するんですが、ほぼ完璧な出来上がりでした。
ウナギは売ってる蒲焼きを小さく切ってから、ネギと一緒にチンで温めました。

そいつに鰻丼のタレをちょっとだけ掛けて味を付けて、オムレツの中に入れるだけ。

料理としては簡単ですが、中がトロトロ状態でかなり評判が良かったです。


コレを食べて、鍋が終わってから雑炊で締めました。

鍋関係はバタバタしてて写真には撮りませんでした。




雑炊が終わってから、お土産に貰ったモノを開けました。



お土産にもらったヴーヴ・クリコのロゼヴーヴ・クリコのロゼ(Veuve Clicquot Ponsardin Rose)です。

贅沢なシャンパンをお土産に頂いてしまいました。



ロゼでもしっかりした辛口でなかなか旨かったです。感謝、感謝。

ウチからは、お返しに「森伊蔵」をみなさんに飲んで貰いました。


私が、クック役を終えて、さあ飲むぞって頃に嫁さんが突然出て行きました。





しばらくして戻ると、こんなモンを買うてました。




帝塚山ポワールのケーキ帝塚山のポワールのケーキ。

私はいつものように遠慮しました。


ここのケーキは、この辺では一番”名前”が通ってるようです。

中にはメチャクチャな値段のモンもありますが、今日のはそこそこやそうです。


女子3人が遊びに来てくれて、10時過ぎまで宴会してたと思います。

大爆笑の渦がなんべんも巻き起こるような宴会でしたが、なかなか楽しかったです。

料理の売れも良かったんで、おそらくお客さんも楽しんでくれたと思います。







>嫁さんへ

自分のツレなんやから、次は1品くらい料理しぃーや。



posted by えて吉 at 14:53| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴーヴ・クリコのロゼ初めて見ましたっ!
Posted by みふブー at 2005年03月07日 21:39
みふブーさんへ

私も初めて見ました。

持ってきてくれた子の話では、百貨店で
売り場の人が限定品やって言うてたそうです。
Posted by えて吉 at 2005年03月07日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。