2004年06月21日

冬瓜の煮物の作り方

レシピのネタが増えないんで先日の宴会で作った冬瓜の煮物の作り方を記事にしてみます。

冬瓜の煮物


この写真の出来上がりは、私の好みからするとちょっと色が付きすぎてる気がします。



買ってきた状態の冬瓜*買ってきた状態の冬瓜

近所のスーパーは最近1/8のサイズで売ってることが多いですね。
炊く時はせめて1/4位の量がないと落ち着かないです。


皮をむいて、適当な大きさに切ってやります。煮物の基本で、できるだけ大きさを揃えた方がええんでしょうね。

ワタをとって、皮をむいて、面取りしてるとどんどん量が減っていきます。
面取りはせんでもあんまり煮くずれせえへんと読んだことはあります。

ただ、私は冬瓜は、なんとなく面取りしてある方が気分がええので毎回邪魔くさいと思いながら面取りしてます。


皮をむいた冬瓜*えらく量が減ってしまいます。

大きさの不揃いは、素人やからしゃあないと目をつぶります。


冬瓜を鍋に入れた状態*鍋に入れてダシを張ったところです。

これを落としぶたをして炊いてやりました。


ネットで調べたら、冬瓜の高さの7分目まで出汁を張ればいいと書いてるところもありました。

私は、ひたひたでだしがかぶる程度に入れました。

味付けは、ほんのチョロッとの薄口醤油と塩にこれまたわずかなみりんを加えました。
イメージとしては、ごくごく僅かな塩と入れた入れないかの量の醤油を垂らすって感じです。

極力、薄味にして冬瓜の風味を楽しむっていうのがいつもの目標です。

そのあたりは皆さんのお好みで味付けしてください。

炊くのは沸騰してからは中弱火でコトコトとある程度時間をかけて炊きました。
出来上がりの加減は、竹串がすっと入るのを基準にしました。

私は出来上がったと思って、すぐ鍋ごと水に浸けて荒熱を取りました。
ちょっと手前で火を止めて余熱で火を通す方が味はよく染みるのかも知れません。

ただ、どの程度手前で止めるかの具合が分からないし、火が通りすぎてグニュグニュになるイヤなんで、すぐに冷ましました。

これを一晩冷蔵庫で冷してから食べました。暑い夏にお勧めのサッパリした一品です。




posted by えて吉 at 12:14| 大阪 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | レシピ&作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
冬瓜の食感を楽しみたいと思い、探したところこのレシピを見つけました。
おいしそうなので是非作ろうと思います。
Posted by ヤユヨーン at 2013年07月27日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

冬瓜を煮てみました。
Excerpt: えて吉の飲み食いさんちで『冬瓜の煮物の作り方』の記事を読んで、「ふむふむ。冬瓜って夏には冷やして食べればいけるんね」と一つ賢くなってスーパーに買い物に行くと、なんと冬瓜が半額に! これは作るべき..
Weblog: くるくるごはん
Tracked: 2004-06-21 16:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。