2004年06月20日

昨日の宴会のメニュー

嫁さんと私の実家と両方に行って、父の日のプレゼントを渡してきました。

梅雨のさなかでおまけに台風が接近してるのに、大阪は朝からビシッとした青空でした。そのなかをチャリで、まずは私の実家へ。

その後で鶴橋の市場へ買い出しに行きました。それから家の近くに戻り嫁の実家へ。

ちょっと途中でくるくるパーになるくらい暑かったですね。

さて、両家の親父孝行をしてきて自己満足できたので、昨日の宴会の料理を紹介してみます。

 *献立名にリンクを張ってるヤツは、そこに作り方があります。

ピータン  冷しゃぶサラダ

*ピータンと豚肉の冷しゃぶサラダ

ピータンには、白ネギのみじん切りを入れたソースをかけました。
宴会前に盛りつけて先に写真を撮っておいたので、写真にはソースがかかってません。

中心に盛りつけたオクラが色のええバランスになったんと、実際ネギソースと食べても美味かったです。

冷しゃぶは、豚に軽く下味で塩こしょうをしてから、表面に片栗粉をつけてみました。
片栗粉のおかげで、表面がツルッとなって口に入れるとすっと食べれました。

しゃぶしゃぶにしたお湯には、臭い消しでショウガとネギ、酒を入れてやりました。

サラダの方は、キュウリ、アスパラ、貝割れです。
細めのアスパラを斜め切りして、それに釣り合うようやや太めに刻んだキュウリを混ぜました。

このサラダの味付けは、手抜きして市販の中華ドレッシング、ポン酢を各自好きにつけて貰いました。

ピータンのネギソースをかけても行けました。


アジのなめろう  すじ肉とコンニャクの煮物

アジのなめろうとすじ肉とコンニャクの煮物

アジのなめろうは、私の好きな酒のアテ。

昼頃にスーパーに買い出しに行くと、最初は売り場には”関アジ”しか並んでませんでした。関アジやと5割以上値段が上です。

そんなブランドもんをグチャグチャに叩くのもアホらしく献立から外そうかと思ってたら買いモンの最後に魚売り場をもう一回のぞくとあったので、メニューに加わりました。


すじ肉は、昨日からたいた手間だけはかかった一品。

まずたっぷりのお湯でサッと下ゆで。

それから、ネギ、ショウガ、日本酒を入れたたっぷりの湯で3時間茹でました。

今回はちゃんとだしを引いたので2番だしに、黒砂糖、醤油、酒、ショウガを加えた中で1時間ほど炊きました。

これで1日目終了。

次の日に朝に1回火を入れてから、夕方まで置きました。

コンニャクの方は、昨日の昼頃から、牛すじと較べると少し濃い味つけのダシで2時間ほど炊いてから、出汁を切ってすじとあわせました。

時間をたっぷりかけて炊き込んだだけに、すじ肉は口に入れると溶けるほど柔らかくなってました。

ただ、今回は最初に味付けに入れた一塊りの黒砂糖が大きすぎて、味が思ってたモンから少しずれてしまいました。夏なんでできるだけあっさりさせるために、予定ではかなり上品な味付けにするつもりがえらく分かりやすい味になってしまいました。

まあ食べてみれば、自分では美味しかったでよしとしておきました。


とんぶりと叩き梅の和え物  冬瓜の煮物

とんぶりと叩き梅の和え物と冷たい冬瓜の煮物

とんぶりは、最近買った非常に小さな小鉢に入れてやりました。

写真では単独で写ってるんでわかりにくいですが、お猪口くらいの大きさです。

今回来てくれたA女子に、和食の世界じゃとんぶりはどう食べるかと聞きましたが、やはり料理の”あしらい”に使うのがほとんどやとのことでした。

梅と和えるのは使えることが分かったんで、もうちょっと別の食べ方を考えたいもんです。

冬瓜の煮物は、牛すじと並んで自分の中では一生懸命作った1品です。
切り方からごっつう丁寧にやってみました。

これも前日にだしを引くところからやって、一晩冷しておきました。
器もきっちり冷して出したんで、夏っぽい一品になったと思います。

私が食べた時は他の料理を出して一段落してからだったんで、すでにぬるくなってましたが・・・。

いつもはほとんど色を付けないように気を付けて、味もごくごくあっさり薄味に付けるんですが、なんの加減かボケた量の醤油を入れてしまいました。おかげで、写真のような下品な色になってしまい若干減点ありって感じです。

冬瓜ってめんどくさいけど、夏になると毎年一度は炊いてます。ただ、今年は、今回のヤツが満足な出来ではないんでもう1回は挑戦するかもしれません。


鶏の味噌マヨネーズ焼き  トマトの酢醤油漬け

鶏の味噌マヨネーズ焼きとトマトの酢醤油漬け

鶏の味噌マヨネーズ焼きは、全体があっさり系なんで、ちょいと濃いヤツを作った一品。
今回は、鶏とシメジに白ネギの薄切りを加えました。

グラタン皿に盛りつけてから、大葉を散らしてやりました。

味噌、隠し味の柚子こしょう、大葉で何となく和風系な皿にしてみました。

トマトは湯むきして醤油、ダシ、酢、砂糖を合わせた漬けダレに前日から入れて冷しておきました。一晩おくと味がなじんでやっぱり美味いですね。
 

今回の宴会の料理は、以上。

本当はもう一つ豆皿?に入れるツマミにチャンジャも用意してたんですが、十分そうだったんで出しませんでした。

あとそうめんも出来るようにミョウガも用意してましたが、だいたいみんなの腹がふくれたようだったんでコレもやめておきました。


飲み物は、ビールで乾杯。Aがビール嫌いなんですぐ白ワインも開けました。

それから、家にあった土佐鶴の純米酒の残り3合ほどを空けてから、二人が土産に持ってきてくれた古代米を使った「紅しずく」という日本酒を飲みました。

私はその間にビールと島(菊之露)をちゃんぽんでやってました。

飯のあとは、飲みタイムでマティーニ、ジントニ、カンパリソーダ etc.をオーダーに応じて出してました。

で、今回は飲み関係で大チョンボ。
ライムを切らしてたのに、買うの忘れてしまいました。

二人が私のブログでジントニックの記事を読んでくれてて話題になったのに、出せませんでした。

スーパーまで買いに走ろうかと思ったんですが、その時ちょうど豪雨だったんで断念。
ジントニ好きがお客さんの時にライムを切らすなんていう、珍しい失敗をしてしまいました。

今回のツレもきっちり飲んでくれるペアだったんで、迎える側として嬉しかったです。

料理の方は、もと和食の職人のAにどうだったか不安ですが、まあこちらが満足したからヨシとしておきましょう。


posted by えて吉 at 16:25| 大阪 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
手のかかるメニューばかり。さすが、えて吉さんですね。
トマトの酢醤油漬けって初めてみました。なんだかとっても興味をそそられます。夏バテしたときなんかにもよさそうですね。
Posted by reitato at 2004年06月20日 18:05
手間だけはかかりました。(^_^;)

技術不要なモンばかりです。

トマトのヤツは、私はあんまり
酸っぱいのは苦手ですが、ポン酢みたいに
しても、ダシっぽくしても夏場にはいけると
思います。

ごま油やオリーブオイルとハーブ類を加えて
アレンジも可能だと思います。

一晩置くの理想ですが、いつもは
我慢出来ないですね。
Posted by えて吉 at 2004年06月20日 18:24
きれいな料理ですね〜。

ピータンは、ビールに合うので好きです・・・。
なめろうも、千葉に泊まりに行ったとき初めて食べましたが、おいしいですよね。いっぺんでアジ好きになりました。。。
Posted by bunkasaba at 2004年06月20日 19:42
bunkasabaさんへ

> きれいな料理ですね〜。

褒めていただき素直に嬉しいです。

ピータンはあのアンモニア臭で好き嫌いが
分かれるんでしょうね。

なめろうは10年位前の新聞記事で知ったので
本物は食べたことがありません。

きっと現地のヤツは美味いんでしょうね。
Posted by えて吉 at 2004年06月20日 20:45
いやー、ほんとに昨日は大変ご迷惑を
おかけしました<(_ _)>
少々痩せたせいか、酒量が減って減って、
あの位でダウンしてしまうとは・・・
情け無い限りなのですが、居心地良くって
ついつい気が緩んでしまいました。
申し訳無いっす。

それにしてもご馳走様でした。
感想を書き込んでおられる方々には
非常に心苦しい限りですが、どの品も
現実、大変美味しかったです。

僕ぁ味音痴なので、細かい事は分からない
のですが、もてなしの為、思いを馳せる。
準備に走り回る。文字通りご馳走とは
こう言うものだなと思います。

酔っ払っててその場の感想が言えてません
でしたので、この場を借りて。
ご馳走様でした<(_ _)>

懲りずにまたお呼ばれしたいなぁと(笑)
Posted by Gromit at 2004年06月21日 00:13
Gromitさんへ

先日はお疲れさまでした。

うちはいつでも泊まりOKの家ですんで
気にせんとってください。

ダウンというてもただ寝ただけやし。

料理の方は過分のお褒めの言葉
ありがとうございます。

気楽に飲んで食ってして貰えたんなら
私としても嬉しい限りです。

ぜひまた猫と遊びがてら、飲み食いしに
来てやって下さいな。
Posted by えて吉 at 2004年06月21日 07:47
この前はお世話になりました。
ろくにお礼も言わず帰ってしまいました(^^;

トマトの酢醤油漬け 美味しかったです。
湯剥きしてあるトマトに ほんのりカツオが利いて♪

冬瓜も美味しかったですよ。
しっかりした味付けでした。
プロ的にすれば 青みを飛ばしたってことだけは
ケチつけなアカンのでしょうが
あれは あれでOKやと思います。

すじ肉も思ったより アッサリしてました!

今回 味付けは、かなりアッサリ目?で
私の好みに合わせてもらったのかも??
と思いつつ 頂きました。
ごちそうさまです。

追伸
トラックバックの使い方 間違ってます?
Posted by はる at 2004年06月21日 22:38
トラック&コメントおおきにです。

冬瓜の青みは、私も不満な点でした。
もうちょっと精進します。

全体は、刺激物を避け出来る限りはるさん
向きには努力してみました。

次回はもう違う料理は出せないかも。
あっさり系ってそんなに持ちネタがないんで。

また遊びに来てくださいな。

トラックバックの使い方はこんなんも
ありやと思いますよ。

Posted by えて吉 at 2004年06月22日 00:28
初めまして。こんにちは。
「紅しずく」というお酒の情報を探してこちらにたどりつきました。
もし知ってたらでよろしいのですが、飲まれたという「紅しずく」、どこの酒造メーカー(産地)かご存じでしょうか??

実は5年ほど前、弟が1度飲んで非常においしかったそうで。しかし「紅しずく」という名前しか記憶になく…探してもないんです(><)
突然のお願い、たいへん失礼ではございますが、
ご記憶にございましたら、教えていただけませんでしょうか??

お料理どれもおいしそー!!
鶏の味噌マヨネーズ焼き、食べてみたいです…。
Posted by マチ at 2005年11月28日 11:46
マチさんへ

はじめまして。こんにちは。
捜し物をされてるのに、レスが遅くなってすいません。

お尋ねのお酒をくれた友人に問い合わせしてました。

友人が買うたのは、奈良県の米屋さんやそうです。
そちらに尋ねられてはいかがでしょうか?

「乾米穀燃料店」
奈良県北葛城郡王寺町本町4‐4‐1
0120‐20‐2223

友人曰く「確か明日香か吉野で作ってるとか」
とのことでした。

お役に立てなくてスイマセン。

Posted by えて吉 at 2005年11月28日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224255
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

美味しかった〓
Excerpt: 久々ブログ  サボッてた訳やないんやけどね。 知り合い(通称・えて吉さん)のお宅
Weblog: 三十路女の独り言
Tracked: 2004-06-21 22:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。