2004年06月12日

酒瓶の棚卸しをやってみる

【持ち回りテーマ∞第15回テーマ:酒】

milc1011さんの「呑んでますか?(HP)」というサイトで読んだ酒瓶の棚卸しネタを私もやってみました。

うちの酒瓶の様子は、以前にネタにした「BAR「えて吉」リニューアル」をご覧下さい。


まずは、大物から
泡盛(菊之露)の甕5升:1個
・泡盛(琉球王朝)の甕3升:1個
・麦焼酎の甕1升:1個
・泡盛の一升瓶:6本
・焼酎の一升瓶:芋、麦各1本
・日本酒の一升瓶:1本
・日本酒紙パック3L:1本

以下は、原則720mlボトル。数本500mlおよび1L前後を含む。

蒸留酒系
・ブランデー:5本
・カルバドス:2本
・グラッパ:1本
・ウィスキー
  スコッチ:10本
  バーボン:3本
  カナディアン:1本
  ジャパニーズ:3本
・ジン:4本
・ウォッカ:5本
・ラム:4本
・テキーラ:3本
・ピンガ:1本
・その他スピリッツ:4本
・焼酎:麦5本、芋2本、そば1本、黒糖1本、米1本
・泡盛:5本
・韓国焼酎1本

リキュール系
・果実、ナッツ、薬草、その他:32本

ワイン系
・ベルモット:2本
・シェリー:1本
・赤白ワイン:20本
・スパークリング:2本

大物以外のボトル類総数:119本。

うちのボトルは、ワインをのぞいて基本的に全て開封済みです。ごくわずかスットク用で未開封もありますが手に入るとすぐ味見をするので、ほとんど開いてます。。これ以外には、ミニチュアやポケット瓶が、ゴチャゴチャ10本前後あります。

最近は基本的には無くなったボトルの補充、それもまた飲むと分かってるヤツだけにしてるんで、全体はやや減少傾向です。

元々定番にしてたヤツでも、いくつかは贅沢やからと補充なしのヤツもあります。

ワインは、今月の頭に補充したところなんで、うちでは一番在庫が厚い状態です。

ごく大雑把とはいえ、種類ごとに勘定したのは初めてでしょうか。
これってやっぱり多い方でしょうね。おそらく。

酒好きなのは知られてて、宴会をしょっちゅうやってるとお客さんがお土産にくれることも多いですね。

麦焼酎が意外と本数あったのは、貰いもんのおかげです。
「百年の孤独」もツレからもらったモンです。

逆に芋焼酎は、自分が飲むだけと思ってるんで普段用の1升瓶以外は意外と少なかったです。

最近のお気に入りは、やっぱり古酒の甕ですね。

1年に1回だけ開けて、味見→仕次ぎを行いつつ
熟成を待つってところに、喜びがあります。

posted by えて吉 at 09:37| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アルコール全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
すごいですねー。こんなに何処に置いているんでしょう?
酒用の納戸があるとか?
Posted by absinth at 2004年06月17日 18:13
absinthさんへ

コメントありがとうございます。

台所で一番大きな場所を取ってる
棚がほぼ酒瓶類で埋まってます。

ワインは、クロゼットの中に
ワインラックを組んでます。

その他、酒器など酒関係で
やたらと手狭になってますね。(^_^;)


Posted by えて吉 at 2004年06月17日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。