2004年06月11日

焼酎を置いたらBARじゃない?

このネタは、最初 ajaraさんの「酒場我道 バーテンダーの戯言」の記事(HP)へのコメントとして書くつもりでした。

下書きをして長くなりすぎたので、こっちで記事にしてトラックバックさせていただくことにしました。

 *ぜひ上記”HP”から元ネタをご一読下さい。そちらが前提になってます。

ネタは、タイトルの通り、「焼酎を置いてるバー」についてです。

私が一人で初見のバーに飛び込んで、焼酎が並んでたら「あーあ、ここは流行(はやり)系か」というのがおそらく第一印象でしょう。これは、私の正直な感想です。

私は天の邪鬼なんで、ついつい流行を毛嫌いしてしまうところがあります。
だから今みたいに焼酎が流行ってると、ついその店が流行に迎合したかと勘ぐってしまいます。

でも、そのお店のマスターが焼酎に造詣が深くて”分かって”ボトルを並べてはるんなら、カウンターで飲んでれば「うんッ?」てなんかが引っかかる気がします。お店の真剣さというか、真面目さ、こだわりって酒棚?からも伝わる気がします。

私自身は焼酎に詳しいわけではないので、並んでるボトル(銘柄)から造詣の深さを測るなんてことは出来ませんが・・・。

そもそも”場”として良質なら、私はそのバーの全てを”是”として楽しみます。
客は好みに応じて選べばええんですから。

カウンターに日本酒の一升瓶を並べたり、沖縄に関心もないのに古酒の甕を並べられるとその軽さで気分はぶち壊しです。しかし、そうでなければ美味い焼酎があれば、あったで客としては楽しみが増えてありがたいじゃないでしょうか。

バーの一つの楽しみ方には、自分の知らないお酒を試すというのがあると思うんです。ショットにしたら、酒屋で買うより割高ですがそれでも自分では「買わない=試せない」お酒を試せるのはすごい値打ちがあると思います。

バーテンダー、バーテンドレスの方とのコミュニケーションとしても、珍しいお酒を介してなら自然で嫌みがなくていいと思います。特に初回からしばらくはお酒をネタにしての会話って、手頃でしかもちゃんとバーでの会話としては中身がある気がします。

もちろん、オーセンティックなバーで、焼酎どころか、リキュール系も流行モンを置いてなくてもそれはそれで、気分がいいんですよ。

*そんな本格風のバーが特定の酒の流行がピークを迎え陳腐化した頃に我慢しきれずに置き始めるのは、”老醜”を感じさせて一番嫌いです。


ajyaraさんの記事を読んでてBARという独立した城を構えてる方々でも、意外と横の批判があるんだなあと思いました。
しかも、それがあんまり前向きでない方向なんで、「やっぱりここでもか」って感じです。

私の文章力では、ヨレヨレになってきたので、最後に結論だけを。
別にバーの業界がどうこうって事じゃないんです。

偏見、こうあるべき、っていう圧力は、使い方を間違うと”ええもん”を殺すんですよね。

守・破・離って勘違いすると土台なしの、ええかげんな我流になるとは思います。
でも「守」の段階を越えたもんの真剣な努力は、生かしたほうがええモンを生むんですよね。。

真剣にスタイル(あり方)を考えてる人間にマジョリティor保守派が、「違う」というだけで一方的に批判をするのは、どうかと思いますねー。

「ほー、あんたはそんな風にやるんや。(まあ、がんばりーや)オレらはこうやるわ。」ってのが、(ミニマムの基準さえクリアしてたら)健全な気がします。



*私の料理は、我流の我流なんで、「そらあかんで」というコメントは大歓迎ですよ。
 ていうか、気づいたら是非、教えてやって下さい。ほんまに。

posted by えて吉 at 22:39| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | アルコール全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えて吉さん。いつもありがとうございます。
あじゃらでございます。

えて吉さんのおっしゃっている事、
大変うれしく読ませていただきました。
伝統的や保守的でも、僕は良いと思うのですが、
やはり、真剣かつ発展的に捉えたいのが僕の信条。
僕なりの「現在」を表現していきたいと思っています

えて吉さんのような公正明大で、
かつ自分のスタンスをきちんと持っておられる
御客様から、いろいろな評価を頂ける事は、
自分の「身の丈」を知るという意味でも、
大変重要で、うれしいものです。
(それは、良い意見でも悪い意見でもです。)

また、いろいろとお話聞かせて下さい。



酒場をやるものにとって、とても励みになりますね。
Posted by あじゃら at 2004年06月12日 19:29
あじゃらさんへ

私の文章自体は、どうかと思いますが
出来る限り正直なところを書かせて貰いました。

お店と客、それぞれのサイドの意見が
交換出来るのはブログの値打ちだと思います。

私は、客として勉強もしつつやっぱり自分が
”楽しむ”ことを優先させて頂くと思います。

これからも、違うサイドから意見が交換できたらと
思います。
Posted by えて吉 at 2004年06月13日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

理屈は酒の肴?
Excerpt: BARのバックバーには、それぞれのお店が選んだ、 珠玉の酒瓶が所狭しと並びます。 お店が「これは!」というチョイスで選んだお酒。 得意なジャンルには特に力が入ろうもの。 が、これを突っ込み..
Weblog: 酒場我道 バーテンダーの戯言
Tracked: 2004-06-12 19:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。