2006年06月22日

ブログ本「男が女に料理を作るとき」

ブログ本って言うんでしょうか、有名なブログが書籍化されるのが流行ってますね。

1つのブログではないですが料理関係のブログ本です。


料理のブログ本「男が女に料理を作るとき」の表紙「男が女に料理を作るとき―男の料理ブログ・人気レシピから 料理がうまい彼は私の自慢」
 *アマゾンへリンクしてます

価 格:680円
単行本:143ページ
出版社:セブン&アイ出版 (2006/06)
ASIN :4860081188



アマゾンの「商品の説明」のコピーです。

出版社/著者からの内容紹介
モテる男は料理が上手。全国2500万人の独身男性に捧げる「モテ男」になるための最強レシピ集です。「男の料理ブログ」を運営するブログマスターの協力を得て、これまで彼らのブログに掲載した記事の中から、とくに魅力的なレシピを選んで構成しました。


出版元がセブン&アイ出版ってことは、セブンイレブン用ってことなんですかね。

ここ2日ほどセブンイレブンに寄った限りではどこにも並んでなかったです。

ちなみに私は送料を省くため嫁さんのCDを買うついでにアマゾンで注文しました。





<以下自分用メモ>


実はこの本にうちのブログからもいくつかの料理を取り上げて頂きました。

うちのブログは今まで雑誌に紹介されたりもなく細々とやって来ました。

それが初めて紹介されるときにコンビニ専用本かもしれませんが、見開きで16ページも載せてもうてます。

うちの「家宴会ネタ」ばっかりが取り上げられました。

ブログの紹介っていうよりは、料理メインなんであんまりうちのベタなカラーは出てませんね。

本を先に読んくれた人がもしうちのブログを見に来てくれたら、エライ落差に驚きはるかもしれませんなぁ。


本に取り上げられたうちの記事へリンクを張っておきます。

書籍のタイトルからうちの元記事へ飛ばしておきます。(掲載順)



 メインはパエリア ビールと白ワインの週末
 
 わが家の定番料理をメインにふるまう
 
 季節感のある肴をメインに
 
 小皿料理を集めてチャイナな宵を
 
 誕生日にはひと手間かけた特別料理

 女性が主役の宴に大人なご飯

 気合を入れて和食で宴会
 
 それぞれが腕前を披露する宴会
 


ちょいと感想なども書いておきましょう。

本のスタイルとしては、見開き2ページで1回の宴会ネタを取り上げはります。

ほんで毎回うちのブログの記事を要約したような囲みのコーナーがあります。

間違いなく私の書いた内容なんですが、部分的なんで本人が読むと不思議な感じです。

登場人物なんかは初めて読む人にはちんぷんかんぷんでしょうね。

レシピを再現してはるんですが取り上げる料理が、自分の気合を入れた料理じゃなかったりするところが面白いです。

その日の宴会で自分ではほんの軽い一品と思ったモノが注目されると変な感じです。

”女性が主役の宴に大人なご飯”って中に出てくる豆腐とツナの揚げモンは、昔の記事やからしゃあないんですが、最近かなり進化したんで古いヤツが紹介されるとなんか恥ずかしいですわ。

レシピとして取り上げられてるんですが「ひろうす」に差し替えてくれって言いたかったです。(^ ^;)


どの程度本屋やコンビニに並ぶんか分かりませんが、うちのブログを読んでる人が見たらどんな印象を受けるかは聞いてみたいものです。



最後に、同じ本に登場するうち以外のブログを書いておきます。

みなさんうちと較べるとカッコええんで、うちみたいなサイトが混ざっててええんかいなって気になりますわ。

そもそも男の料理ってテーマやけど、うちはどっちかという「おばはんクサイ」料理が多いですしね。(^ ^;)


celicciって誰?

ダンナごはん!!

男の料理大作戦

男が作れる超簡単料理

銀座で1人暮らし

SEが料理

“B級グルメ”健太郎のかんたんレシピ

男の料理 出来ない女の為のレシピ



<後日 変更>

”<以下自分用メモ>”というところ以降は投稿時に「続き読む」形式で折りたたんでました。

月単位の記事保存のために折りたたまない形式に変更しました。
posted by えて吉 at 15:04| 大阪 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 飲み食い本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
16ページってなんかすごそうやん!明日早速本屋に寄ってみよう!
Posted by Ayax at 2006年06月22日 22:25
Ayaxさんへ

> 16ページってなんかすごそうやん!
明日早速本屋に寄ってみよう!

スゴイですかねぇ、ありがたいことではありますが・・・。

もしご覧になったら、よければ感想なぞ教えてやって下さい。

Posted by えて吉 at 2006年06月22日 22:37
事前に掲載の連絡とか原稿のチェックとかは
ちゃんとあったんですか?
完成本も普通1冊は贈呈で送ってくると思いますけど。
Posted by gasintare at 2006年06月23日 10:26
gasintareさんへ

> 事前に掲載の連絡とか原稿のチェックとかは
ちゃんとあったんですか?

そのへんの手続きはちゃんとありましたよ。
記事の具体的な内容は、出版間際でどうこう言うのも迷惑だと思い、
そのまま了解しました。

> 完成本も普通1冊は贈呈で送ってくると思いますけど。

私は初めてなので何が普通かは分からないです。
どんな出来か気になってたんですぐ送ってくれてりゃ、
気分は良かったでしょうね。(^^)
Posted by えて吉 at 2006年06月23日 10:45
本になったってすごいですね。おめでとうございます。
本になると,女性とか大人とか,思ってもみない題名になってるんですね。。。。。宴会の登場人物としては,とっても不思議な感じがします。
セブンイレブン行ってみますね。
Posted by Rママ at 2006年06月24日 22:54
Rママさんへ

> 本になったってすごいですね。おめでとうございます。

すごいかどうかは分かりませんが、ありがとうございます。

> セブンイレブン行ってみますね。

セブンイレブンにはないかもしれません。
たまたま寄った天王寺の喜久屋には目立つトコに置いて
あって意外な感じでした。
Posted by えて吉 at 2006年06月24日 23:46
近所のセブンイレブンにて発見〜!雑誌コーナーの最前列に一冊だけあって、レジで売上カードを抜かれなかったので、補充されなかったら、他の人が買う機会を奪ってしまったことになるねえ、すまない・・・;;

このページ数のレシピ本でこのお値段はおトク感強いし、ヒット間違いなしだよ。堂々の一ページ目登場、かっこいいっ!それに、えて吉さんだけ、一ページに4〜8品目のせちゃって、レシピ数で数えたらいちばんたくさん貢献しちゃってるんじゃない!?

ところで本では、レシピの分量が一応書かれてるんだね。たとえば冬瓜の味付け、本では「だし適量、しお少々、しょうゆ少々」って・・・海南チキンライスにいたっては「適量」のオンパレードだけど・・・あえて中途半端にしといて、詳しく知りたい人をサイトに誘導する仕掛けなのかしらん。私、はまるわ〜
Posted by Ayax at 2006年06月25日 10:31
Ayaxさんへ

> 雑誌コーナーの最前列に一冊だけあって、レジで売上カードを抜かれなかったので、補充されなかったら、他の人が買う機会を奪ってしまったことになるねえ、すまない・・・;;

チラッと見て貰えば充分やと思うてましたが、お買い上げですか。

歩合で原稿料が入る訳やないですが、出版社に代わってお礼を言わせて貰います。<(_ _)>

> このページ数のレシピ本でこのお値段はおトク感強いし、ヒット間違いなしだよ。

うーんヒットはどうなんでしょ?
値段はたしかに安いですなぁ。

> 一ページに4〜8品目のせちゃって、レシピ数で数えたらいちばんたくさん貢献しちゃってるんじゃない!?

料理の内容、見た目含めて1品では勝負出来んからでしょうね。
数ありゃなんとなく料理に見えるってレベルで・・・。

> ところで本では、レシピの分量が一応書かれてるんだね。

私の元記事から先方で再現するってことでした。
うちでは全く分量書いてないから苦労しはったんやと思いますわ。

レシピ見ると、「へぇそれくらいで出来るんや」って本人が感心してました。(^ ^;)

> 詳しく知りたい人をサイトに誘導する仕掛けなのかしらん。

うちのサイトに来てくれても、情報量は下がるばかりで・・・。
アホな内容にあきれられそうですわ。
Posted by えて吉 at 2006年06月25日 14:29
えて吉さま、このような場で失礼をいたします。
ご紹介いただきありがとうございました。

>”女性が主役の宴に大人なご飯”って中に出てくる豆腐とツナの揚げモンは、
>昔の記事やからしゃあないんですが、最近かなり進化したんで古いヤツが紹介されると
>なんか恥ずかしいですわ。

おっしゃっていただければ、記事を差し替えましたのに。お気遣いを頂き、申し訳ありません。

それから、見本誌が手許に届いた日(当方のバックアップでは20日に送信しております)にご報告と著者献呈本をお送りしたい旨、メールを送らせていただきました。
もし、手違いでご連絡が届いていないようでしたら、アドレスの確認を含め、メールをいただければ幸いです。

宴会料理をメインに取り上げさせていただいたのは個人的な好みもございますが、何よりもその迫力に参ったからです。決してえて吉さまのHPの雰囲気を曲げて伝えるつもりはありません。
また、数で勝負という意図もなく、宴会に際し、えて吉さまがメニューをあれこれと選び、供する順序を綿密に考えていらっしゃる様子にいたく感動したからです。
当方の言葉と配慮が足りず、本当に申し訳ありません。
Posted by M_kurokawa at 2006年06月30日 02:05
M_kurokawaさんへ

> おっしゃっていただければ、記事を差し替えましたのに。

なにを選ばれるかも含めて自由にしてもらうつもりだったので、
M_kurokawaさんへの不満ではありませんよ。

> メールを送らせていただきました。

メールは届きませんでしたので確認のメールをお送りしました。
> 当方の言葉と配慮が足りず、本当に申し訳ありません。

この記事&コメントに書いたことは、不満という意味じゃないですよ。
気になさらないで下さい。

Posted by えて吉 at 2006年06月30日 03:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。