2006年06月13日

山田工業所の打ち出し中華鍋

新しい中華鍋を買うてもうて舞い上がっておりますので、ネタの順番を変更して上げさせて貰います。

日曜日の法事には、結局チャリンコで向かいました。

みんなでジュンク堂の上にある「ワッハ上方」に行くことになってました。


そこでチャリンコは日本橋に止めることに。道具屋筋を歩いて抜けて集合場所へ。

まだ少し時間があったんで、プロの厨房グッズを眺めながら歩いてました。

すると笑かすのがうちの親父らもそこにいたこと。おまけに、親父からは



 「どうせお前から、この辺おるやろうと思ってたんや」


と言われる始末。

(その台詞、そっくりそのまま親父に返すわい!!)って思いましたが・・・・。



道具屋筋をあるくと物欲が刺激されますなぁ・・・・。

女子の中にはブランドモン好きが多いようですが、そんな人がブランド品を売る店が連なってるとワクワクするようなもんでしょうか。

グラスの新しいのん見たいなぁとか、業務用の器でもちょいと粋めなヤツやったら家で使えるやろうとか。

おまけに意味もなくサンプルの蝋細工に引かれたり・・・。

嫁さんは久々の散歩に興奮した犬の手綱を引くような状態でした。



今回、その中でも何年も前から欲しかった「中華鍋」にえらく惹かれました。

さすがに法事の宴席に中華鍋背負っては行けんってので、一旦は我慢。

*(両手鍋やったら背負うて)

「アンタ、カメ仙人になりたいんかい!!」とツッコまれました。



普段やとそのまま宴会なんかを済ませると、同じ道を戻るのが嫌いなんで鍋はまた延期されてたと思います。

ところが今回は偶然チャリンコを日本橋側に止めてました。

仕方なく酒が入った状態でもういっぺん道具屋筋をあるくハメになりました。


嫁さんも酒が入ってたせいでしょうか、あんまり文句も言わず。



 「ずっと前から言うてるから買うてええよ」


との、男ッ前な台詞も飛び出しました。



前からなんべん覗いた店へ。そこは中華鍋をサイズ違いや種類違いをいくつも置いてるんです。

チタン製とか言うヤツは、際モンっぽいのでパス。

2種類に絞って高い方でもそんなに大したこと無かったので、長く使うモンやからええ方に。

サイズ選びは一瞬悩みましたが、ギリギリ振れるやろうってくらいのサイズを。

今の中華鍋もどきの不満は、鍋肌の曲線が気にいらんこととサイズがやや小さいこと。

そっちも使っていってもええんやから、デカイ目を買うことに。

33cmで3500円弱やったと思います。

プロの包丁なんかは目ぇむくような値段がしますが、中華鍋はリーズナブルですなぁ。


ほとんど衝動買いでなんの下調べもせんかったんですが、なかなか際どいチョイスでした。


まず、選んだサイズが、台所に持って帰るとかなりデカイ。


道具屋筋で買うた「山田工業所」の打ち出し中華鍋右が新しくかった「山田工業所」の打ち出し中華鍋。

左は今まで使って愛着はあるけど安モン鍋。

コンロのバーナー間の距離から較べるとかなり大きめ。


今までのは神戸に下宿した時にスーパーの荒物コーナーで買うた一般家庭用。

これでサイズは28cm。特段小さくはないんですが炒めモンは2人用が限界かと。

33cmになると横のバーナーに置いた鍋類と干渉しそうです。

コンロのしたのフライパン置き場にもギリギリセーフで入りました。

ここに入らんかったらどうなってたんかと思うと、ヒヤリと。(^ ^;)



買うてからやるあたりが私らしいんですが、中華鍋のことをかるく検索。

すると中華鍋の選び方のポイントが「打ち出し」やと。

ほんでそれを作ってるのはほぼ「山田工業所」だけやと。

へぇと思って買うた中華鍋の柄をみると、ちゃんとそこの刻印がありました。

知らんと業界のブランドモンを買うたと思うとラッキーな気分になりますわ。


昨日はさっそく使い始めやから鍋を「おろす」作業を。

とりあえず買うて来たままコンロの上で、ガンガン加熱。

さび止めを焼き切るためにしばらく焼きました。このへんの下処理って鉄鍋系はどれも一緒ですね。

ほんで、鍋が大きくと鍋肌やフチの方はなかなか色変わらんので鍋を傾けて少しずつ全体を焼いてやりました。

中華料理屋で見て覚悟はしてましたが、やっぱり一体型の持ち手は熱くなりますね。

乾いた布(今回は鍋つかみ)で握りましたが、なれるまで気を付けないととっさに熱いヤツを握ってしまいそうで怖いです。

その後自然に冷まして油を塗って、しばらく放置。

買いモンを済ませてから普段の料理のような手順でさらに慣らし。

たっぷりの油を入れてガンガン加熱、普段は油ポットに戻しますが今回は紙に吸わせてポイ。

そこに料理に必要な油を入れてから、一番安いと思ったモヤシを投入。

ガンガンと強火で炒めてみました。

初回は今までと較べるとメチャメチャ重くなってるんで戸惑いました。


「ごめんなぁ」と謝りながらモヤシにはサヨナラ。


タワシで洗って、コンロで熱して乾燥。

さらに料理の手順を初めからもう一度。

今度は塩コショウ、オイスター油、醤油も加えて味付けまで行きました。

中のモノを出したら、すぐにタワシでゴシゴシ。調味料を入れてもヒドイ焦げ付きがないのを確認。

洗って、加熱、乾燥して紙で油を全体に塗って放置。



しばらくしていよいよ1回目の料理を。


玉子が焦げ付くかチェックしたく、卵を入れた炒飯を作ることに。

玉子だけを先に炒める時に、一瞬鍋肌にくっつきそうに思いましたがお玉でこするとサッと剥がれて一安心。

具がなかったので、ジャコだけ入れてすぐご飯も投入。

広いし底がええ具合に丸いからご飯を鍋全体に押させ付けて広げるのがやりやすかったです。



新しい中華鍋での第1作は慣らしを兼ねて炒飯この中華鍋で作った第1作目はジャコチャーハン。

我が家のノーマルご飯が軟らかめなのを割り引くとかなりええ出来でした。

鍋のあおりは素人ですが、大きめで底が丸いからかなりやりやすかったですわ。


鍋掴みの扱いにバタ付いて、塩をちょっと入れすぎてしまいました。(^ ^;)

しっかり汗流してるヒト向きな味付けになりましたが、香ばしい玉子との香りとでなかなか良かったですわ。

鍋の表面の状態はほぼ”使える”になってると思います。これからガンガン使い込んでええ鉄鍋になって欲しいものです。


とはいえ33cmやっぱり重いです。(私は野郎の中じゃ非力な方ですが・・・。)

店頭で持ってみてギリギリとは思いましたが、うちの嫁さんでは洗うんも大変かも。

私が非力なだけかもしれませんが、選びはる方は重さにも注意してくださいね。

コンロや収納場所の大きさも考慮しとかんと、店頭やと巨大な調理用具に囲まれてサイズの感覚も狂いがちですし。

うちはギリギリなんの問題もなさそうですが、選び方には注意も要ると思いますよ。

下にリンクしておいたオールアウトではオススメサイズが30〜35cmとのこと。

たしかに料理することから考えるとそのくらいのサイズがええんでしょうが、女性が扱うのはか〜なりツライかもです。お気を付け下さいませ。


<参考>

*山田工業所の中華鍋について
 
 ・東京ガス:特集「Life & Off」 Vol.7 炎の料理

 ・オールアバウトジャパン:本物の道具で、中華料理を存分に楽しもう 男の道具:打出しの中華鍋


通販でも扱ってるトコは多いみたいです。

鉄の一体型の方がプロっぽいですが、木の柄付きの方が使いやすいかも・・・。


山田工業所 鉄 打出 北京鍋 33cm私が買うたヤツとほぼ同じヤツかと。

厚み等の違いは分かりませんが・・・

日本で唯一の鉄打出し中華鍋メーカー山田工業所製 木柄 中華鍋 33cmこっち木柄がついてるんでナベ掴みなしで行けそうです。

耐久性も家庭やったら問題ないと思いますし。

わたしは「憧れ」だけで木柄なしにしてしまいました。


posted by えて吉 at 10:29| 大阪 🌁| Comment(14) | TrackBack(0) | なんでもあり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
打ち出し中華鍋〜!
私も買おうと思ってたところです、驚きました!

33センチ、そんなに重いのですか・・・
ネットで買おうと思っていたので、
サイズ迷っていたところなんです。
でも大は小を兼ねると言いますし、
33センチにしようかなぁ〜。
>女性が扱うのはか〜なりツライかもです
しかしこの「か〜なり」が気になります(笑)

実家の母は、揚げ物は全て中華鍋だったんです。
結婚して2年、私も揚げ物は中華鍋にしたいと思うようになりました。
絶対に一家に一台ですね。

Posted by hana at 2006年06月13日 11:08
昨日はばたばたと失礼しました!
あわてんぼうなところが丸出しに・・・
うろたえすぎでした〜

中華鍋、うちのは直径28センチくらいでした
それでもちょっと扱いにくくて棚の奥に・・・
対に買った金属おたま?も使いにくくて。
うし、近いうち出してみよう!
手入れしなおしですね(笑)きっと。
筋肉鍛えられそう〜

私の実家も以前は揚げ炒めなんでも中華鍋でした
ご飯鍋の次は中華鍋がブーム到来!ですね

Posted by at 2006年06月13日 12:02
hanaさんへ

> 私も買おうと思ってたところです、驚きました!

奇遇ですねぇ〜!!

> 33センチ、そんなに重いのですか・・・

私のは左手一本に持って盛りつけしようと思うとかなりキツイです。

振る時は1回1回は一瞬なんでなんとかなりますが、
持ったまま皿に中身を移そうとするとかなり重いです。

打ち出しは比較的軽いとは言いますが・・・。
元の28cmが安モンでぎゃくに軽かったのかもしれませんね。

> 結婚して2年、私も揚げ物は中華鍋にしたいと思うようになりました。
絶対に一家に一台ですね。

私も元々炒め物、揚げ物全て中華鍋一つでやってました。

テフロンを使うのは原則的にオムレツだけです。
 *最近は油控えるためにたまに使いますが。

本格的な中華鍋の底が丸タイプやと余計に
大きめのサイズがええとは思うんですが、
重さだけはよく考えてくださいね。
Posted by えて吉 at 2006年06月13日 13:56
鳴さんへ

> 中華鍋、うちのは直径28センチくらいでした
それでもちょっと扱いにくくて棚の奥に・・・

大きすぎてということですね。
うちの嫁さんも28cmでも重いって言うてます。

お玉も長さや角度で合う合わないが激しいようですね。

> ご飯鍋の次は中華鍋がブーム到来!ですね

うちはもともと中華鍋で炒める、揚げるやってるんで、
ご飯鍋とはちょっと違いますが、鍋肌が落ち着くまでは、
いままでより使う頻度は多少あがりそうです。
Posted by えて吉 at 2006年06月13日 14:00
はじめまして
こちらに越してきたばかりで
ご挨拶遅れてすいません
でも 鍋も本物は違うんでしょうね
一生道具替えてよかったですね
簡単にこわれないはずです
Posted by at 2006年06月13日 15:40
竹さんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

> 鍋も本物は違うんでしょうね

今までがなんちゃって中華鍋だったので・・・。
本物同士の違いは分かりませんが、私はご機嫌です。(^^)

> 簡単にこわれないはずです

素人がフツーに使ってりゃ、きっと一生保つでしょうね。

これからもよろしくお願いします。
Posted by えて吉 at 2006年06月13日 15:46
最近エントリしてませんが、以前買った「魔法のフライパン」がええ感じに育ってきてます。特にソテー物に使うとピカイチ。他のでは絶対こういう仕上がりにはならんやろなあという感じになります。
ほんとは中華鍋も欲しいけど、我が家は電気コンロなんで無理なんですよ。そういう意味ではえて吉さんの今回の鍋はうらやましいです。

でもね…(ちょっと悪魔の囁き)
次は、火力の強いコンロが絶対欲しくなりますよ〜!!
Posted by ish at 2006年06月13日 19:27
ishさんへ

> にソテー物に使うとピカイチ。他のでは絶対こういう仕上がりにはならんやろなあという感じになります。

かなりええ育ち具合のようですね。
うちの中華鍋も育って欲しいものです。

> 我が家は電気コンロなんで無理なんですよ。

電化厨房やと業務用以外は中華鍋が無理なんが残念ですね。

> 次は、火力の強いコンロが絶対欲しくなりますよ〜!!

これは昔から欲しいものですが・・・・。

その前に育て甲斐のある鉄のフライパンですわ。
”魔法〜”のを待つ忍耐力はありませんけどね。(^^)
Posted by えて吉 at 2006年06月13日 21:20
中華鍋いいですね〜。なんかほしくなっちゃいますよ。
これでしっかりと油がなじんだらもう使い勝手最高でしょうね!!!チャーハンもすっごく美味しそうです^^
Posted by kuraki at 2006年06月13日 23:13
良い鍋ですねえ。
お玉もがっしりとしたやつでガツガツとしたいですねえ。
ちなみに柄の部分は綿か麻の紐を巻いておきたいですねえ。燃えないあたりに・・・。
(参考)ヘンプ巻き図解
http://velo.way-nifty.com/velo/2004/10/_.html
Posted by gasintare at 2006年06月14日 03:27
kurakiさんへ

> 中華鍋いいですね〜。なんかほしくなっちゃいますよ。

今までショボかったから、嬉しがって何度も使ってます。

前のより鍋の中で炒めてる物が上手く動いてくれて炒めやすいですし
火を効率的に捉えるようで野菜の水分も出にくいです。

プロの料理人も使うって道具が4000円程度やったら
値打ちあると思いますよ〜。
kurakiさんもお一ついかがですか?(←悪魔の囁き?)
Posted by えて吉 at 2006年06月14日 07:51
gasintareさんへ

> お玉もがっしりとしたやつでガツガツとしたいですねえ。

手元にあるのはなんちゃって中華お玉ですが、割と体の
サイズに合ってるようで使いやすいです。

中華料理屋になった気分でカンカン言わせてます。(^^)

ヘンプ巻き図解のURLありがとうございます。
ドンクサイ私には無理そうですが、鍋はともかく道具の持ち手に
こういう巻き方ができるとかっこいいですね。
Posted by えて吉 at 2006年06月14日 07:55
 やっぱりフライパン類は、鉄がいいですね〜。
 握りの付いているのは、正確には北京鍋だそうですが、家庭用コンロだと座りが悪いのが難点ですね。
 特に私のは木製の取っ手が付いているため重いのでしょう、空のままだと空焼き中に倒れます(笑)
Posted by おがちゃん at 2006年06月14日 09:01
おがちゃんさんへ

> やっぱりフライパン類は、鉄がいいですね〜。

やっぱりテフロンなんかより愛着もわきますし
料理の出来もちゃう気がします。

> 握りの付いているのは、正確には北京鍋だそうです

へぇ、あんまり意識せんと”中華鍋”って言葉使こうてました。

> 家庭用コンロだと座りが悪いのが難点ですね。

たしかに。うちはなんとか空でも倒れないレベルです。
でもかなり危なっかしいんですけどね。
Posted by えて吉 at 2006年06月14日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。