2006年05月15日

カクテル「レディ・ビー・グッド」

これは久々にカクテルを飲んだ時に新しいのばかり4種類作ったうちの3杯目です。

自然に選ぶとどうしてもジンベースでサッパリしたものになるんですが、今回は意識して毛色の違うヤツを選んでみました。



カクテル「レディ・ビー・グッド(Lady Be Good)」<レディ・ビー・グッド(Lady Be Good)のレシピ>
・ブランデー           30ml
・スイート・ベルモット      15ml
・クレーム・ド・ミント・ホワイト 15ml

シェークしてカクテルグラスへ。



ブランデーベースにベルモットやから重い飲み口になりそうなんですが、ミントリキュールのおかげでかなり軽くなってる気がしました。

昔はハッカ味のリキュールはあんまり得意やなかったんです。

でもペルノなんかの水割りを飲むようになってカクテルでも楽しめるようになりました。

名前の由来が分からないかと思って「レディ・ビー・グッド」で検索してみると、”ガーシュウィンがアステア姉弟のために書いたミュージカル「レディー・ビー・グッド!」。”との記事を発見。

ミュージカルと関係あるんでしょうかねぇ?

レシピがたくさん載ってるカクテルブックほど説明が簡単なのが残念です。

少なくともカクテルの意味、出来たらネーミングの由来なんかは乗せて欲しいもんです。
食後に飲むにはなかなかええカクテルでした。


posted by えて吉 at 08:33| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17831237
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。