2004年04月13日

ヒゲのマスターをご紹介

うちのブログでちょくちょく登場してる「ヒゲのマスター」を初めての方にご紹介するための記事です。

最後にヒゲのマスターネタへのリンクを張っておきますので目次代わりにもどうぞ。




ヒゲのマスターってのは、私が行きつけのある店の大将のことです。

大将自身が飲み食い大好きで、並々ならぬ情熱を傾けて料理しはります。

料理のジャンルはあんまり問わず、その日の気分で色んなもんが出てきます。

酒の方もかなり幅広い品ぞろいで、料理に合わせて色んなモンを出して貰えます。

ヒゲのマスターは料理がメインやけど若い頃はバーテンダーにも憧れたそうで、たまにカクテルも作りはります。

お客さんの要望に合わせてあり合わせで料理を出してくれたりもあるんで使い勝手はかなりええんです。

私にとっちゃ唯一ワガママの効く店でしょうか。










な〜んてのは、大うそです。

ヒゲのマスターってのは、上に書いたようなノリの店があったらええなぁという私の妄想が産んだ架空の人物。

今は私が店に行ったという設定で書く、騙しネタの「オチ」で使わせてもうてます。



参考までにヒゲのマスターが登場するネタを下に並べておきます。

興味ある方は、他の記事も読んでみてくださいませ。


騙しネタって最初は簡単やったんですが、どんどんたいへんになってきてますわ。

常連の方にはすぐバレそうなんで、最近はなかなか作れてません。

料理や食べモンだけでなく、器類がキツイんです。
盛りつけもセンスないんで商売モンに見えませんけどね。

ヒゲのマスターネタを書くためだけに新しい食器やグラスを買おうか思うほどですわ。



<ヒゲのマスター関連記事>

新しい記事を上にしてます。

アンティークグラスで「スキャパ12年」

 久々に原点回帰。バーネタに仕上げてみました。

新しい流行?「NEONU(ネオーヌ)」

記事内に種明かしを書かんときました。ネオーヌなんぞ嘘っぱちですよヨソで言わないようにね。


珍しく京風若竹うどん

初日の三軒目・「酒とあての店 ええかげん」(大阪・阿倍野)

 これは「明日に向かって食え! 2006」というイベント関連で「foodish:”雑”食記」のishさんが書いてくれた記事です。

 この時のポイントは手作り”メニュー”。

寒風の中、久々のバーへ

「おまかせコース」で鉄板焼きを堪能

今年は少し喜んで貰えたかも

阿倍野のスペイン風居酒屋「Casa de Ajo」へ

酒の解禁日に選んだBAR

 ヒゲのマスターが初登場した記念すべき?記事




<追記>

この記事は投稿日時をいじってます。

オリジナルの投稿「2006-04-13 07:36:41」


新しいヒゲのマスターネタが出来たら、上記投稿日時以降、順次リンクを追加予定。


posted by えて吉 at 07:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | なんでもあり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。