2004年05月19日

雨の日の気晴らしは、みそ漬け作り

朝からの雨で、なんかうっとしい気分でした。そんな時は、やっぱり気分転換が必要。
というわけで、気晴らしにみそ漬け作りに挑戦することにしました。

かなり前からいっぺんみそ漬けを作ったろうと思ってたんですが、雨で買いモンに行くのもイヤやなあと思ってたのが、突如切れたように決断。

わざわざ買いモンに行って作ってみることにしました。

えて吉、みそ漬けなんて作ったことがありません。
というより、ガキのころはみそ漬けが甘ったるくて嫌いな位でした。

なんでそんなモンを作ろうかと思い始めたかは、忘れましたが、いわゆる和風でないスパイシーで香味野菜?をたっぷり入れたヤツを作りたいとアイディアを練ってました。



というわけで、実験開始です。

とりあえず、買ってきた野菜は、ネギとニラ。
ショウガとニンニクは、家に常備してるので、そいつを使うことにします。

ネギやニラ入れると水分が出るんで、腐る可能性も考えましたが、どうせ1日漬けて食べるんで、なんとかなるやろうと自分にゴーサインを出しました。

今回は、あくまでも”雨の日の気晴らし”ですので、ちょっとイチビって実況風に写真をたくさん撮ってみました。



味噌に入れた野菜?
ニラとネギを千切りに。

ショウガ、ニンニクは、
たっぷりすり下ろしました。


今回の味の目標は、韓国、中華料理を思い出すような、スパイスの効いたヤツ。

上の材料に加えて、ゴマ、鷹の爪、一味、コショウ、オイスターソース、ラー油、塩、砂糖なんかを加えました。

そこに、ダシの入ってないこうじ味噌、甜麺醤(テンメンジャン)、酒を加えてぐちゃぐちゃとよく練ってやりました。

混ぜてる時から食欲をそそるええにおいがしてました。




味噌完成図
ちょっと指につけてねぶってみました。

なんかこれだけで肴になりそうな味。

ご機嫌です。





今回味噌漬けの具は、鶏と豚で行くことにしました。
えて吉の基準では、鶏のもも肉はg100円未満で買いたいんですが、今日は大目に見て108円のヤツを購入。

厚い部分には、ちょっと包丁を入れてやりました。その方が味も良く付くし、焼く時に火が通りやすいかなという判断。

豚はトンテキに良さそうなヤツです。
こいつは、筋を切るのと味がよく染みこむかと思って、適当に包丁の先で切り目を入れてやりました。

味噌に漬ける鶏と豚
包丁も入って、準備万端の鶏と豚。

刻んで、混ぜて、リズミカルにやったら
ここまであっという間でした。

なんかあっけなく準備完了しました。
















ところが、ここまで来て大問題が発生!!











家に、ミソ漬けを入れられるサイズのタッパーがありません。(T_T)






家のタッパ
ご飯を冷凍する用のタッパ。

鶏や豚どころか、味噌だけでもあふれます。




台所中、かき回しました。かなり、焦り気味に。













家のタッパ2
家で、見つけた一番大きなタッパがこれです。

深くなっただけで、殆ど面積は変わりません。



思いつきだけで始めたみそ漬けは、結局漬ける至らず、味噌はそのまま舐めるしかないって感じでした。
















でも、思い出しました。羊の骨付き肉を前日から漬けた方法を。








   じゃーん!!

みそ漬けの仕込み完了
ジップロック?とか何とか言う、厚手のビニールの
袋があるのをコロッと忘れてました。



味噌と鶏と豚を入れて、できるだけ満遍なく漬かるように外から味噌を絡めてやりました。

ふーっ、なんとか仕込みは完了しました。


初めてやるんで、ホンマに美味いモンが出来るのか不安です。



明日か明後日には食べた感想をネタにしてアップ予定です。

不味くてもちゃんと正直に上げますんで、もし今回の作り方をマネしようと思っても、結果を見てからにしてくださいね。


*今回は、イチビリついででテキストでも遊んでみましたが、素人なんでお見苦しかったかも。どうかご勘弁下さい。

この手のサイトへ方向転換する気はありませんので、見捨てないでくださいね。


posted by えて吉 at 15:41| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ&作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。