2004年05月16日

洋食ならこの本を眺めてます

以前に紹介した柴田書店の「酒菜」の洋食版というような本です。

あっちが居酒屋などの日本酒を出す店向けのメニューなのに対して、こちらは洋酒全般に合うメニューという位置づけです。

洋酒にあうオードブル341

「洋酒にあうオードヴル341」
作 者:柴田書店編
出版社:柴田書店
価 格:4095円(税込み)
サイズ:236 x 190mm、319ページ
ISBN :4-388-05810-6


こちらもプロ向けなんで特殊な材料を使ってることもありますし、作り方の説明はごく簡単なものです。

特に分量なんかは、全然書いてないんで、そういう情報が必要な方にはお勧めできません。

しかし、けっこう大きな写真が載ってて、見てるだけで楽しいし、何かと料理をする刺激を与えてくれる本です。

タイトルには、オードブルとなってるんですが、どう見てもメインになるような料理も多く載っています。まあ、酒にあう一品と読んだらええだけのことですが。

一つだけ、この本には残念なところがあります。
この本の料理は22軒の店がそれぞれの自信作を披露しているんですが、全部東京なのが残念なところです。

料理を見て興味がわいたらそれを出してる店にも行きたくなるんで。



posted by えて吉 at 18:41| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲み食い本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。