2005年01月11日

働くお母ちゃんを応援する宴会

昨日はえべっさんに行ってから、軽くメシ、買いモン、バー2軒回って帰りました。

チャリンコで行ったんですが、昨日は買いモンの荷物が多くなって結局車で帰ってきました。

おかげで、さきほどチャリンコを回収に行ってきました。

バスで天王寺まで出てから、てくてくと浪速警察の近くまで歩きました。

無事チャリンコが回収出来てホッとしました。


さて、日曜日の宴会のネタを書こうと思います。

この日のゲストは、嫁さんの仕事仲間の女性でした。ほかに2名ほど声をかけてたようですが、1人は事前に仕事で来れず。もう一人は来る予定だったんですが、その人も結局仕事が立て込んで当日キャンセルになりました。

と言う訳で、結局Tさんという女の人一人だけがうちに来ました。

正確には、一人プラス赤ん坊一匹でした。

Tさんは旦那が東京に単身赴任、自分は大阪で仕事を続けてはるんですが、両方の実家は遠方。ということで、かなりの激務をこなしながら、普段はたった一人で子供を育ててはります。

そんな働くお母ちゃんを応援するってのが今回の宴会の目的でした。


離乳食を食べてるR君が中心の食生活になってるやろうから、なんぞ旨い大人の食いモンを食べて貰おうとメニューを考えました。



まず、寒い時期やから体の温もるモンをと考えました。



カニとトマトのスープカニとトマトのピリ辛スープです。

ホンマは玉子を入れる予定やったのに忘れました。


ワタリガニの缶詰を使って、鶏ガラスープの素で中華風のあっさりした味付けにしました。

湯むきしてザク切りにしたトマトを加えて、豆板醤をちょっとだけ入れてピリ辛に。

片栗粉でトロミを付けてみました。


ふろふき大根冬っぽいメニューってことでふろふき大根。

今回はちょっと気合いを入れて作りました。


気合いを入れたんで、今回のふろふき大根の作り方をちょっと詳しい目に書いておきます。

大根を3〜4cm幅に輪切りにして、面取りをします。

出したとき裏になる側へ、十文字に隠し包丁を入れます。
切り込みは厚みの2/3くらいまで。

こないしたほうが、煮えやすいそうです。

いつも自分が食べるときは、昆布を入れたお湯で炊くだけですが、今回は初めて下ゆでをしました。

米のとぎ汁で下茹でするってのは知識では知ってましたが、実際にやるのは初めでした。
*とぎ汁がなかったら、米を入れてもええそうですが、そっちはちょっともったいない気がしました。

水の状態から強火で煮て、煮立ってから40分煮ます。

鍋ごと火から下ろしてそのまま10分ほど置いて粗熱を取る。
 こうすると大根に弾力が出るそうです。
 
今回、参考にした作り方では、家にあったちょっとプロ向きっぽい本のやり方が一番丁寧でした。

で、ここまではその本に従いましたが、この先の一手間はパス。

本には、水に一晩浸けろって書いてあったからです。そうすると大根のアクやクセが抜けるそうです。

当日に一晩浸けようがないんで、気持ちだけでもと20分ほど浸けてヨシとしました。

この本では、つづいてだし汁と昆布で煮るってなってましたが、だし汁はほんだしを使うくらいならないほうがええやろうと省略。

大根を入れて昆布をその上にのせんと、大根が”昆布くさく”なるなんて書いてました。

一応それに従って弱火でコトコトと炊いてやります。本では1.5〜2時間となってました。強火でやるとこれまた”昆布くさく”なるそうです。

上にかける味噌は、冷蔵庫にオカズ味噌があったんでそいつを使いました。

昨日は、茹でたダシを器にはらなかったんですが、今思えばダシも入れたらよかったかもしれないですね。(本はダシもはれって書いてました。)
 *一応、器は事前に熱湯で熱くはしておきましたが・・・。
 
ちなみにふろふき大根の”ふろふき”は、「風呂吹き」と書くんですね。

ネットのどこかに、こんな説明がありました。

”大根や蕪〈かぶ〉を茹でて、熱いうちにみそを塗って食べる様子が、風呂の火を吹くのに似ていることから、風呂吹き大根とつけられたらしい”




そんなわけで、熱々の料理なんですが、昨日来たTさんは、

 「これやったらRでも食べられる〜」
 
って言うて、R君にあげはりました。

R君は、口に大根を入れてもらうと、なんか難しい顔になりました。

すると、Tさんが

 「あーっ!! ゴメン、熱かった?」

なんと、温度をみずにR君の口に入れてしまったようでした。

大人でもハフハフ言いながら食べるモンを、いきなり口に入れられても真っ赤な顔をしただけで泣かなかったR君は、かなり強いヤツのようでした。




この熱い2品を出しておいて、冷たいモンも出していきました。


馬刺実家からもらって大事に冷凍してた馬刺。

二人じゃ多いんで、お客さま用に置いてました。


この写真ともう一皿同じくらいの量があったんで、食べ応えがありました。

冷凍のヤツが半解凍されたくらいでスライスしました。



貝柱のエスニック風カルパッチョ貝柱のエスニック風カルパッチョです。

カルパッチョって呼んでええのかは微妙ですが。


これも実家から以前にもらって冷凍庫においてました。

解凍してから厚みを半分にスライス。

玉ねぎの特別細かいみじん切りを水にさらしてから、全体に掛けました。

ごくわずかの塩を振ってから、レモン、パセリ、バジル、コショウを散らして冷蔵庫へ。
しばらく馴染ませて、食べて貰う直前に、スイートチリとニョクマムを混ぜたソースを一切れずつに置くように掛けました。

ちょいと白ワインを抜きたくなるような一品でしたが、かなり旨かったです。



切り干し大根のサラダ切り干し大根と人参の明太子マヨネーズ

箸休めがわりの小ネタです。


カリカリとした食感が出るように戻した切り干し大根と、細かく千切りにしたニンジンに明太子、マヨネーズを混ぜてからワインビネガーを加えました。

やや酢の物チックなサラダになりました。


このあたりをつまんでもってる間に、私は最後の一品を料理しました。


豆腐とツナの揚げ物豆腐とツナの揚げモンです。

がんもどき(飛竜頭)みたいなもんでしょうか。


水切りをした木綿豆腐を潰して、そこに缶詰のツナを入れてます。

以前の宴会でもいっぺんやったことがあります。

私の実家で良くやった定番料理なんですが、今回はちょいとアレンジしました。

普段は下味を和風につけて、カラシ醤油で食べます。

それを和風ではなく、中華にしてみました。

具にはツナ以外に、冷蔵庫にあったニラと乾物のキクラゲを加えました。そして味付けには鶏ガラスープとニンニク、風味には五香粉(ウーシャンフェン)を少し入れました。

つなぎは片栗粉と玉子。全体をグチャグチャとよく混ぜて油で揚げました。

下味付けは勘でやったのにピタリと決まって辛すぎもせず、でもなんにも付けんでもちゃんと食べられました。



締めにはご飯モンを用意しました。



とんぶりご飯トンブリご飯です。

刻んだ梅干しと貝割れ大根を入れました。


炊きたてご飯に、ごく軽めの塩と色が付かない程度の醤油を加えて味付けしました。



Tさんには、余ってたふろふき大根と付ける味噌をセットにして持って帰って貰いました。

私らは、子育ての話を聞いておもしろがったり、感心したりと楽しい時間を過ごせました。

ハードな日々を送ってるTさんにも少しでも気晴らしになってたらええんですが。



posted by えて吉 at 14:39| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えて吉さん、凄すぎます〜。
温かいものと冷たいものとの組み合わせと言い、栄養のバランスと言い、
オリジナリティーと言い、
もう画面の前で口あんぐり状態なんですけど。

そっくりそのままこの献立を真似したいけれど、
私は手際が悪いので、タイミング良くおもてなしできそうにないです…。

Posted by at 2005年01月11日 23:43
杏さんへ

お褒めいただき、ありがとうございます。

土壇場までメニューが浮かばなかった割には
けっこうええ具合にはなったと思ってます。

今回のは事前に段取りしておけるメニュー
だったんで、いつもより早く私もテーブルに
ついて、食事を楽しめましたよ。

Posted by えて吉 at 2005年01月12日 00:18
こんにちは!お久しぶりです。

すばらしい宴会。
うまそうでたまりません。
特に馬刺しがいいですな〜。
貝柱もよだれが出ます。

うちのは家事が苦手なので、私も逆転できたらよいなぁ。とは思うものの、毎日作るとなると出来ないと思います・・・。
毎日うどんや蕎麦になっちゃいそうで。
Posted by bunkasaba at 2005年01月12日 00:55
bunkasabaさんへ

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

宴会はなかなかの出来でした。

ほとんど残り物が出なかったんで、予定の
一人が参加してたらやばかったんですが・・・。

普段は数枚しか食べられない馬刺も堪能できる
量があってご機嫌でした。

私も主夫なんていいながらも、けっこう手抜きが
多いですけどね。

ただ、うち嫁さんより料理はだいぶ上だと
思います。(^_^;)
Posted by えて吉 at 2005年01月12日 09:10
いやー、素晴らしいですね。
このメニュー、読んでるだけでお酒飲みたくなります。
栄養のバランスも良いし、ヘルシーですね。
えて吉さんのお料理、全体的に美味しくて、
体にも良いお料理でまとまっていますね。
私も呼ばれたい〜(笑)!
Posted by rika at 2005年01月12日 10:50
rikaさんへ

今回は子育てに忙しい知り合いを
お招きしたんで普段以上に落ち着いて
食べて貰えるモノを意識しました。

最近、ガツンとパンチの効いた宴会メニューが
減ってますが、たまには洋モンなんかで
宴会もせんとあきませんね。

rikaさんの所の新年会みたいにオサレで
綺麗なヤツもたまには挑戦したいです。
Posted by えて吉 at 2005年01月12日 11:23
ふろふき大根があまりにおいしそうだったので、私も作ってみました。
えて吉さんの記事を参考に、米のとぎ汁で下ゆでをしてみたら、とってもおいしくできました。
ひと手間で結構違うものなんですね。私はいつも手を抜いてばかりなのでびっくりしました。

トラックバックさせてもらいました。
Posted by chelsea at 2005年01月13日 20:33
chelseaさんへ

トラックバックありがとうございます。

私も初めて下茹でなんてやってみたんですが
味違いました?

それだとしたら”きっかけ”になれた
だけでも嬉しいです。

ふきのとうの味噌までちゃんと手作りされてて
スゴイですね。

前回一切れしか食べてないから、この冬に
もう一回くらいはやりたいです。
Posted by えて吉 at 2005年01月13日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1549964
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

夕飯は、ふろふき大根など
Excerpt: いつも楽しく拝見しているえて吉さんのブログで、ふろふき大根の記事がありました。この数日、長野は大雪続きで寒くて寒くて、何か温かいものを食べたいなあと思っていたので、私も作ってみました。
Weblog: 今日のmilky&chelsea
Tracked: 2005-01-13 20:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。