2004年12月22日

今川の豆腐&BAR「竹」

ちょいと古いネタですが、今回初めて行った今川にあるバーは、自分の中ではかなりヒットやったんでネタにさせてもらいます。行ったのは12/18の土曜日です。

近鉄南大阪線の今川駅ってのは、実は存在も知りませんでした。
電車のことはかなり不得意で、南大阪線ってほとんど乗ったこともなかったんで・・・。

そもそも家からさほど遠くないとこに、”今川”って地名があるのは、昔から知ってましたが、それがどの変なのかもあやふやでした。

近所でも普段活動する方面と違うとまったく通ったりしない地区があったりします。

なんで、そんな行った事のない駅に近いバーへ行けたかと言うと、今回はガイドやら雑誌やらではないんです。

私が最近珍しい酒を買うのに使ってる松虫通にある「リカパー」ってお店の大将に紹介してもらったんです。

少し前に店で、リキュールを探してた時に、「カクテル作るんですか?」って聞かれてそれやったら、ええお店ですよって勧められたんが今回の豆腐&BAR「竹(バンブーorBanboo)」です。

*呼び方は、竹でも、バンブーでもええそうです。英語のスペルが違うのは教えてあげた方がええんでしょうか?

だいたいの場所を聞いてたんで、家から嫁さんと土曜の夜にチャリンコで出かけました。
行ったことのない一帯で久々に探検気分で面白かったです。


お店は、今川駅すぐ近くの「キッポー」っていうスイミングスクール(フィットネス?)のすぐとなり、高架沿いなんで駅からすぐ分かるところにありました。

純粋なバーを期待してたんで、外の看板に”豆腐&BAR”って書いてあったのでちょいと予想外。カジュアル系でもええかと挑戦してみました。

入ってみるとカウンターが8〜10席程度で、4人がけのテーブルが1つ。

内装は名前の通り、竹がふんだんに使われてちょっとリゾート地のバーみたいでした。
沖縄なんかで内地出身の若モンが適当に始めた、店に近いモンも感じました。

酒のボトルは所狭しと置かれてて、かなりの本数がありました。

さて、どんなお酒が出るかと、嫁さんがジントニ、私がマルガリータを注文。

注文を受けてくれたマスターのにこやかで、丁寧な態度がまず好印象。

出てきた酒は、マルガリータはかなりドライ目で私の好みでした。カクテルを作る所作もちゃんとしたバーテンダーさんの仕事でした。

ジントニックの方は、脇の若い人が作ってくれたんですが、トニックを入れてからかき混ぜ過ぎたせいでやや炭酸が飛んで丸い味でした。ややジンの量が自分(嫁さんも)の好みより足らんかったせいもあるかも。

ジントニは”可”ってとこでしたが、文句はなかったです。

1杯目を飲みながらメニューを見ました。

かなり酒の種類が豊富で、焼酎だけでなく日本酒も置いてました。
またカクテルの項では、名前だけでなく簡単に中に入ってる酒も書いてあったのはポイントが高かったです。

二人でさほど広くないカウンターと、小さな厨房でやってるのに料理もけっこう豊富でした。

この日は、昼のスパゲティのせいであんまり腹が減ってなかったんですが、酒を入れるとちょっと胃が動き出しました。

やっぱり屋号に”豆腐&BAR”って付くんやから、豆腐モンを頼もうということになり、嫁さんの希望で「萬来鍋豆腐」にしました。


萬来鍋豆腐「萬来鍋(ばんらいなべ)豆腐」

萬来鍋ってモノで作るお豆腐でした。

携帯で撮ったんで見苦しい写真ですが。


私は、萬来鍋とはどんなもんか知らなかったんですが、蒸気で蒸す鍋だそうです。
 *通販サイトですが、実物はコチラにあります。

豆乳を蒸して、茶碗蒸しのような豆腐にしたもんです。粉塩っていうんでしょうか、メリンケン粉みたいに細かな塩をちょっと振ってたべました。

お酒は2杯目に嫁さんが”ベルギービール初級”と但し書きがあったパッセンダールというヤツにしました。私もビールが欲しくてモルツの生。

マスターがベルギービール好きだそうで、ちゃんと専用のグラスで出してくれました。

何種類かのベルギービールを置いてはりました。

ベルギービール「オルバル(Orval)」嫁さんはその後、マスターが好きでお勧めやという
「オルバル(Orval)」を飲んでました。

こいつは、比較的安いこの店で1000円を超えてました。


私は、せっかくバーに来たからカクテルを飲まなもったいないッて気がして、モルツに続いて「バンブー」にしました。

何飲むかを悩んでて店の名前にちなんだ、このカクテルを思い出しました。

シェリーベースで度数の弱いヤツなんで、この順番で飲むのはちょっとおかしい気がしましたが行ってみました。

その後、私は料理が来たこともあって焼酎に行きました。

大将にお任せで芋焼酎を選んで貰いました。

出てきたのは、「貴心樹(きしんじゅ)」という酒で、オガタマ酒造っていう”鉄幹”を作ってるのと同じ所のヤツでした。



お湯割りを飲みながら、食べたのがこちらです。


カモのオーブン焼き 湯葉春巻き


ちょっと分かりにくいですが、カモのオーブン焼きと湯葉の春巻きです。

湯葉春巻きは、単に春巻きの皮を湯葉に代えただけかと思ったら、チーズとデミグラスソースがかかってました。

今回は、あんまりモノを食べませんでしたが、料理もけっこう行けそうです。

便所におまかせ料理のコース案内がはってあったんですが、そいつが1800円という安さ。出てくる料理を見るととてもそんな値段とは思えない内容でした。

いつかそのコースを試したいなぁといいながら嫁さんと店をでました。

この日の飲み食いは、合計で7100円でした。

内容からしたら、かなり安く感じました。値段と質の両方で、久々にヒットなお店でした。

家から10分ほどなんでこれからはたまに使うことがあると思います。


今川の「竹(バンブー)」の店構え*豆腐&BAR「竹(バンブーorBamboo)」

住所:大阪市東住吉区西今川2−11−2
電話:06−6705−6565

定休日、営業時間等は不明です。











posted by えて吉 at 08:54| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アルコール全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベルギービールって、元々修道院の手作り
ビールだそうで、すごくたくさん種類が
あるんですよねー!

日本でベルギービール飲める店って、
どのくらいあるんでしょうか?
…ちなみに飲まれた奥様の感想はいかが
でしたか?

ベルギービールには、チェリービールっ
てのもあるんですが、チェリー好き、
そしてカクテル好きのえて吉さんなら、
きっと気に入る(?)んじゃないかと
思います。
見つけたら一度試してみてください!!
(…って、もう試したかな??)
Posted by 平野@オーストラリア at 2004年12月23日 08:52
平野@オーストラリアさんへ

ベルギーってほんとビール屋の数が
多いそうですね。

タイプもかなり色々あるようですね。

> 日本でベルギービール飲める店って、
> どのくらいあるんでしょうか?

最近はベルギービールを置いてるBARが
大阪にもけっこうありますね。

専門店は、2軒しか知らないですが・・・。

嫁さんはやや酸味のあるような味が
好きなようで、喜んでました。

フルーツ系のヤツは、実はあんまり
得意じゃないんです。

実は、大阪にあるベルギーのPRセンター
みたいなところに知り合いがいて
イベントで何度か山盛りベルギーを
飲ませて貰ったんですが、フルーツ系のは
自分にはあんまりピンと来なかったです。

フルーツとしては好きなのに、不思議ですね。


Posted by えて吉 at 2004年12月23日 10:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1365378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。