2005年12月25日

ローストチキンでクリスマス宴会

昨日のクリスマス宴会のネタを早速上げさせてもらいます。

宴会の材料を買いに行ったのは午前中でしたが、今回は比較的仕込みは楽でした。

1品は前日に作ってあったし、他は簡単なのとお客さんが来てから料理せんとしゃあないものばかり。




とりあえず、食べたモンを見て貰いましょう。




クリスマス料理


・ワカモレ(アボガドのディップ)

・マグロのタルタル

・塩漬けエビのガーリックソテー

・牛すじ肉とゴボウにトマト煮

・キノコのオムレツ

・グリーンサラダ


ワカモレは、アボガドがベストタイミングでラッキーでした。

緑はキレイに出てるけど、ちゃんと柔らかくなってて綺麗な仕上がりになりました。

どう盛り付けるか悩んだすえにめいめい分を小鉢に。

マグロは小さな角切りにして、シンプルにオイル、塩コショウで味付け。

今回の宴会は一応クリスマスイブっちゅうことで、緑と赤を意識して使こうてみました。

買い出しだけ早く行ったのは、エビを事前に塩漬け?にするためでした。

塩、コショウ、オリーブオイル、月桂樹、パセリなどで事前にマリネ。

あとは土鍋にたっぷりのオリーブオイルとニンニクを入れてサッと火を通しただけ。


牛すじ肉の煮物は、なんぞあったかいモンが欲しくて入れました。

スジはずっと前に長時間茹でて下処理してヤツを冷凍してありました。

前日にゴボウと人参を炒めてスジとトマトピューレで煮込みました。

土付きのゴボウを皮は剥かずに使ったんで、スジやトマトに負けずええ感じでした。

オムレツは最近定番になってますが、中にはブラウンマッシュルームとシメジを炒めて入れてます。

トマトソースは冷凍してあったヤツを使ったんで、少量やけどちゃんとしたモンを掛けられました。

焼き加減も問題なく、なかなかの出来でした。

サラダもクリスマスを意識。

緑は葉物のパックを使って、フルーツトマトとかいうチビのクセにええ値段するヤツを添えました。



飲み物はまずスパークリングワインで乾杯。

お客さんがお土産に持ってきてくれたジョートーな赤にうちの安モンの白を空けました。
嫁さんの先輩はかなり濃いキャラで、メッチャ飲みそうやのに酒はほとんどナシ。

というわけでほぼ3人だけで3本空けたんで、なかなか優秀ですね。





さて、タイトルの通り今回の宴会では「鶏の丸焼き(ローストチキン)」がメイン料理。

6時半頃に宴会がスタートするとなり、タイミングを計って6時頃に焼きをスタート。

なかなかええタイミングで仕上がりました。


鶏の丸焼き(ローストチキン)の焼き上がりこれが焼き上がりの状態です。

鶏を丸々使うのは初めてでしたが大成功。

ごっつぅ豪華に見えてゴキゲンでした。



お客さん2人には、モモ肉を一本ずつ。

嫁さんと私は胸を食べました。

ムネ肉ってパサつくイメージがあるから心配やったんですが、絶妙な火加減。

しっとりとしてて、メチャメチャ美味かったですわ。

丸焼きにすると見た目が嬉しいし、味もええことが分かったからまたやりたいもんです。


自分のメモも兼ねて、ローストチキンの作り方を簡単に書いておきます。

今回使った中抜きの鶏は約2kgでした。気に入ってる鶏やさんで1600円ほどでした。

まず最初に詰め物(フィリング)を用意。

タマネギ、人参、セロリの細かいみじん切りをたっぷりのニンニクで炒めました。

ニンニクの風味をしっかり効かせたかったんで、かなり大量のニンニクを使いました。

野菜がしっかり炒められたら、ブラウンマッシュルームのみじん切りを加えて更に炒めました。

塩、コショウとコンソメの粉を少々でややしっかり目に味付け。

最後の方でパン粉を適当に加えて、風味付けにバターを一切れ。

こいつを容器に入れて冷ましておきました。


鶏は、ザッと水洗いしてキッチンペーパーで水を拭き取ってから腹の中にたっぷりの塩とチューブのニンニクを刷り込みました。

そこに冷めたフィリングを詰め込みました。

予想より腹の空洞が大きくて、ちょっとだけ足らんくらいでした。
 *余ったら困るなぁと思ってたんで良かったですが・・・
 
詰め物をやったら、入り口を爪楊枝で適当にふさいでやりました。

首の方も皮をまとめて串で止めて置きました。

それから鶏のカタチを整えました。

鶏の縛り方は、ネットで事前にチェックしておきました。

*参考にしたのは、コチラのサイトです。

 地鶏ローストチキンのおいしい作り方【保存版】

手羽先の処理とかが細かく写真で紹介されてて参考になりました。


うえのサイトは事前に見てただけで、作る時はいつものように我流でええかげんにやっちゃいました。




焼く前の状態はこんな感じです。



今回の宴会のメインローストチキンの焼く前の姿初めてにしちゃ、それなりになったかと。

表面にも塩をたっぷりすり込んで、コショウも多めに。



オーブンでの焼き方は、ネットを見ると色々やったんで、適当に。

とりあえず200度60分でセットしました。

お客さんが来る30分ほど前から焼きをスタート。

お客さんが揃ったところで、ガーリックトーストを用意してました。

するとやっぱりブレーカーが落ちてしまいました。

トースターとオーブンの両方は無理ががありました。

そのおかげで、タイマーは途中でリセット。

まあ雰囲気を見ながら適当に焼くつもりやったからどうってことはなかったですけどね。
出来上がったかと思っていっぺんモモの辺りを切るとちょいと早め。

もういっぺん戻して10分ほど追加で焼いて完成。


途中で3〜4回表面にハケで油を塗りました。

上のリンク先では、その油を鶏の脂から取ってはります。あんまり脂身がなかったんで私はオリーブオイルで行きましたが、そっちの方が旨そうですね。

今回の詰めモンは野菜だけでしたが、ギリギリまでレバーを詰めようか迷ってました。

マッシュルームの代わりか、それに加えてレバーを刻んで入れてもええかなぁと。

次回はレバーを入れてやってみたいです。そうそう次回はニンニクをもっと入れようと思います。

今回もかなりの量を使ったんですが、まだちょっと足らん気がしました。


鶏はまだたくさん肉がついて残ってます。

これから肉をむしり取ってなんぞに使おうと思ってます。

骨はやっぱりスープを取るべきかなぁとも。きっとええスープが出来ると思いますわ。



鶏の丸焼きのおかげでなかなかええ宴会になっった気がします。

濃いキャラの女子3人の会話を聞いてると、かなり辛辣で野郎としてビビるとこもありました。(^^;

女子にしたら男子は邪魔やったかもしれませんが、賄い担当やから勘弁して貰わんとしゃあないですよねぇ。

嫁さんが自慢げに「私は一品たりとも作ってない!!」って言うのはどうかと思いますが・・・・。
posted by えて吉 at 12:46| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 自宅で宴会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チキン美味しそうですね!!
他の皿も、盛りつけが綺麗。
おしゃれな皿を買いたいのですが、、
来年は皿を買いあさりたいと思います。
しかし、どの料理もお店の様で、、、私もご相伴にあずかりたいです、、、(^_^;)



Posted by やっさん@鳥頭 at 2005年12月25日 20:16
やっさん@鳥頭さんへ

> チキン美味しそうですね!!

ありがとうございます。
初体験としては、かなり満足しました。

> 来年は皿を買いあさりたいと思います。

買い漁りはるとは、いいですねぇ。

私も器は色々欲しくてしゃないです。
Posted by えて吉 at 2005年12月26日 00:38
一度作ってみたい料理です。
すごいですなぁぁ
美味しそう。

でも次回作のニンニクやレバー入りは
苦手です (^^;;

器もいいですが、ちょっとした盛り付けで
いつもの器でも栄えますよー
Posted by HALU at 2005年12月26日 21:59
HALUさんへ

私も丸鳥を使ってみたかったんです。

割と上手く行きましたよ。
簡単で嬉しい料理なんで、宴会では多用しそうですわ。

> でも次回作のニンニクやレバー入りは
苦手です (^^;;

HALUさんにはそうでしょうなぁ。
HALUさんに作る時はできるだけシンプルにしますわ。

> 器もいいですが、ちょっとした盛り付けで
いつもの器でも栄えますよー

美的センスがないんで、盛りつけはほんま苦労してます。

ちょっとでもようしたいとは思ってるんですけどねぇ・・・
Posted by えて吉 at 2005年12月27日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。